fc2ブログ

記事一覧

琉球弧の島々を前線拠点化を図る、米国の「戦争」の尖兵自衛隊。宮古・八重山をその最前線に⑧

Ryukyuheiwaより:




関連記事:琉球弧の島々を前線拠点化を図る、米国の「戦争」の尖兵自衛隊。宮古・八重山をその最前線に⑦
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1275.html
関連記事:球弧の島々を前線拠点化を図る、米国の「戦争」の尖兵自衛隊。宮古・八重山をその最前線に⑥
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1271.html
関連記事:琉球弧の島々を前線拠点化を図る、米国の「戦争」の尖兵自衛隊。宮古・八重山をその最前線に⑤
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-1264.html




基地の相互使用・共同訓練が加速、岸田首相は否定するが、
実質的に米軍指揮下に入る自衛隊「統合司令部」

sinpou2023 10264
sinpou2023 10262
10月26日の琉球新報紙面


オスプレイ来るな!日米共同軍事訓練止めろ!
「米国の戦争」のための軍事訓練を許さない! 私たちの島を戦争の前進基地・戦場にさせない!!


10月24日(火)レゾリュート・ドラゴン23日米共同訓練の一環として、陸自オスプレイが再飛来。

10月24日、新石垣空港に陸自オスプレイ再飛来」負傷兵」搬送訓練に抗議!
https://youtu.be/m-hvI172kqk?si=gD5YD_7VOLiojQie



「民間空港軍事使用」の「風穴」を開け、石垣市民にはオスプレイの上空飛行に慣れ親しんでいただくと言う目的と、新石垣空港から奄美駐屯地を経て第8師団の熊本空港・高遊原分屯地へ「負傷兵搬送」の実戦訓練、逆に見れば近い将来、熊本からの第8師団の宮古・石垣への展開にも資するもので有ったようだ。

石垣駐屯地内にグランド、ヘリ(オスプレイパッドが完成すれば頻繁にオスプレイや大型ヘリが飛来すようになるし、自衛隊のみならず米軍の使用に供する事にもなる。

石垣駐屯地、石垣新空港、石垣港を起点としての米海兵隊「沿岸連隊」の多良間島、波照間島、西表島などへの展開が目論まれていることに注目しなければ!

映像は飛来前の空港西側フェンス前、海保側車輛ゲートに駐屯地から来た赤十字マークの車輛が到着、オスプレイの飛来、すでに到着していた駐屯地の燃料輸送車輛2台が給油、構内に入った赤十字マークの車輛から「負傷兵」役の陸自隊員が担架に乗せられ運ばれる。などの訓練が行われ、それに対して抗議のコール。西側フェンスでは抗議行動が行われました!

2023 1024 001a

2023 1024 004

2023 1024 008

2023 1024 014


10月24日、石垣駐屯地ゲート前で「日米共同軍事訓練」に抗議!
https://youtu.be/yfXFX2BQNc8?si=7rNElu0F6JhHsLWD



日(米?)軍の幹部がゲート前を通過する際、軍隊特有の馬鹿げた、「儀仗兵?」の「捧げつつ」の中、市民の皆さんが抗議のリレートーク。

2023 1024 016

2023 1024 023

2023 1024 018

yae2023 10251
10月25日の八重山毎日紙面

sinpou2023 10251
10月25日の琉球新報紙面

yaenippou2023 10251
10月25日の八重山日報紙面

sinpou2023 10243
sinpou2023 10244
10月24日の琉球新報紙面

10月24日 南海日日
瀬戸内分屯地で輸送訓練 米オスプレイや陸自ヘリ飛来 日米共同訓練

nan01 15e90f775670f
患者役の隊員を担架に乗せ、米オスプレイへ向かう陸自隊員ら=23日、瀬戸内町節子の瀬戸内分屯地

陸上自衛隊と米軍による共同訓練「レゾリュート・ドラゴン(RD)23」は23日、瀬戸内分屯地(瀬戸内町節子)で陸自の大型輸送ヘリコプターや米オスプレイによる輸送訓練を行った。同分屯地と高遊原(たかゆうばる)分屯地(熊本県)や米軍嘉手納(かでな)基地(沖縄県)を結ぶ陸自物資、患者役隊員の輸送を実践。訓練は24日も行われ、陸自オスプレイ1機が高遊原分屯地から瀬戸内分屯地へ飛来する。

RDは島しょ防衛を想定した国内最大規模の日米合同演習。今回は九州・沖縄の部隊を束ねる西部方面隊が主体となり、初めて奄美や沖縄でも訓練が行われている。19日には陸自オスプレイ1機が飛行ルートの確認などのため、瀬戸内分屯地に飛来した。

午前10時30分ごろ、陸自の大型輸送ヘリCH47が嘉手納基地から瀬戸内分屯地ヘリポートに飛来。積載品搬出後、同11時30分ごろ高遊原分屯地へ向け出発した。瀬戸内分屯地からの積載品は無かった。

午後2時ごろには、嘉手納基地から米海兵隊普天間飛行場所属のMⅤ22オスプレイ1機が着陸。陸自隊員がフォークリフトを使用し、陸自補給品を機体後部のハッチから大型トラックへ積み替えた。陸自によると、補給品はすべて分屯地内へ運搬され、島内の公道は輸送訓練に使用していない。補給品の中身は保全上の理由から非公開となった。

nan02 738dfb21ada5-300x198
米オスプレイ機体後方ハッチからフォークリフトを使用し輸送物資を搬出する陸自隊員ら=23日、瀬戸内町節子の瀬戸内分屯地

搬出を終えた午後2時半ごろ「戦闘で負傷し、医療設備が充実した地での治療が必要」と仮定した陸自隊員1人が担架に乗せられ、同機に運び込まれた。同機は午後2時40分ごろ離陸、嘉手納基地へ向かった。米オスプレイ1機は午後6時ごろにも瀬戸内分屯地に飛来。補給品を下ろし、同6時半ごろに嘉手納基地へ向かった。

陸上幕僚監部広報室などによると、訓練は負傷者が発生し、物資補給も必要となった離島の状況を想定。米輸送機による陸自物資・隊員輸送の実践を通じ、日米間と、さらに衛生、兵たんを担う各部署間の相互運用性を高めることが狙い。米オスプレイは昨年の日米共同訓練でも瀬戸内分屯地に飛来したという。


10月23日 奄美新聞
陸自瀬戸内分屯地 日米共同訓練を公開

amamu2023 1023a60ce60b7820
米海兵隊の輸送機「MV22」(オスプレイ)による補給品輸送、患者搬送の訓練が行われた(23日午後2時半頃、瀬戸内町節子)

米オスプレイで連携確認
 
陸上自衛隊は23日、瀬戸内町節子の瀬戸内分屯地で行われている米海兵隊との共同訓練「レゾリュート・ドラゴン23」を報道陣に公開した。補給品輸送、患者搬送の訓練が行われ、陸自の輸送ヘリ「CH47」、米海兵隊の輸送機「MV22」(オスプレイ)が飛来した。同分屯地を舞台にした本格的な訓練は24日まで実施される。

補給品の輸送訓練は、陸自西部方面航空隊所属CH47で実施。同機は午前10時半頃、米軍嘉手納基地(沖縄)から飛来し、同分屯地ヘリポートに着陸。補給品の積み下ろし、燃料の給油など行われ、約1時間後、陸自高遊原分屯地(熊本県益城町)へ向け離陸した。

患者搬送の訓練は、補給品輸送訓練と合わせてMV22で行われ、午後2時頃、嘉手納基地から同ヘリポートに着陸。当初、同機2機で行われる予定だった訓練を、1機で同基地を往復し実施。陸自の補給品を積み下ろした後、酸素ボンベなど医療機器、負傷を想定した陸自隊員を担架で搬送し、輸送訓練の手順を確認した。

24日は、高遊原分屯地から新石垣空港に向かう陸自第1ヘリコプター団所属「V22」(オスプレイ)が、瀬戸内分屯地を経由。日米共同訓練で陸自オスプレイが同分屯地を離発着するのは今回が初となる。

瀬戸内分屯地での同訓練には自衛隊約50人、米軍約20人が参加している。



sinpou2023 10221
10月22日の琉球新報紙面

「残念」?!(これは県民が県に対して言う言葉だ)
これじゃ県は当てにならない、県民の手で止めなければ、、、

sinpou2023 10212A
sinpou2023 10211
sinpou2023 10213
10月21日の琉球新報紙面

times2023 10211
10月21日の沖縄タイムス紙面

10月20日 RBC NEWS
沖縄が戦場になってしまう」日米共同軍事訓練の物資搬入。 
市民がゲート前で激しい抗議、別ゲートの使用も。






いきなり「風穴」をあけられた! とうとう陸自のオスプレイがやっ来てしまった!!

陸自オスプレイ沖縄に初飛来、10月19日新石垣空港に。
https://youtu.be/sVsrn66YYDI?si=edKS5sEWDKkbQhuD



2023 1019 02

2023 1019 03


sinpou2023 10201
sinpou2023 10203
10月20日の琉球新報紙面

times2023 10201
times2023 10203
10月20日の沖縄タイムス紙面


yae2023 10201
yae2023 10202
10月20日の八重山毎日紙面


10月20日 南海日日
陸自オスプレイが飛来 日米共同訓練の一環 瀬戸内分屯地

nankaiaa8ccc7654783.jpg
瀬戸内分屯地に飛来した陸上自衛隊の輸送機Ⅴ22オスプレイ。機体後方のハッチが開き、隊員が地上の様子を確認していた=19日午前9時15分ごろ、瀬戸内町節子

奄美大島や北海道、九州、沖縄の各地で行われている離島防衛を想定した日米共同訓練「レゾリュート・ドラゴン23」の一環で19日午前9時すぎ、陸上自衛隊の輸送機Ⅴ22オスプレイ1機が瀬戸内町節子の瀬戸内分屯地に飛来した。飛来したオスプレイは機体番号などから、有事の患者搬送訓練に向けた飛行経路などの確認のため、同日午前8時ごろ熊本県の熊本空港を離陸し、沖縄県・石垣島の新石垣空港に同11時前に着陸したオスプレイと同じ機体と見られる。

nanakai63ff5d3-300x200.jpg
瀬戸内分屯地の敷地内へ降下していく陸上自衛隊の輸送機Ⅴ22オスプレイ=19日午前9時15分ごろ、瀬戸内町節子

陸上幕僚監部広報室などによると、陸自のオスプレイは今年9月25日に事前訓練として初めて瀬戸内分屯地に飛来し、今回が2度目。

オスプレイは午前9時15分ごろ、同分屯地の南にある節子集落方面から飛来。機体後方のハッチが開いており、隊員が身を乗り出し地上を確認する様子が見られた。オスプレイは分屯地の敷地上空に到達すると、そのままほぼ垂直に降下。建物の陰に隠れ着陸は確認できなかったが、プロペラの重低音を響かせたまま、すぐに上昇。同9時20分ごろ南西方面へ飛び去った。

陸自などによると、オスプレイ1機は午前11時前、新石垣空港に到着。午後1時すぎに出発地の熊本県へ向け離陸した。同日は患者役の隊員を乗せず、手順や飛行経路を確認した。陸自のオスプレイが沖縄県内を飛行したのは初めて。石垣島での訓練を巡っては、安全面への懸念から沖縄県が飛行自粛を2度要請していた。

瀬戸内町によると19日午後4時現在、住民からオスプレイ飛来に関する問い合わせなどは寄せられていない。

瀬戸内分屯地では20日以降にも、陸自のCH47大型輸送ヘリコプターや日米のオスプレイを使用し、九州、奄美、沖縄間での物資輸送や、負傷者搬送の共同訓練が予定されている。


yae2023 10192
10月19日の八重山毎日紙面


19日、24日と石垣に、
陸自オスプレイ沖縄初飛来を許すな!

sinpou2023 10182
10月18日の琉球新報紙面

times2023 10184
10月18日の沖縄タイムス紙面

yae2023 10181
10月18日の八重山毎日紙面


sinpou2023 10188
sinpou2023 10185
10月18日の琉球新報紙面

times2023 10161
10月16日の沖縄タイムス紙面

sinpou2023 10151
10月15日の琉球新報紙面

yae2023 10151
10月15日の八重山毎日紙面

yaenippou2023 10151
10月15日の八重山日報紙面



10月14日石垣駐屯地ゲート前で緊急抗議行動
https://youtu.be/4XL-dqcjidU?si=yYDsuQqoQyOmet7-



日米合同軍事訓練を中止せよ!
10月14日、「基地いらないチーム石垣」の呼びかけで駐屯地ゲート前で緊急抗議行動。

2023 1014 04

2023 1014 09

2023 1014 10

2023 1014 11

2023 1014 12



sinpou2023 10143
sinpou2023 10147
10月14日の琉球新報紙面

times2023 10143
10月14日の沖縄タイムス紙面






yae2023 10143
10月14日の八重山毎日紙面


10月12日、沖縄市で「日米共同訓練」に抗議する集会とデモ、1000人を超える参加者。

sinpou2023 10137
10月13日の琉球新報紙面

times2023 10131
times2023 10133
10月13日の沖縄タイムス紙面


11月12日の与那国町「防災」訓練で水陸両用車を展開。

yae2023 10131
10月13日の八重山毎日紙面

times2023 10123
10月12日の沖縄タイムス紙面

yae2023 10111
10月11日の八重山毎日紙面

「献血」独占していた日本赤十字の血液製剤を、
自衛隊は独自に製造備蓄し、米軍にも供給。 「南西諸島」での運用想定。

sinpou2023 10083a
10月8日の琉球新報紙面


時事通信の配信記事

yae2023 10081
10月8日の八重山毎日紙面


負担軽減とは裏腹に、負担がより一層増し、リスクも拡大!
筋書きに描いて有った様だが、、、
許せない!嘉手納基地に「無人機」移駐。



sinpou2023 10131
10月13日の琉球新報紙面

times2023 10092
10月9日の沖縄タイムス紙面

sinpou2023 10073
sinpou2023 10075
10月7日の琉球新報紙面

times2023 10071
times2023 10072
times2023 10073
10月7日の沖縄タイムス紙面

sinpou2023 10066
10月6日の琉球新報紙面

times2023 10067
10月6日の沖縄タイムス紙面


10月6日 南日本新聞
基地負担さらに…「沖縄に何でもたらい回し」
米軍無人偵察機MQ9、鹿屋から嘉手納へ 自衛隊OB



海上自衛隊鹿屋航空基地(鹿児島県鹿屋市)に一時展開している米空軍無人偵察機MQ9について、日米両政府が11月にも米軍嘉手納基地(沖縄県嘉手納町など)に移駐させる方向で調整していることが5日分かった。複数の関係者が明らかにした。防衛省は6日以降、鹿児島と沖縄の地元自治体に説明を予定している。

鹿屋で運用している全ての機体を嘉手納へ移す計画。鹿屋での運用期間は11月20日までの1年間と日米間で合意しているが、移駐に伴い、鹿屋からの撤収が早まる可能性もある。

移駐は海洋進出を強める中国軍の警戒監視を一層強化する目的。基盤がそろった米軍基地で運用することで、効率的な情報収集活動につなげる狙いもあるとみられる。

嘉手納基地は4000メートル級の滑走路が2本あり、岩国基地(山口県岩国市)と並ぶ極東最大級の米空軍基地。F15戦闘機など約100機が既に常駐しており、沖縄の基地負担はさらに増すことになる。

木原稔防衛相は9月22日の閣議後会見で、鹿屋での展開終了後の計画を問われ「現時点で何も決まっていない」とした上で、「戦後最も厳しく複雑な安全保障環境に直面しているので、さまざまな検討をしたい」と語っていた。

鹿屋市の中西茂市長は5日、移駐について「期限後も無人機は鹿屋に残るとみる市民は結構いた。これで少し落ち着くのではないか」と話した。

同日は、鹿屋基地の滑走路をオーバーランした8月22日の事故から停止していた無人機の運用が再開し、午前10時20分ごろ、1機が飛行した。九州防衛局は職員が目視で確認したと発表した。

同局は4日に再開する予定だと市や県に伝えていたが、天候など運用態勢が整わなかったとみられる。事故の詳細や原因については、米軍の情報保全などを理由に明かしていない。

日米は昨年11月、海洋進出を強める中国軍を監視・偵察する目的でMQ9を8機配備。オーバーランした機体を除く7機態勢で当面運用し、米兵ら約150~200人が駐留している。

米軍が自衛隊基地に無人機を配備し、200人規模の部隊を展開したのはいずれも全国初のケースだった。自衛隊OBは「基地を日米で共同使用するモデルとなった」と評価。移駐先の沖縄からは「戦争の準備が加速している」と不安の声が上がった。

鹿屋や沖縄の海上自衛隊基地の司令を務めた元海将補の中村敏弘さん(58)=神奈川県=は「1年を通じ、自衛隊設備の使い勝手や連携などさまざまな実証がなされた。今後も鹿屋は重視される」とみる。無人機が収集したデータを日米共同で分析する組織が設立されたことを踏まえ、「すぐに移駐し、途切れなく任務を続けるのは重要性の裏返し。実証からより実戦的な任務に移るのではないか」と話した。

移駐する嘉手納は極東最大級の米空軍基地。外来機がローテションで飛来するなど機能強化が続く。

爆音訴訟原告団嘉手納支部長の福地勉さん(73)は「負担軽減は名ばかりで騒音は倍増し、新型兵器の無人機がまた来る。何でも沖縄にたらい回しだ」。米軍の鹿屋展開も断続的に続くとみて、「日本中の基地で戦争の準備が始まっている。各地で住民軽視が続くのは我慢ならない」と憤った。


10月6日 MBC NEWS
鹿屋基地の米軍MQ9、来月にも沖縄・嘉手納基地に移転 極東最大級の空軍基地



海上自衛隊・鹿屋航空基地に配備されているアメリカ軍の無人偵察機・MQ9が、来月にも沖縄県のアメリカ軍嘉手納基地に移される見通しとなりました。

鹿屋基地には、アメリカ軍の無人偵察機「MQ9」8機が、去年11月から1年間の期限で運用されていて鹿屋での運用期間は来月20日までとなっています。

関係者によりますと、日米両政府は来月にもMQ9を沖縄県のアメリカ軍嘉手納基地に移す見通しだということです。

嘉手納基地はアジア最大級のアメリカ空軍基地です。
なお、防衛省は6日嘉手納基地のある沖縄県の3つの市や町に概要を説明するということです。

鹿屋に配備されているMQ9を巡っては、今年8月に1機が滑走路をオーバーランし、運用を停止していましたが、事故原因が明らかにされないまま、5日、飛行を再開しています。


10月5日 MBC NEWS
米軍無人偵察機MQ9飛行を再開 オーバーラン事故原因不明のまま



海上自衛隊・鹿屋航空基地で8月にオーバーランをして運用が停止されていたアメリカ軍の無人偵察機「MQ9」の飛行が、5日再開されました。

九州防衛局によりますと5日午前10時20分ごろ、鹿屋基地から「MQ9」1機が飛び立つのを職員が確認しました。鹿屋基地には「MQ9」8機が去年11月21日から1年間の期限で配備されています。

1機が8月22日に滑走路をオーバーランし、飛行が停止されていましたが4日、再開の連絡が市や県に伝えられていました。オーバーランの事故原因が明らかにされないまま、5日飛行が再開されたことについて鹿屋市民は・・・

(鹿屋市民)
「原因がわからないままに飛んで大丈夫なのかという率直な思いはある」
「心配はある」「無事で終われば一番いいけれど何かあったら怖い」

また中西茂市長は、「国と米軍は改めて市民の安全、安心の取り組みを徹底し、事故が二度とないよう万全を期してほしい」とコメントしています。


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには、結局それしかないのだと思います。
坂本龍一さん

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

笠原利香さんイラスト:
笠原利香さんイラスト

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏

石垣島「市民連絡会」チラシ

石垣市民連絡会チラシ01
石垣市民連絡会チラシ02

石垣島「市民連絡会」チラシ12号

石垣市民連絡会チラシ12号01
石垣市民連絡会チラシ12号02