記事一覧

宮古島千代田への陸自配備、市議会総務財政委再度継続審査に。市議会総委が千代田陸自配備反対の野原自治会と意見交換。

宮古島より:



関連記事:「宮古島への陸自配備」千代田自治会は陸自配備反対決議、大福牧場地権者「絶対に売らない」
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-173.html



miyakosinpou2016 0819
8月19日の宮古新報紙面

8月20日 宮古毎日
千代田への陸自配備 再度継続審査に/総務財政委員会
与野党で意見対立/結論は次回以降に


miyamai48a25-300x169.jpg
千代田への陸自配備など、継続審査となっていた3件の陳情書について、審査した総務財政委員会=19日、市役所平良庁舎

市議会の総務財政委員会(嵩原弘委員長)は19日、同委員会に付託されて継続審査となっている陳情書3件について審査し、3件とも継続審査とすることとなった。島尻信徳野原部落会長からの千代田カントリーゴルフ場への陸上自衛隊配備計画の撤回を求める要請については、野党側から早期の採択を求める意見が出る一方で、与党側からは審査未了として棚上げすべきなどの意見が出された。主張は平行線のままで結局、継続審査の判断となり、結論は次回以降に持ち越しとなった。

野原部落会長からの要請は、航空自衛隊宮古島分屯基地に離発着する大型輸送ヘリによる騒音・風圧振動被害に悩まされているが、市長や沖縄防衛局に要請しても何ら改善されていないと指摘し「これ以上の基地被害は耐え難い」として陸自配備計画の撤回を強く求めている。

真栄城徳彦氏は「昨日の意見交換で野原部落の住民の気持ちはわかったが、自衛隊配備そのものに賛否両論ある中で、候補地がほかの場所になっても反対運動が起こり、第2、第3の野原部落が出てくる。野原部落には悪いが、判断できないので審査未了にした方が良いと思う」と述べた。

これに対して國仲昌二氏は「しっかりと説明しない国や市の対応が問題。どこの地域になっても、国や市が今のような姿勢であれば当然その地域は反対する。この場所で配置するのにどのリスクがあり、それをどう回避するのかを説明して地域住民を納得させるべきであり、今のやり方はあまりにも乱暴すぎる」と訴え、今回の要請については早急に採択すべきとの見解を示した。

濱元雅浩氏は「大福牧場への配備が無くなったことで千代田配備についても計画自体が現状はないものと理解している。何の情報もないままでこの陳情を採択することは難しい。委員会として防衛局に質問したり、参考人招致して中身をしっかり把握した上で判断すべき」と訴えた。

これについて國仲氏は「具体的な話が無くて、判断材料がないとしているが、防衛局側が6月22日に示した見解では『千代田については使っていくことになる』『用地購入の手続きに入る』としている。何も決まっていないはずなのにどんどん作業が進んでいく。それを不安に思い、そうなる前にどうかこの話を止めてくださいというのが地域の要請になっている」と述べた。

結局、この日の審査でも結論には至らず、ほかの2件も含め、その判断はこの日都合で欠席となった前里光惠氏が参加する次回以降に持ち越すこととなった。

8月20日 宮古新報
市議会総務財政委、千代田陳情を再継続審査

miyasin15418-1.jpg
陳情案件について再び継続審査することに挙手する総務財政委員会の委員ら=市役所平良庁舎

宮古島市議会総務財政委員会 (嵩原弘委員長) は19日、 市役所平良庁舎会議室で委員会を開き、 継続審査としていた 「千代田カントリーゴルフ場への陸上自衛隊配備計画の撤回を求める要請」 など3件について審議した結果、 再び継続審査とすることを決定した。 9月6日開会予定の9月定例会で再び審査し、 採決する見通しだ。

千代田の陸自配備計画撤回は、 野原部落会 (島尻信徳会長) が配備に反対するとして提出したもので、 6月定例会で継続審査となっていた。 18日には関連して同委員会が部落会役員らと意見交換した。
 
委員会では、 与党の濱元雅浩氏が 「千代田については新たな計画が出されると聞いており、 検討されている段階。 沖縄防衛局に調査すべき」 として、 現状での採決に難色を示した。 また、 上地廣敏、 真栄城徳彦両氏も調査に賛同した。
 
これに対して国仲昌二氏は 「防衛局は千代田を進めるとしており、 用地取得してからでは、 何ができるか不安というのが陳情で、 今の段階で止めてほしいとしている。 採択すべき」 と主張した。
 
結局、 委員会では継続審査を求める意見があったことを踏まえ、 挙手で採決し賛成多数で再び継続審査とすることを決めた。
 
このほか、 「国・防衛省・沖縄県・宮古島市の関係機関に対し宮古島市における国民保護計画の島外避難計画具体案の策定を求める意見書及び同決議の提出を求める陳情」、 宮古島市国民保護計画に定めた 「市長の責務」 の執行に関する陳情の2件についても再び継続審査とした。


miyakomainichi2016 0819
8月19日の宮古毎日紙面

8月19日 宮古新報
市議会総委が野原自治会と意見交換、千代田反対

miyasin15411-1.jpg

千代田カントリーゴルフ場への陸自配備反対陳情で意見交換する市議会総務財政委員会委員と野原部落会役員ら=野原公民館

宮古島市議会総務財政委員会 (嵩原弘委員長) は18日、 野原部落会 (島尻信徳会長) が陳情している 「千代田カントリーゴルフ場への陸上自衛隊配備計画の撤回を求める要請」 に関連し、 同部落公民館で役員らと意見交換した。 この中で部落会は改めて千代田への宿舎を含む全ての配備に反対する姿勢を示した。

野原部落会の陳情は6月定例会で同委員会に付託されたが、 継続審査とした。 意見交換は審議の過程を踏まえて部落会が求めたもので、 今後の議論に向けて要請の内容や部落会の意思などを確認した。
 
野原部落会の反対決議は、 防衛省及び沖縄防衛局から具体的説明がなく、 加えて航空自衛隊宮古島分屯基地の騒音被害やヘリポート移設などが改善されていない状況を踏まえ、 「基地運用の安全確保及び情報開示に対する疑念、 基地被害の改善が進展せず、 これ以上の基地被害は耐えがたい」 として千代田ゴルフ場への陸自配備計画撤回を強く求めている。
 
この中で出席した委員からは、 「千代田が (陸自配備の) 心臓部となることに反対する陳情は当然」 や 「情報公開がなく、 皆さんの心情は理解できる」 と要請の趣旨に理解を示す意見がある一方、 「千代田に配備すること自体に反対ということか。 千代田配備が宿舎のみであれば受け入れるか」 などの質問があった。
 
部落会役員らは、 「国防の必要性は分かるが、 具体的な説明がない以上、 どのような施設内容でも配備には反対」 と強調。 この上で、 千代田配備で野原が周辺を基地で囲まれ、 ヘリ騒音や事故発生を懸念するとともに、 基地被害の有無や環境影響など市独自の調査の必要性を訴えた。
 
また、 役員からは 「ヘリポートができると、 予想されるオスプレイの飛行ルートは野原、 千代田だけでなく平良や下地も入る恐れがあり、 2つの自治会だけの問題ではない」 との意見もあった。
 
嵩原委員長は 「要望を踏まえ開かれた議会ということで意見交換会に応じた。 いろんな意見あったが、 あくまで陳情の中身そのものについて審議していく」 と述べた。


8月19日 琉球新報
千代田配備「絶対に駄目」 宮古島陸自計画 市議と意見交換

sinpou6734f5db53c.jpg

宮古島市への陸上自衛隊配備計画で、市議会総務財政委員会(嵩原弘委員長)が18日、配備候補地の一つ「千代田カントリークラブ」(市上野野原在)に隣接する野原部落会の住民と野原公民館で意見交換した。住民は「千代田―」への基地建設に伴い、ヘリポートや射撃場が建設され、騒音が増すとして反対している。賛成派の委員は「仮に隊舎だけ造るのならば賛成するのか。条件次第で歩み寄る余地はあるのか」と質問。住民は防衛省に計画の概要を質問したが、情報は全く開示されなかったとして「今となっては絶対に駄目だ」と不信感をあらわにした。

住民は隣接する航空自衛隊基地から離着陸する大型輸送ヘリの騒音に長年悩まされている。部落会は市内への陸自配備計画自体には反対していないが、空自から直線距離約1キロの位置にある千代田に基地ができると、生活がさらに脅かされるとして反対している。

部落会の仲里成繁(せいはん)さん(62)は「国防の必要性は分かるが、地元に対して何の説明もないままでいいのか。基地は未来永劫(えいごう)あり続ける。子々孫々まで被害を気にして生活しなくてはならないのか」と訴えた。

一方、委員からも「われわれにも情報は伝わっていない」などと声が上がった。

部落会は4月に下地敏彦市長と市議会に千代田への陸自配備の撤回を求めた。市議会6月定例会にも陳情書を提出し、委員会は継続審議としている。意見交換会は住民の求めにより開かれ、委員らはこれを参考に、8月19日も同議案を審議する予定。会合後、嵩原委員長は「説明がなされていないことに対する感情的なものが先走ってきている。理解できかねる点もある。委員間で話し合いたい」と話した。


miyakomainichi2016 0816
8月16日の宮古毎日紙面

8月16日 宮古毎日
防衛議員連盟発足へ/市議会 国防意識普及など活動展開

市議会議員で構成する「市議会防衛議員連盟」が近く発足する。県議会や石垣市議会ではすでに設置されており、国防意識の普及・啓発、自衛隊の充実・発展など、地域発展のみならず日本の平和と繁栄に貢献することを目的に活動を展開しているという。発足予定の「市議会議員連盟」でも、同様な活動を目指す予定で、9月上旬にも記者会見を開き、役員体制や規則などを発表する考え。

発足世話人は、与党市議を中心に▽佐久本洋介▽真栄城徳彦▽垣花健志▽嵩原弘▽平良敏夫▽下地勇徳▽粟国恒広-の7氏。超党派の市議で構成したいため、全議員に呼び掛けるが、野党議員らが加わるかは極めて不透明だ。

議員連盟発足の目的や、世話人が列記された文書によると「近年、日本の周辺国による弾道ミサイル発射や領海、領空侵犯等が重ねて行われていることは、日本の平和と繁栄に多大なる影響を与えかねない憂慮すべき事態」と指摘。「特に伊良部地区の漁業者は尖閣諸島海域で中国の公船や多数の漁船が航行し、同海域での安全確保ができなくなり、大きな問題となっている」としている。

その上で「宮古島市議会としても防衛議員連盟を発足し、県議会、石垣市議会の防衛議員連盟と連携協力し、圏域発展に寄与することは重要である」と明記、各議員に理解と賛同を呼び掛けている。


miyakosinpou2016 0811
8月11日の宮古新報紙面


miyakosinpou2016 0809
8月9日の宮古新報紙面

8月9日 宮古新報
「千代田、早急にまとめる」沖縄防衛局長

沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が8日、 就任あいさつのため市役所平良庁舎に下地敏彦市長を表敬訪問した。 問題となっている陸上自衛隊宮古島配備については、 旧大福牧場周辺への施設整備を認めないとの下地市長の表明を尊重するとの姿勢を示したが、 断念も含めた方針については明言を避けた。 一方、 千代田カントリークラブについては早急に施設配置を取りまとめる意向を明らかにした。

下地市長は、 「私どもは、 法令に従って粛々とやるだけ。 それに合うような形をとっていただければ。 (大福周辺は) 水に対する問題、 断層の関係もあり無理だと判断し、 まず難しいという話をした」 と語った。
 
中嶋氏は 「先般、 市長から方針いただいている。 牧場の件も基本的に東京の方でも、 もちろんということでやっている」 と述べるとともに、 前防衛相の中谷元氏が在任中に 「市長のご判断を重く受け止めさせていただく。 そのラインでやらせていただく」 と話していたことを紹介した。
 
千代田について中嶋氏は 「どれぐらいの規模でどうするか、 絵が描けていないので早急にまとめ、 相談申し上げたい」 と述べ、 千代田への配備を推進する姿勢を示した



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「住民連絡会」のチラシ1号

01.jpg
02.jpg

石垣島「住民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ
0812チラシ表

0812チラシ裏