記事一覧

許せない!権力の「なんでもあり」8月30日「通行」と称して機動隊が高江N1裏テントに不法侵入

Ryuukyuuheiwaより:



9月4日 琉球新報
初の一斉行動に300人 沖縄・高江のヘリパッド建設 砂利搬入行われず

sinpou47275b68ffa.jpg
「県民会議」初の一斉行動でヘリパッド建設に反対の声を上げる市民ら=3日、東村のN1ゲート前

沖縄県の東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場のヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、基地の県内移設に反対する県民会議は3日午前6時すぎ、N1地区ゲート前での集会と砂利搬入などを阻止する一斉行動を初めて行った。

集会は市民ら約300人が集まり、約4時間にわたった。その後約200人が残り、N1ゲートから南にある高江橋付近で車両を止めたり、座り込んだりしてダンプカーや作業員を乗せた車両のゲート進入を阻止する行動を行った。警察は車両40台、400人以上の機動隊員を動員し警戒したが、ダンプカーの搬入はなかった。作業が休みの日曜日を除き、7月23日の砂利搬入開始以来、初めて搬入作業が行われなかった。

「県民会議」は9月から毎週水曜と土曜の早朝に、現地で一斉行動を行う。

市民の一部は午前4時半すぎから東村高江の集落の手前にある大泊橋に車両数台を止め、作業車の通行阻止行動を始めた。

国頭村安波の県道70号では同日、作業車2台を停止させようとした市民の男性が転倒して後頭部を強打し、救急車で病院に搬送された。市民らによると1台が停止しなかったため、よけようとして倒れたという。


9月3日沖縄・高江 「沖縄のマスコミは県民のもの、民(たみ)のもの」
https://youtu.be/_XCKn1W0m5U



琉球朝日放送(QAB)の人気キャスターで沖縄マスコミ労協の副議長大矢英代さんです。
沖縄県東村高江のオスプレイパッド建設抗議・集中行動に参加してスピーチしました。



2016 0831 QAB News



8月31日 QAB News 
退役米軍人が高江で「支援と連帯」表明 

住民らによる反対行動が続く中、東村高江で進むアメリカ軍のヘリパッド建設について8月31日退役したアメリカ兵たちが高江を訪れ、支援の声をあげました。

高江の座り込みテントにやってきたのは、8月30日アメリカからきた退役軍人でつくる国際平和団体「ベテランズ・フォー・ピース」、平和を求める元軍人の会のメンバーです。

イラク戦争やベトナム戦争などに送られ、自らの、悲惨な戦争体験をもとに「沖縄に戦争のためのヘリパッドを造らせない」と支援と連帯を表明しました。

退役軍人の一人は「戦争は無駄しかもたらさない。ここにヘリパッドができれば、森やコミュニテイーを破壊してしまう」と話し、また、別の退役軍人は「私たちは皆さんと連帯するためにやって来ました」と話しました。

メンバーは、明日以降も「ベテランズ・フォー・ピース」の県内支部と共に、主に高江で座り込みを続ける予定だということです。

今回やってきたメンバーのおよそ半数は、沖縄のアメリカ軍基地に駐留した経験があるということなんです。

沖縄の基地が戦争のためのものだということを自らの体験で分かっている彼らの訴えは、とても胸に迫るものがありますし、平和を求める沖縄の人々のこころと共通すると感じますね。



恫喝と偵察を兼ねた機動隊の不法侵入、市民の集会の真ん中を通行と称して多数の機動隊が入るのと同じ。

山城博治さんFBよりメッセージ「機動隊のN1裏テント侵入についてなど」



事務局通信より 緊急の呼びかけ

明日31日水曜日、今日の敵の動きから早朝防衛局機動隊の襲撃が十分に予想されます。みなさんの結集を強くお願いします。ともかくここ(高江N1裏)へ来て一緒に座りましょう


県警、テント通り抜け 60人、隊列組み 市民反発「挑発だ」 琉球新報
https://youtu.be/nsk3u-g_UJs





sinpou2016 08310001
8月31日の琉球新報紙面

8月31日 琉球新報
県警、テント通り抜け 60人、隊列組み 市民反発「挑発だ」

sinpou5a06fe528dc09fb.jpg
N1裏のテントを通り抜ける大勢の機動隊員と阻止しようとする市民=30日午後、国頭村安波

東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場の新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、機動隊員約60人が30日午後、通称「N1裏」のテント奥の山林から現れ、建設に反対する市民らが設置しているテントの中を通り抜けて農道に出た。ビデオを撮影する機動隊員もいた。市民らは「テント撤去に向けた偵察だ」などと反発した。県警は本紙の取材に対して「(通り抜けは)ゲートから出るためだ。公務執行妨害などの事案に備えて撮影した」と回答した。

30日午後2時20分ごろ、沖縄防衛局が設置した有刺鉄線付きフェンス横の山林から県警の機動隊員が約60人現れ「一斉に、2列だ」「横に広がって、ゆっくり前に」などと声を掛け合って隊列を組み、市民らが設置していたテントに向かって進んだ。「挑発だ」「ゲートに帰れ」と反発する市民らに対し、リーダー格の機動隊員は「通るだけ」との説明を繰り返し、テント内を通過した。

通り抜けた後、機動隊は沖縄平和運動センターの山城博治議長に対し、「フェンスをたたく行為があるとの連絡が沖縄防衛局からあり、警戒のために来た。ゲートから出るために通った」と説明した。山城議長は「私たちはフェンスをたたいていない」としている。

機動隊が現れた時間帯に、市民らがフェンスに立て掛けていた脚立とそばに置いていたいすがフェンス内に持ち去られたが、同日中に市民らに返された。

一方、沖縄防衛局は30日午前10時から午前10時半ごろにかけ、N1地区ゲートにダンプカー10台で砂利を搬入した。さらに大型トラックでコンテナ2個を運んだ。コンテナの中身は不明。警察は東村高江の県道70号の3カ所で午前8時半ごろから約2時間にわたり車両の通行を止めた。


桃原功さんのFBより:

14:30頃機動隊がN1裏テントに突入!
N1表からN1裏テントを突っ切るように機動隊105人が奇声をあげながら侵入し、「不法侵入だ」と我々の声も聞かず、一足即発状態になった。

こちら側も山の中での草刈りため何人かが鎌を持っていたので相手もビックリしただろう。もちろん手を出すことなく出ていったが、明らかに不法侵入による敵情視察であり、許せない。

7月のN1表のようなテント撤去は遠くない。 高江のヘリパッド建設を止めよう高江に来てください。

2016083003.jpg

2016083001.jpg

2016083022.jpg


事務局通信より 緊急の呼びかけ:

明日31日水曜日、今日の敵の動きから早朝防衛局機動隊の襲撃が十分に予想されます。みなさんの結集を強くお願いします。ともかくここ(高江N1裏)へ来て一緒に座りましょう!


仁尾淳史さんの山城博治氏インタビュー
8/30 「N1ゲートのテント撤去7/22~今まで、そしてこれからの流れ」仁尾淳史Youtubeチャンネル
https://youtu.be/Lo_lJOI9af0



2016 0830 QAB News



8月30日 QAB News
高江 N1まで200m地点まで進入路整備進む

これにより、およそ1キロにわたる南側進入路の整備は、土を削り取らない比較的簡易な工法となり県の確認が不要になるということです。抗議が続く現場での今回の工法変更は、着工を急ぐ国の姿勢の現れと言えそうです。

また、国が県に提出した書類では、N1以外に通称GとH地区も含めた合わせて3地区のヘリパッド建設について、着工予定日を9月1日と報告しています。

高江の森を監視している環境団体からは「3地区で工事が同時進行することになれば、高江の森に住む生物など、環境への影響が心配だ」として、3地区同時の着工について懸念する声があがっています。

8月31日 琉球新報
北部訓練場N1北側 工事道路9割完成 G、H地区も着工可能

sinpoua592601c4f7dd.jpg

米軍北部訓練場のN1地区ゲートからヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設予定地までの工事用道路の造成作業が約9割完了していることが30日、分かった。沖縄防衛局は工事用道路が整い次第、ヘリパッドの本体工事に着手するものとみられる。県環境保全課と北部福祉保健所の職員らが29日、N1、G、H各地区の現地調査を実施したことで判明した。

県の報告によると、N1ゲートからヘリパッド建設予定地までの北側の工事用道路は約2キロで、全体の約9割が既に土壌団粒化剤を敷きならし、転圧されていた。だが、ヘリパッド建設予定地から南側の通称「N1裏」に続く約1キロの工事用道路は現時点では「手つかず」の状態であるという。このN1裏から続く工事用道路は沖縄防衛局が当初、土地改変を伴う工事計画として県に赤土等流出防止条例に基づく事業行為通知書を提出していたが、最終的には工法を変更し、同通知書を取り下げている。

県は29日、防衛局の「警備上の理由で見せられない」という説明を受け、この南側の工事用道路の立ち入り調査を断念した。高江ヘリパッド建設反対現地行動連絡会の北上田毅さんは「計画通りに工事が進められているならば、県の立ち入り調査を認めるはずだ」とし、防衛局の対応に不信感を示した。

GとH両地区について県は、着工前の現況確認を行った。県が事業行為の内容を審査し問題ないと認め、31日にも29日付で防衛局に「確認済通知書」を出す見通し。事実上、防衛局はG、H地区での着工が可能となる。

事業行為通知書によると、両地区の工事実施予定日は9月1日となっているが、県は「資材搬入ができる環境が全く整っていない」ため、同日の着手を困難視している。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「住民連絡会」のチラシ1号

01.jpg
02.jpg

石垣島「住民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ
0812チラシ表

0812チラシ裏