fc2ブログ

記事一覧

米軍指揮下で戦争ができる自衛隊に③「ウクライナ」戦争の下「北ミサイル・台湾」危機を煽り立て「米国の戦争」へまっしぐら!

Ryukyuheiwaより:



関連記事:米軍指揮下で戦争ができる自衛隊に②「ウクライナ」戦争の下「北ミサイル・台湾」危機を煽り立て「米国の戦争」へまっしぐら!
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1166.html
関連記事:米軍指揮下で戦争ができる自衛隊に①「ウクライナ」戦争の下「北ミサイル・台湾」危機を煽り立て、軍事費倍増・敵基地攻撃能力保有と「米国の戦争」へまっしぐら!
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1161.html
関連記事:「米国の戦争」へまっしぐら!「ウクライナ」「北ミサイル」危機を煽り立て「愛国・軍拡」を刷り込むな!「敵基地攻撃能力保有」「日米基地共同使用」を許すな!
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1134.html



私たちの島に「米国の戦争」のための軍隊=自衛隊の基地はいらない! 米軍の基地もいらない!
島々の住民の生命の危険を招く、米軍・自衛隊による琉球弧の島々の軍事要塞化を許さない!





tokyo2022 09081
9月7日の東京新聞紙面

sinpou2022 09083
9月7日の琉球新報紙面


在沖海兵隊改編へ。

times2022 09073
9月7日の沖縄タイムス紙面

日米のミサイル、中国に向けて?!
奄美駐屯地で米軍「ハイマース」初展開。

amami2022 09011
amami2022 09012
9月1日の奄美新聞紙面


9月2日 日本経済新聞
日米の長射程ミサイルで中国抑止を 米海兵隊幹部

【ワシントン=中村亮】米海兵隊でインド太平洋地域を統括するスティーブン・ラダー中将は1日、日本経済新聞の電話取材で、日米による中国抑止に向けて長射程弾が重要だとの認識を示した。空や海の状況を常時監視する日米の態勢強化を訴え、日本に情報収集能力の充実を促した。

太平洋海兵隊の司令官を務めるラダー氏は、日米が西太平洋で中国軍による自由な活動を制約する態勢づくりを推進すべきだと強調した。具体的には長射程弾の活用をあげた。日本の国産巡航ミサイル「12式地対艦誘導弾(SSM)」に言及し、米海兵隊の地対艦ミサイルと連携して運用すれば艦船の動きを封じる作戦に有効だと訴えた。

日本はSSMの射程を現在の百数十キロメートルから、北朝鮮や中国沿岸部が圏内に入る1000キロメートル超に延ばす計画だ。ラダー氏は能力取得を日本政府の判断に委ねるとしたが、射程が延びるほど作戦の幅が広がるため、日本の取り組みを支持しているとみられる。

ラダー氏は対艦ミサイル部隊の日本配置に向けて日本政府と協議を続けていると説明した。沖縄配置を念頭に置き、2027年ごろまでの配置を目指す。海兵隊は組織改編を進め、対艦ミサイル部隊を含む「海兵沿岸連隊(MLR)」を創設した。まずハワイに置き、インド太平洋地域で追加する計画だ。

ラダー氏は「日米は情報収集能力を増強しなければならない」とも話した。有事に中国軍の艦船や戦闘機の位置を正確に把握できるかどうかは戦闘の行方を大きく左右する。「我々が懸念する全ての地域を24時間にわたって態勢」を構築していくと唱えた。



相も変わらず続く中国への挑発、沖縄東方海域で米空母と海自艦「共同訓練」、そして米艦艇台湾海峡を「通過」


海保巡視船までが台湾海峡を航行!
結果的ではあるけれど、台風避難で。


9月2日 NHK沖縄 NEWS WEB
尖閣警備の巡視船が台湾海峡に台風避難か少なくとも5隻確認

尖閣諸島の警備にあたっているとみられる海上保安庁の巡視船少なくとも5隻が2日、台湾海峡を航行しているのが確認されました。

いずれの巡視船も尖閣諸島の警備を行っている中、一時的に台風から避難するために付近を航行しているものとみられます。

船の位置情報などを公開している民間のホームページ「マリントラフィック」によりますと、台湾海峡には第11管区海上保安本部に所属する巡視船「うるま」、「ざんぱ」、「たけとみ」の3隻のほか、ほかの管区に所属する巡視船「ぶこう」、「さど」が航行しているのが確認できました。

いずれの巡視船も尖閣諸島の警備を行っている中、一時的に台風から避難するために付近を航行しているものとみられます。

第11管区海上保安本部によりますと、詳細は明かせないものの、台風の進路によっては台湾海峡に避難することはあるとしています。

また、現時点で尖閣諸島の警備に影響は出ていないとしています。


sinpou2022 08292
8月29日の琉球新報紙面

sinpou2022 08272
8月27日の琉球新報紙面


許せんぞ!防衛予算6兆円台半ばへ。

miyakosinnpou2022 08261a
8月26日の宮古新報紙面


日米共同訓練「オリエントシールド」始まる。熊本では米軍対戦車砲「ジャベリン」を実射。


yae2022 08291
8月29日の八重山毎日紙面

8月24日 MBC NEWS
日米共同訓練オリエントシールド 米軍第1陣が奄美入り



陸上自衛隊とアメリカ陸軍による共同訓練「オリエント・シールド」のため、24日朝、アメリカ軍の第1陣が奄美大島に入りました。

「オリエント・シールド」は、島しょ部の作戦での連携向上のため、今月14日から行われていて、陸上自衛隊が1400人、アメリカ軍が700人参加して、九州各地などで行われる計画です。

鹿児島県内では奄美大島や霧島演習場などでの訓練が計画されていて、関係者によりますと、訓練に参加するアメリカ軍関係者の第1陣が24日朝、奄美大島に到着したということです。

奄美大島では初めて、アメリカ陸軍の高機動ロケット砲システム「ハイマース」を展開する訓練や、日米電子戦闘部隊による実動訓練が行われます。

「オリエント・シールド」は来月9日まで行われる予定です。
陸幕ニュースリリースオリエントシールド2022 2022 0721A




青天井と化した「防衛予算」=米国のための戦争に。

sinpou2022 08232
sinpou2022 08233a
sinpou2022 08234a
8月23日の琉球新報紙面

yaenippou2022 8231
8月23日の八重山日報紙面


配信記事を、県紙2紙も掲載。
反撃能力=敵基地攻撃能力の具体策として、
長距離ミサイルなど1,000発が「必要?」 いよいよ際限なき軍拡が始まった!


sinpou2022 08221a
8月22日の琉球新報紙面

times2022 08221
8月22日の沖縄タイムス紙面

sinpou2022 08213
8月21日の琉球新報紙面

times2022 08203
8月20日の沖縄タイムス紙面


「親日政権」に変わった韓国が4年8か月ぶりに参加、
対北「日米韓」共同訓練。

sinpou2022 08171
8月17日の琉球新報紙面


相次ぐ挑発!ペロシ訪台に次ぎ、今度は超党派の米議員団が訪総統と会談。

sinpou2022 08162
8月16日の琉球新報紙面


石原昌家さんの評論、知事「訓練提案」に驚き。

sinpou2022 08163a
8月16日の琉球新報紙面

全国戦没者追悼式をめぐって、配信記事を県紙2紙が掲載。

sinpou2022 08161a
8月16日の琉球新報紙面

times2022 08163
8月16日の沖縄タイムス紙面


yaenippou2022 08141
8月14日の八重山日報紙面

sinpou2022 08133
8月13日の琉球新報紙面

sinpou2022 08126
8月12日の琉球新報紙面

yae2022 08091
8月9日の八重山毎日紙面



米軍指揮下の陸上・海上+海保・航空自衛隊、
文民統制などすでに逸脱、武官がのさばる防衛省。当然統幕が予算を査定!
そんな防衛予算案など国会を通すな!!



sinpou2022 08103
8月10日の琉球新報紙面

sinpou2022 08092
8月9日の琉球新報紙面

times2022 08091
8月9日の沖縄タイムス紙面


なし崩し「集団自衛権」許すな!
RIMPACで海自初の「存立危機」想定訓練。
存立危機事態とは、密接な関係にある他国(米国、将来的にには台湾?)が攻撃され日本の存立が「脅かされる」状態。


yae2022 08094
8月9日の八重山毎日紙面

海自幕監リリースRIMPAC2022
海自幕監リリースRIMPAC2022


中国の軍事演習を引き出した、
中国周辺、東~南中国(シナ)海での米・日の軍事行動。
8月3日には南中国(シナ)海を睨んで陸自が初参加、14カ国の4千人の軍事訓練

8月4日 朝日新聞デジタル
中国念頭? 14カ国の4千人集まる軍事訓練、陸自が初参加した事情

インドネシア国軍と米軍による合同訓練「ガルーダ・シールド」が始まった。今年は日本の陸上自衛隊が初参加し、3日に部隊の連携を確認した。陸自の参加にはインド太平洋地域で存在感を増す中国を牽制(けんせい)する意味合いがあるとみられる。

インドネシア国軍などによると、3日、スマトラ島南部バトゥラジャ演習場で開会式が開かれ、インドネシア国軍のアンディカ・プルカサ司令官は「訓練がスムーズに行われ、関係がより深まることを願っている」とあいさつした。

次いで行われた地上戦を想定した訓練には陸自も参加。米領グアムから飛んできた米軍機が演習場上空にさしかかると、隊員らが次々にパラシュートを使って降下した。

中国は懸念表明 「地域の安定が…」
 
インド太平洋地域では中国の存在感が増している。南シナ海には中国が権益を主張するために引いた「9段線」と、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)とが重なる海域があり、海洋権益をめぐる対立が続く。(以下略)

陸幕リリースガルーダシールド
陸幕リリースガルーダシールド



sinpou2022 08044
sinpou2022 08045
8月4日の琉球新報紙面

yae2022 08032
8月3日の八重山毎日紙面

times2022 08021
8月2日の沖縄タイムス紙面



いよいよ沖縄の島々で、米日軍の生地(市街)訓練か?
「災害名目で有事訓練=防衛(軍事)訓練」やろうぜ!
デニー知事、あの黒岩神奈川県知事と意気投合。
米軍、自衛隊参加の有事訓練を沖縄でも!!

sinpou2022 08013
8月1日の琉球新報紙面

再掲
sinpou2022 07151a
7月15日の琉球新報紙面

times2022 07155
7月15日の沖縄タイムス紙面

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには、結局それしかないのだと思います。
坂本龍一さん

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

笠原利香さんイラスト:
笠原利香さんイラスト

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏

石垣島「市民連絡会」チラシ

石垣市民連絡会チラシ01
石垣市民連絡会チラシ02

石垣島「市民連絡会」チラシ12号

石垣市民連絡会チラシ12号01
石垣市民連絡会チラシ12号02