記事一覧

9月13日防衛省、市民・マスコミを排除して千代田部落公民館で「説明会」強行を図ったが流会に。

宮古島より:




必見!映像記録です

9月13日防衛省、市民・マスコミを排除して千代田部落公民館で「説明会」強行を図ったが流会01
https://youtu.be/HKzGdwgFbaM



会場外には排除された市民とマスコミ、その後の会場内でのやり取り。


9月13日防衛省、市民・マスコミを排除して市民・マスコミを排除で「説明会」強行を図ったが流会02
https://youtu.be/CYe_pYDvoiY



流会後の記者団とのやり取り。


miyakomainichi2016 09152

miyakomainichi2016 09151
9月15日の宮古毎日紙面

9月15日 宮古毎日
怒号飛び交い開催できず/陸自配備説明会
会長の独断に不満爆発/千代田部落会 防衛局の説明至らず


miyamai6ea99d-300x202.jpg
開催方法などをめぐり、根間会長に不満の声が相次ぎ、会場内では怒号が飛び交った=13日、千代田部落公民館

千代田カントリークラブへの陸上自衛隊配備計画に伴う千代田地区説明会が13日、千代田部落公民館で行われたが、配備賛成派の根間啓次部落会長が今回の説明会開催について、役員との調整も行わず一方的に日程の設定や非公開とする実施方法について独断で進めたことに住民から強い不満の声が出され、公民館内には一時怒号が飛び交った。結局、防衛局の説明には至らず、部落会役員と防衛局側が、今月21日の開催で再度調整することを確認した。

説明会後、マスコミの取材に応じた根間会長は、自らは配備賛成であることを強調した上で、役員のほとんどは反対派なので役員の判断を仰がずこの日の開催に至ったことを認めた。

説明会が開催できなかったことについて、根間会長は「別に申し訳ないとは思っていない。このやり方は常識だと思っている」と主張した。

さらに「役員のほとんどは反対で私は賛成。反対派も悪いし自分も悪い。自分だけの問題ではない。役員は反対しているから相談もできない。4人の役員のうち3人が反対しているので話し合ったらかなわない」と述べた。

会場の入り口では、配備賛成派の住民が進入防止用のロープを設置して、千代田地区住民以外が敷地に入ることを拒み続けた。

公民館前では「なぜ非公開なのか」「この問題は島全体の問題。もっとオープンにすべき」などの声が出された。

今回の説明会は、同部落会の根間会長名で千代田地区住民に開催の案内文が届けられた。

その文面には 今月2日に防衛省の職員から配備計画について説明を受けたことが示された上で「現在の千代田部落には、正しい情報が不足しており、さまざまな憶測が飛び交っている状況であると率直に私は感じた」として説明会に多数の参加を呼び掛けていた。

さらに、説明会前日にはマスコミに対して非公開で開催することが伝えられるなど、その手法については説明会開催前から、同部落の役員や住民からは不満の声が出ていた。


miyakosinpou2016 09151

miyakosinpou2016 09152
9月15日の宮古新報紙面

9月15日 宮古新報
陸自配備計画、千代田住民説明会が延期

miyasin15571-1.jpg
地域住民だけの入場が許可され入口前で中の様子を伺う市民ら=13日、上野千代田部落公民館前

13日、 千代田部落公民館で開催予定だった防衛省が進める千代田カントリークラブへの陸上自衛隊配備計画についての住民説明会は根間啓次自治会長が独断で開催を決定したことを理由に地域住民らの反発がありこの日の開催は見送られた。

同説明会の開催にあたり根間会長が独断で防衛省側と調整し決定したことなどで4人中3人の自治会役員や住民らが反発。 説明のために訪れていた防衛省の職員らも待機した状態で住民同士の話し合いが行われた。 40分ほどの協議後に解散となった。 その後、 役員と防衛省が次回開催日程を調整し21日を予定日とした。
 
取材に応じた根間会長は 「役員に開催を伝えておらず連絡不十分でもめたため、 改めての開催となった。 市長は早く千代田への住民説明会を開くよう防衛省にお願いしていると防衛省の人たちから市長の見解を聞いた。 私自身が配備に賛成なので陸自配備を進めたかったという思いもあった。 こうして住民がばらけたことに対しては申し訳ないと思う。 しかし、 反対派とは話もできなかったため、 このような方法をとるしかなかった。 こういった結果になったことはお互い悪いと思う」 と述べた。
 
一方で会場の外には市民団体らも押し寄せ 「非公開での開催はおかしい」、 「千代田だけの問題でなく市民全体の問題」、 「千代田住民だけ入れるのは誰の指示だ」 などと詰め寄り、 一時騒然となった。



RBC THE NEWS「宮古陸自配備 千代田地区対象の説明会が流会」2016/09/14
https://youtu.be/NcJJlMTNZQI



宮古陸自配備 千代田地区対象の説明会が流会

宮古島市の千代田カントリークラブへの陸上自衛隊配備計画について、13日夜、防衛省が地元住民への説明会を開きましたが、開催の経緯を巡って混乱し、流会となりました。

説明会は地元の住民以外の市民や報道陣をシャットアウトして非公開で行われました。会合では防衛省側が資料を配布しましたが、参加者からは千代田地区の根間啓次区長が地区の役員会に諮ることなく説明会の開催を決めたとして反発の声があがり、結局、会合は途中で流会となりました。
 
防衛省は千代田カントリークラブへの陸上自衛隊の配備計画を進めていますが、千代田地区では現在、役員4人のうち、根間区長を除く3人が配備に反対しています。説明会は9月21日に改めて開催される予定です。


sinpou2016 09141
9月14日の琉球新報紙面


宮古島への陸自配備、「まずは千代田への配備を」と防衛省説明会強行を図る。

阻止線を突破した市民数人が会場に入り、結局ほとんどの方が反対する千代田自治会の住民の追及、「区長の独断で決まったこの非公開の説明会の有りようが問題だ」で、紛糾し流会となりました。

次回は9月21日のようですが、会場では「全市民の問題であり、非公開はおかしい」との発言が発せられてました。


201609131[1]
蘆川さんFBより

PM7:15頃

千代田部落公民館でマスコミも市民も排除して、千代田自治会と防衛省の話し合い(説明会)が強行されようとしています。 誘致派の区長がロープの前に立ちはだかっています。
 


2016 09813005

20160913004.jpg


miyakomainichi2016 09131
9月13日の宮古毎日紙面


miyakomainichi2016 09101
9月10日の宮古毎日紙面


2016 0909 週刊金曜日
9月9日の週刊金曜日誌面
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg