記事一覧

5月3日、施行69年の「憲法記念日」  東京―那覇―宮古―石垣

Ryuukyuuheiwaより:


kenpouadcolor.jpg

東京有明の防災公園での「平和といのちと人権を! 5.3憲法集会」に5万人が、

0503に5万人


5月4日 琉球新報
問われる立憲主義、施行69年 憲法記念日、各地で集会

sinpouPN20160503010.jpg
東京都江東区で開かれた護憲派の集会で「憲法を守れ」などと書かれたメッセージを掲げる参加者=3日午後

日本国憲法が施行から69年となった憲法記念日の3日、各地でさまざまな集会が開かれた。護憲派は「主権者は私たちだ」と声を上げ、改憲派は「緊急事態条項」の創設を訴えた。安倍晋三首相が憲法改正への意欲を繰り返し表明する中、夏の参院選では、その是非が争点となりそうだ。公布から70年。安全保障関連法制定の過程で焦点となった「立憲主義」が改めて問われている。

「道は間違っていない」。東京都江東区で開かれた護憲派の集会。ジャーナリスト、むのたけじさん(101)が車いすで登壇し、戦争放棄を掲げた憲法9条により、戦争で死者を出さなかったとの認識を示し、戦後の歩みを誇った。そして「戦争を殺さないと、人類が死ぬことになる」と声を張り上げた。

安保法を巡る論議では、権力者の暴走を防ぐ「立憲主義」という言葉が注目された。若者グループ「SEALDs(シールズ)」の奥田愛基さん(23)は、それを念頭に「主権者は私たち。70年の不断の努力がそれを支えてきた。憲法に使われている言葉は、紛れもなく私たちの言葉だ」と述べ、大きな拍手を浴びた。会場は「明日を決めるのは私たち」と記した横断幕が掲げられ、主催者発表で5万人が集まった。

sinpou2016 05043
5月4日の琉球新報紙面

那覇では:

5月4日 琉球新報
高橋源一郎氏「県民の憲法観を大事に」 那覇講演に1500人

sinpoue621062335.jpg

憲法記念日の3日、「2016憲法講演会」(主催・県憲法普及協議会、沖縄人権協会、日本科学者会議沖縄支部)が那覇市民会館大ホールで開催された。改憲が現実味を帯びる政治状況の中で開催された51回目の憲法講演会。会場に訪れた約1500人(主催者発表)が、現行憲法や9条の堅持を誓った。

県内各地でも護憲・改憲双方の立場で集会が開催され、多くの県民が憲法について考えた。
 
憲法講演会では、作家で明治学院大学国際学部教授の高橋源一郎氏が「民主主義 未完のプロジェクト」と題して講演した。高橋氏は「自分の足元からしか次の一歩は踏み出せない」として、一般論で思考しないことの重要性を指摘。本土とは違う県民の憲法観を「大事にしてほしい」と話した。
 
高橋氏と「SEALDsRYUKYU(シールズ琉球)」の元山仁士郎さんと石橋柚里さん、「安保関連法に反対するママの会@沖縄」の城間真弓さんの座談会もあった。若い世代や母親が声を上げることへの世間の見方や、身近な政治活動などについて語り合った。
 
「非戦を選ぶ演劇人の会おきなわ」が憲法9条と沖縄をテーマにした朗読劇を披露し、安保関連法の廃止や名護市辺野古への新基地建設阻止を訴えた。講演会では「未完の民主主義を実現する主権者として、声を上げ続け、沖縄から世界に向けて、平和をつくりだしていくことを誓います」とする憲法宣言も読み上げられた。

sinpou2016 05041
5月4日の琉球新報紙面


石垣では:

5月04日 八重山毎日
記者席:憲法9条の重要性アピール

3日の「憲法記念日」を迎え、全国各地で改憲、護憲派の市民団体が集会を開催。市内でも平和憲法を守る八重山連絡協議会が「ピースウォーク」と集会を行い、市民に憲法9条の重要性をアピールした。一方、「憲法記念日」は祝日。若者を中心に「休日」ととらえる人は多い。憲法がどう変わるのか、国民は目と耳を向け、声を出さないといけない。大ごとになる前にこそ必要だ。

yae2016 0504
5月4日の八重山毎日紙面 西表(竹富町)の方より


sinpou2016 05044
5月4日の琉球新報紙面


宮古では:

5月4日 宮古新報
みやこ九条の会 憲法記念日で平和の誓い新たに

miyasin14731-1.jpg
憲法改正反対をアピールする集会が開かれた=カママ嶺公園・九条の碑前

みやこ九条の会 (仲宗根將二、 下地学、 長濱幸男共同代表) は 「憲法記念日」 の3日、 カママ嶺公園内にある九条の碑前で憲法と平和を語るつどいを開催。 有志多数が集い、 宮古島への新たな自衛隊配備に反対する姿勢を示し 「戦争法を廃止して憲法9条を守り抜くため、 1人ひとりがあらゆる努力を続けていく」 としたアピール文を採択した。

主催者あいさつで仲宗根共同代表は 「戦後70余年、 日本国憲法のおかげでどの国とも戦争せず誰一人殺さず殺されることなく来た。 その平和憲法が壊されようとしている」 と警戒。 また 「沖縄戦の教訓は軍隊は国民を守らないこと。 基地ができれば標的となる」 などと宮古島への新たな陸自配備計画に反対する姿勢を示し、 これを阻止するため 「職場や地域で小さな活動を積み重ね、 共に考え、 ともに行動していこう」 などと訴えた。  
 
集会には九条の会メンバーのほか一般市民も多数参加。 神奈川から移住してきた男性は 「疎開先の富山で米軍の空襲を受け、 約4000人が亡くなった。 犠牲者のうち兵士は7人だけ。 残りは転進 (退却) した。 住民は逃げることを許されず消火活動を迫られ、 多くの犠牲が出た。 軍隊は国民を守らないという考えは私も同じ」 と訴え、 九条の会の行動に賛同した。
 
このほか、 参加者が交互に現憲法や非戦に対する思いを熱く語り合い、 最後に憲法記念日にちなんだアピール文を採択。 護憲と非戦への誓いを新たにした。

5月4日 宮古毎日
9条守り抜く努力を/憲法と平和語るつどい 40人参加し意見交わす/みやこ九条の会主催

miyamai43f295ea1d572.jpg
憲法9条を唱和する参加者たち=3日、カママ嶺公園「九条の碑」前

憲法記念日の3日、みやこ九条の会(仲宗根將二、下地学、長濱幸男代表世話人)主催の「憲法と平和を語るつどい」がカママ嶺公園の「九条の碑」前で開かれた。市民約40人が参加し、憲法9条を唱和したほか、「宮古への自衛隊基地配備を許すことはできない。戦争法(安保関連法制)を廃止し憲法9条を守り抜くために一人一人ができるあらゆる努力を引き続き取り組んでいく」などとするアピールを発表した。

開会あいさつの中で仲宗根代表世話人は「民主主義、国際平和主義、主権在民という三つの基本原理がある憲法のおかげで戦後70年、どこの国とも戦争することなく、誰一人殺さず、誰一人殺されることなくきている」と指摘。安保関連法制を強行採決した現政権について「日本を戦争する国にするために暴走を始めている」と危機感を示した。沖縄戦の最大の教訓を「軍隊は住民、国民を守らないということ」として、自衛隊基地の宮古島配備に反対の考えを表明し、「平和な宮古、平和な沖縄、平和な日本を子や孫に受け継がせるため、ともに語り合い、行動していこう」と呼び掛けた。

参加者たちは全員で憲法9条を唱和した後、「憲法を壊すそうとする力が強くなっている」や「今は戦後ではなく次なる戦争に向かう時と言われている。行動をしないと平和が勝ち取れない」、「現政権が憲法を勝手に解釈し、集団的自衛権を行使できるようにして名実ともに戦争のできる国になったことに私たちはもっと危機感を持たなければいけない」など憲法と平和について意見を交わした。

憲法記念日にあたってのアピールでは、「沖縄は辺野古新基地建設、宮古・石垣・与那国への自衛隊配備と軍事要塞化されようとしている」との認識を示し、「先の大戦の教訓は『基地のある場所が先に攻撃される』であり、宮古島への自衛隊配備を許すことはできない。戦争法(安保関連法制)を廃止し憲法9条を守り抜くこと、そのために一人一人ができるあらゆる努力を引き続き取り組んでいく」との考えを示した。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「住民連絡会」のチラシ1号

01.jpg
02.jpg

石垣島「住民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ
0812チラシ表

0812チラシ裏