fc2ブログ

記事一覧

米軍の流弾事件に負けじ?と、今度は7月19日宮古島海保が陸地へ向け機関砲8発発射(誤射)!!

宮古島より:

7月15日に撮影、石垣に配備されたヘリコプター搭載型の大型巡視船「あさづき」(総トン数約6500トン)の映像ページ下部に掲載しています



謝罪し、単なるミスで済まされるもなのか、、、
自衛隊と同様。重軍事組織の海保も住民(のいる方向)に銃を向ける習性があるようだ!

つくられた「尖閣危機」に乗じて十数隻の巡視艇を擁する大部隊になった、
宮古島、石垣島の海保。 宮古島の保良には射撃訓練場まで!
メインのお仕事は「挑発」?するために、「漁業者」と称し尖閣に「出漁」する船舶を追走する中国海警巡視艇をマークすること。挑発のための「出漁」がなければ平穏な海に戻り、中国海警巡視艇も来なくなる。

中国海警局の巡視艇には機関砲が装備されているが、日本の海保巡視艇には装備していないかのごとく振舞っていたのがバレてしまった。 「誤射」が中国海警局の巡視艇に向けてで無くて幸いでした!

有事の際には自衛隊と共に米軍の指揮下に入る準軍事組織の海上保安庁。 米国の覇権のための戦争準備をやめ、海難事故や漁業の安全操業のために必要な部分だけを残し、縮小するすべきだ!




実弾誤射の無いように!「オール沖縄」の、座喜味宮古島市長は防止策確認の視察。
一方でデニー知事は「自衛隊」に次いで「海保」にも感謝状。


miyakosinpou2022 08161
8月16日の宮古新報紙面

sinpou2022 08166
8月16日の琉球新報紙面

miyakosinpou2022 08101
8月10日の宮古新報紙面

miyakomainichi2022 07301
7月30日の宮古毎日紙面

7月30日のIさんFB投稿より
基本的なマニュアルも守れていなかったのだから、これが公海上での誤射なら、国際的に危険なわけで、武器使用そのものを問い直すことが必要ではないのか!?
「機関砲の構造の理解不足」って、そんな理解していない職員が兵器・武器を扱っていいんでしょうか?
それ、メチャクチャ怖いんですが。

times2022 07302a
7月30日の沖縄タイムス紙面

sinpou2022 07304
sinpou2022 07305
7月30日の琉球新報紙面

sinpou2022 07283
7月28日の琉球新報紙面

times2022 07281
7月28日の沖縄タイムス紙面

sinpou2022 07274
7月27日の琉球新報紙面

times2022 07272
7月27日の沖縄タイムス紙面

miyakomainichi2022 07241
7月24日の宮古毎日紙面

miyakosinpou2022 07241
7月24日の宮古新報紙面

times2022 07242
7月24日の沖縄タイムス紙面

7月23日、宮古島平和ネットワーク、ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会が、
海保の実弾誤射について「軍事行動の自粛を求める声明」

East Asia Peace Walk
記者会見「宮古島海上保安部巡視船の実弾誤射について軍事行動の自粛等を求める声明」by宮古島平和ネットワーク、ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会 7月23日
https://youtu.be/T_hfia2mI_c



海上保安庁長官石井昌平様
第11管区海上保安部部長一條正浩様
宮古島海上保安部部長福本拓也様

宮古島海上保安部巡視船の実弾誤射について
軍事行動の自粛等を求める声明


2022年7月19日午前11時10分頃、宮古島市伊良部の長山港に停泊する海上保安庁第11管区宮古島保安部の巡視船しもじの20ミリ機関砲から陸側へ8発の実弾が誤って発射されたというニュースは全国へ流れ衝撃を与えている。
 
海難救助を本分とする海上保安庁の日頃の働きには敬意を持って謝意を表すものであるが、今回の前代未聞の事件には、脅威と疑問を禁じ得ない。
 
岸田政権はこの間、このコロナ禍と物価高騰で国民が生活苦にあえぐ中、防衛予算の倍増を図るため「台湾有事」などと不安を煽り、改憲を念頭に軍事優先・軍備拡大への国民の同意を取り付けようとしている。
 
宮古島へのミサイル基地・弾薬庫の建設、陸上自衛隊警備隊・ミサイル部隊の配備、航空自衛隊レーダー基地の強化が進められており、同時に国境海洋の守りを宮古・石垣の海上保安部の強化、巡視船の増強によって海上自衛隊の肩代わりも図られている。
 
国境離島の安全保障を、外交努力によってではなく、むしろ陸海空の軍備強化によって図ろうとすることは、島々の住民にも、近隣諸国にも脅威をもたらしている。
 
宮古島海上保安部も巡視船を2隻から12隻へ増加、職員も増員配備されているが、昨年来、他の不祥事も連続して起こっている。飲酒運転による職員の逮捕。部下への暴力行為による逮捕。職員の大麻使用による逮捕等々。公務につく組織としてその体質が疑われるものである。公務に就く組織人としての自覚やそれを培う教育や認識の共有が欠如している。その上に、陸上自衛隊の千代田基地や保良の弾薬庫・射撃訓練場の門衛の最近のライフル銃携行も、住民にとっては非常に暴力的、威圧的な空気が感じられる。
 
そんな中での今回の実弾誤射事件である。海上保安庁で政策アドバイザーを務める専門家も次のように語っている。「異例の事故で、人的被害がなかったのが不幸中の幸いである。20ミリ機関砲は1分間に3000~6000発の連射能力がある」と。これが国境外洋で、他国の船舶に向けられていたなら、『誤射』では片付かない、戦争状態に入ってしまう可能性もあったわけで、国民の生死に関わる重大な問題である。
 
私たち宮古島の平和な暮らしを求める市民は、以下のように要請します。
 
海上保安庁は、海上自衛隊の肩代わりをするような軍備強化や軍事訓練を行って近隣諸国に脅威を与えるのではなく、本来の海難救援の「海の守り」としての任務に専念すること、その公務に就く公人としての自覚を培う職員教育を行い、見識を共有する体制を作り、人命を危険に晒す不祥事を二度と起こさないことを要請します。

2022年7月23日
  
宮古島平和ネットワーク
ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会
海保への要請[1125]0001
2022 0723simizu01

2022 0723simizu02

2022 0723simizu03


7月19日のiさんFB投稿より
宮古島海保の巡視船から実弾発射!?宮古島の海保いい加減にしろ!
何度かのコロナの集団感染!飲酒運転で逮捕!部下の顔を十数回殴って逮捕!大麻使用で逮捕!
この不祥事の連続は何だ!こんな奴らに武器を扱わせるな!



times2022 07231
7月23日の沖縄タイムス紙面

sinpou2022 07224
u>7月22日の琉球新報紙面

miyakosinpou2022 07211
miyakosinpou2022 07213
7月21日の宮古新報紙面

sinpou2022 07211
sinpou2022 07212
sinpou2022 07213
u>7月21日の琉球新報紙面

times2022 07211
times2022 07214
7月21日の沖縄タイムス紙面

miyakosinpou2022 07201
7月20日の宮古新報紙面

miyakomainichi2022 07201
7月20日の宮古毎日紙面

sinpou2022 07201
sinpou2022 07202
sinpou2022 07203
7月20日の琉球新報紙面

times2022 07201
times2022 07202
7月20日の沖縄タイムス紙面

7月19日 琉球新報
宮古島海保の巡視船が実弾を誤射 陸地側に向け20ミリ機関砲8発 
市伊良部の長山港で点検作業中 被害の報告なし
 

sinpoubde6e40487dff79.jpg
20ミリ機関砲を誤射した巡視船しもじ=19日、宮古島市伊良部の長山港
 
宮古島海上保安部は19日、停泊中の宮古島海上保安部所属の「巡視船しもじ」に搭載された20ミリ機関砲を誤って陸地側に向け、少なくとも実弾8発を発射したと発表した。これまでのところ、誤射によるけが人や被害の報告は入っていない。

宮古島海保によると、19日午前11時10分ごろ、宮古島市伊良部の長山港で、訓練に向け巡視船しもじの20ミリ機関砲の点検作業を行っていた際、誤って実弾を続けざまに発射したという。同海保が点検にあたっていた職員らに話を聞くなどし、発射の経緯や原因を詳しく調査している。長山港の陸地側には県道があるほか、やぶや畑が広がる。

7月19日 RBC
「まさか実弾とは」「いつも人がいる」宮古島海保が実弾8発を陸地に向かって誤射



宮古島海上保安部は19日午前、巡視船に搭載されている機関砲から実弾8発を陸地に向け誤って発射したと発表しました。

宮古島海上保安部によりますと19日の午前11時10分ごろ宮古島市伊良部島の長山港で、巡視船「しもじ」に搭載されている20ミリ機関砲を点検中、誤って陸地に向け実弾8発を連射したということです。

誤射した先には藪が広がっていてその先に県道や畑がありますがこれまでにけが人や建物への被害は確認されていません。

現場近くにいた人は―
「結構良い音していたよ、まさか実弾とは思ってないさ」
「連続でバンバンと鳴ったもんだから、誤操作したら大変なことになる、こっちはいつも人がいる」

巡視船「しもじ」は尖閣諸島の領海警備などを担っていて有事の場合に備え機関砲1機を搭載しています。機関砲は普段ロックがかかっているということで海上保安部は誤射の経緯について調査を進めています。

誤射を受け宮古島市の座喜味市長は「事故が起きたことについて遺憾に思う原因究明を徹底し、二度と同様の事故が起こらないように申し入れを行った」とコメントしています。


7月19日 QAB 琉球朝日放送
海保の巡視船が点検中に実弾を誤射



7月19日午前、宮古島海上保安部所属の巡視船が、点検中に誤って機関砲の実弾を発射しました。今のところ、被害の報告はありませんが、海保では原因を調査しています。

宮古島海上保安部によりますと、7月19日午前11時10分ごろ、宮古島市の長山港に停泊していた巡視船「しもじ」で、20ミリ機関砲の点検をしていたところ、誤って陸側に向けて実弾を発射しました。

実弾は8発程度とみられていて、これまでのところけが人や民間施設への被害は確認されていないということです。海上保安部では、発射した経緯や原因について調べるとともに、実弾を回収する予定です。

今回の件を受け、宮古島海上保安部の福本拓也部長は、「このような事案は決してあってはならないこと。市民の皆様に不安を与えてしまいました事を深くお詫び申し上げます」とコメントしました。



宮古島と同様に増強された石垣海保。

再掲
7月15日石垣港新港埠頭に停泊している大型巡視船「あさづき」
https://youtu.be/hBOTHuYCPyQ



創られた「尖閣危機」に乗じて、増強されった石垣海保。
ヘリコプター搭載型の大型巡視船「あさづき」(総トン数約6500トン)。
このクラスの巡視船は国内で5隻目で、沖縄への配備は初めて。夜間も遠方を見通せる監視装置を装備し、無補給で長期間航行ができる。約198億円をかけて建造された.

「尖閣警備」には現在1千トン級の大型巡視船10隻と、那覇海上保安部所属のヘリが搭載可能な3100トン級の大型巡視船2隻が専従。「あさづき」は大型のため従来の海保専用ふ頭に停泊できないため、新港埠頭の一角を使用。



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには、結局それしかないのだと思います。
坂本龍一さん

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

笠原利香さんイラスト:
笠原利香さんイラスト

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏

石垣島「市民連絡会」チラシ

石垣市民連絡会チラシ01
石垣市民連絡会チラシ02

石垣島「市民連絡会」チラシ12号

石垣市民連絡会チラシ12号01
石垣市民連絡会チラシ12号02