fc2ブログ

記事一覧

防衛省開発中の「高速滑空弾」を棚に上げて、頻繁に「中国の極超音速ミサイル実験」報道を垂れ流すマスコミ。毎度おなじみの「衆院選挙対策」なのか? 

Ryukyuheiwaより:



IさんFB投稿より
https://www.facebook.com/groups/802425467313797/user/100023221223639/

如何にも選挙対策ですね、、、
「北朝鮮」ミサイルもですが、NHKニュースが最近は頻繁に「中国の極超音速ミサイル実験」を流していますが、日本の国内のことは全く触れないで棚に上げて報道しています!

県紙琉球新報もワシントン共同配信記事を掲載。

sinpou2021 10301
10月30日の琉球新報紙面

sinpopu2021 10291a
10月29日の琉球新報紙面


これが開発されると宮古島のミサイル部隊で運用される!
防衛技官福田浩一さんの資料

島嶼防衛用高速滑空弾の現状と今後の展望 福田浩一01
島嶼防衛用高速滑空弾の現状と今後の展望 福田浩一02
島嶼防衛用高速滑空弾の現状と今後の展望 福田浩一03
島嶼防衛用高速滑空弾の現状と今後の展望 福田浩一04
島嶼防衛用高速滑空弾の現状と今後の展望 福田浩一05
島嶼防衛用高速滑空弾の現状と今後の展望 福田浩一06


以下に示された日本の高速滑空弾 の誘導に 「みちびき 」のGPSシステムが利用される。

島嶼防衛用高速滑空弾

2022年度防衛省概算要求より
2022年度防衛省概算要求

「日本版GPSの後継機を載せた、H2Aロケットの打ち上げが成功した。
日本版GPSとも呼ばれ、車の自動運転などに活用が見込まれる。
現在は4基の衛星が日本上空を飛行しているが、さらに精度を向上させるため、政府は2023年には7機に増やす計画」と報道されているが、この「みちびき」には、#米軍の監視センサーが搭載されていることは非公表だ。

軍事目的な衛星であり、日本の「高速滑空弾」誘導に利用されるシステムである。
この管制施設の7つのうち5つは宮古島、石垣島などの琉球弧の島々にある。

準天頂衛星局(2020年4月5日撮影)
宮古島準天頂衛星局(2020年4月5日撮影)

再掲
石垣島平得大俣「陸自ミサイル基地建設工事」現地よりのレポート(42) より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1068.html

9月16日の石垣島の風景。
石垣港、平得大俣ミサイル基地建設現場、部分開通した「空港アクセス道路」。
https://youtu.be/M3Y7QoUTv-



名蔵湾を航行する海保巡視船。軍事利用目的が露になった「天頂衛星管制局」の丸いドームが左の奥に見える(0:52過ぎから)。十数隻が停泊する海保専用埠頭。向かいには大型客船=大型艦船が停泊する専用埠頭が。
遠くからも見えるようになった陸自ミサイル基地建設現場。
9月10日に部分開通し、2023年当初のサイル基地完成に「合わせて」全線開通する「空港アクセス道路」。



「平和利用」の国産ロケット打ち上げ成功と報道しているが、、、

10月26日 MBC NEWS
H2Aロケット44号機 打ち上げ成功



日本版GPS衛星「みちびき」を搭載したH2Aロケット44号機が26日午前、種子島宇宙センターから打ち上げられ、打ち上げは成功しました。

H2Aロケット44号機は26日午前11時19分に打ち上げられ、搭載された日本版GPS衛星「みちびき」は打ち上げの28分後に予定の軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

南種子町の見学場は、新型コロナ対策として人数が制限され、事前抽選で選ばれた見学客が打ち上げを見守りました。

運用開始から20年を迎えたH2Aロケットは、44機中43機で打ち上げに成功し、成功率は97.7%となりました。

(三菱重工・徳永建打上執行責任者)「今までひとつひとつ確実・着実にやることをモットーとしてきたので、その結果としてここにこられたことを喜ばしく思っている。」

カーナビなどに位置情報を送る「みちびき」は現在4機体制で、今回打ち上げられたのは設計寿命を迎えた初号機の後継機です。政府は、位置情報の精度を高めるため、2023年度から7機体制での運用を目指しています。 ←注:軍事利用が目的だ!!

再掲
インド洋~アジア太平洋地域で進む米軍の再編⑤軍事強化される琉球弧の島々、米軍隷属下の自衛隊の再編・強化が進む。 より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1081.html

軍事利用が進む「天頂衛星」みちびき、
石垣島と宮古島には追跡管制局、そして種子島からはロケット打ち上げ。

10月25日 南日本新聞
H2Aロケット、26日午前11時19分打ち上げへ 日本版GPS「みちびき」後継機搭載 三菱重、25日から延期 鹿児島・種子島宇宙センター

三菱重工業は26日午前11時19分37秒、準天頂衛星初号機「みちびき」の後継機を載せたH2Aロケット44号機を、南種子町の種子島宇宙センターから打ち上げる。予備期間は11月30日まで。

三菱重工業によると、打ち上げ時間帯のセンター周辺の天気は晴れ。25日午後8時ごろから、整備組み立て棟の機体を射点に移動させる。25日の打ち上げを当初予定していたが、天候の悪化が予想され延期した。

みちびきは日本版の衛星利用測位システム(GPS)を担う。米国のGPS信号を補って位置情報の精度を高め、災害情報などを配信する。現在運用中の4機のうち、2010年打ち上げの初号機が耐用年数を超えた。

打ち上げから約28分後に分離され、特定の地域の上にとどまる準天頂軌道に約10日で到達。搭載機器の機能などを確認し、22年3月からサービスを始める。

44号機は全長53メートル、重さ287トン。H2A打ち上げは20年11月以来で、05年の7号機から37機連続で成功している。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには、結局それしかないのだと思います。
坂本龍一さん

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

笠原利香さんイラスト:
笠原利香さんイラスト

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏

石垣島「市民連絡会」チラシ

石垣市民連絡会チラシ01
石垣市民連絡会チラシ02

石垣島「市民連絡会」チラシ12号

石垣市民連絡会チラシ12号01
石垣市民連絡会チラシ12号02