記事一覧

海保&自衛隊のタッグに、やがて米軍→宮古島は最悪の基地に!

宮古島より投稿:

海保&自衛隊のタッグに、やがて米軍→宮古島は最悪の基地に!  

海上保安庁が、宮古では保安署から保安部に格上げされ、隻数・装備・人員ともに増強され、宿舎や訓練場などの整備に宮古島市が協力し、石垣管区とともに「尖閣専従体制」を完成させる計画だという。
  
それなら、自衛隊が出っ張る必要はないはずではないか。辺野古の海で展開する海保を見てもわかるように、「海の安全」を守る海保ではなく、「海の機動隊」として、抗議するものに弾圧の暴力をふるう海保は、宮古では誰を取り締まろうをするのだろうか?

9月4日の宮古新報
宿舎、訓練施設等整備─海保が予算要求概要説明
s13266-1.jpg


宮古島海上保安署の山本雅司署長と中村潔次長が3日、 市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、 2016年度予算概算要求の中身について説明。 既に決定している巡視船3隻の追加配置に加え、 17年度以降新たに3隻を加えて9隻体制とする方針を伝え、 市側の協力を求めた。 海上保安庁は、 新巡視船配置に合わせた乗員及び支援員の追加、 宿舎等陸上施設の整備費を要求しており、 下地市長は 「市としてできることがあれば何でも協力したい」 との意向を示した。

同庁は、 尖閣諸島周辺での外国漁船による違法操業に対応するため 「同海域における隙のない海上保安体制の確保」 に向けて、 航空機による尖閣24時間監視体制の構築 (22・8億円)、 外国漁船に対応した規制能力強化型巡視船の増強整備及び拠点確保 (44億円)、 尖閣領海警備等運用経費の確保 (30・8億円)、 石垣港の拠点機能強化 (13・5億円) の計111億円を次年度予算で要求。
 
宮古島関連では、 宮古島海上保安署の 「宮古島海上保安部」 への格上げ、 巡視船乗組員及び同支援要員 (53人) 確保、 追跡捕捉能力、 規制能力、 情報伝達能力を強化した新巡視船3隻の追加配置を求めている。
 
表敬の席で山本署長は、 すでに建造中の新巡視船3隻が来年度中に伊良部・長山港に配置され、 今後さらに3隻が追加される方針を示した上で、 「岸壁の係留施設 (給水施設、 ピット等) 整備に加え、 職員増加に合わせて陸上部における防災・救命資機材用倉庫、 訓練施設、 宿舎や庁舎整備のための予算も要求している」 と説明。 長山港への巡視船係留については県土木建築部港湾課との間で調整中とした上で、 陸上部での施設整備に向けて市側の協力を求めた。
 
下地市長は 「外国漁船が多く来る中、 地元の漁業者が安心して操業できるようにしてほしいと考えていた。 (海上保安体制の強化は) 漁業者にとって本当にありがたいこと。 私たちにできることがあれば何でも協力したい」 と述べ、 積極的に協力していく姿勢を示した。

9月4日の宮古毎日新聞

巡視船3隻を増強配備/宮古島海上保安署
保安部へ格上げも/16年度中 山本署長が市長に報告


m1e3da2f455ff80def3eaf9baa37022cf-300x199.jpg

増強される巡視船と同型の「のばる」

宮古島海上保安署の山本雅司署長と中村潔次長が3日、市平良庁舎で下地敏彦市長に、2016年度中に規制能力強化型の巡視船3隻が配備されることを報告した。また、同年度の海上保安庁概算要求でさらに同型船3隻の建造を求め、17年度には増強される計画も検討されていることなどを説明した。宮古島海上保安署の巡視船艇が現在の3隻から来年度中に倍増の6隻になることに伴い、同年度中に宮古島海上保安署を宮古島海上保安部に格上げするための機構要求も含まれており、16年度中には保安部になる見込み。

現在の宮古島海上保安署員は巡視船艇の乗組員を含め54人。新巡視船配備で人数は約100人規模になる。

また、巡視船増強に伴い、給水設備や訓練施設、係留施設などの拠点機能を確保する必要がある。下地市長は「宮古島の漁業者が安心して漁ができるようになり、本当にありがたいこと。早めの整備も必要と思うので、協力できるところはしっかりとやりたい」と述べた。

海上保安庁は尖閣諸島周辺海域における隙のない保安体制確保のため、15年度中に石垣海上保安部に大型巡視船の配備など「尖閣専従体制」を完成させる計画。

2011年に尖閣諸島周辺海域における中国漁船の退去警告隻数は8隻。14年には208隻と26倍に増加。今年は7月末にまでに、56隻に退去警告をしている。このような中国漁船など外国漁船に対応するため18年度中に、尖閣漁船対応体制の完成を計画しており、宮古島海上保安署への16年度中の巡視船3隻の増強は、それに基づく配備となる。


増強される巡視船は現在、宮古島海上保安署に配備されている総トン数180㌧型の小型巡視船「のばる」と同型だが、船体の強化や放水銃の性能などを強化した規制能力強化型巡視船となる。

増強配備される巡視船の係留について、山本署長は「伊良部の長山港をはじめとして、県と調整を進めている」と説明した。当面は現在配備されている巡視船艇3隻は平良港に、新たに増強される3隻は長山港への係留が検討されている。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg