記事一覧

不当な長期拘留をやめろ! 山城博治さんらの釈放を!②

Ryuukyuuheiwaより:



関連記事:不当な長期拘留をやめろ! 山城博治さんらの釈放を!①
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-273.html

関連記事:12月8日、500名超える県民が「不当な市民弾圧を許さない緊急県民集会」と国際通りデモ。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-252.html

関連記事:辺野古新基地建設再開へ向けて、権力の沖縄県民への宣戦布告! 「オール沖縄」保革分断、闘う市民への弾圧が強まる。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-243.html

関連記事:不当な狙い撃ち「逮捕」山城博治さんを10月17日高江で器物損壊容疑、20日には別件で再逮捕、長期拘留を狙う。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-228.html




山城博治さんたちの即時釈放を求める大集会と国際通りデモ行進



0224chirasi.jpg

日時:2月24日
PM3.00-3:30 集会(城岳公園) PM3.30-4.30 抗議行動(地裁前)
PM4.30 デモ行進(地裁前〜国際通り〜県民広場流れ解散) 

場所:城岳公園・地裁前

主催:早期釈放を求める会・基地の県内移設に反対する県民会議
政治弾圧による不当逮捕、勾留者を支援する会



2月24日 沖縄タイムス
「異常な人権侵害」市民ら怒り 山城議長の保釈、最高裁認めず

沖縄県の東村高江や名護市辺野古での米軍基地建設の反対運動で、公務執行妨害や傷害などの容疑で昨年10月に逮捕され、勾留が続いている山城博治沖縄平和運動センター議長の保釈を認めないとした最高裁の決定に、市民からは「異常な人権侵害」「三権分立はないのか」「萎縮を狙っているなら逆効果だ」などの怒りの声が相次いだ。

23日の米軍キャンプ・シュワブゲート前の抗議集会で司会を務めた名護市の浦島悦子さん(69)は「とんでもない人権侵害。新基地建設の抗議行動を萎縮させるための見せしめでやっているとしたら逆効果。弾圧すればするほど、現場の抗議は強まると思う」と強調した。
 
週4回ゲート前に通う宜野湾市の男性(79)は「逃亡の恐れがないのに、これほど長期間勾留するのはとんでもない。沖縄に三権分立はないということだ」と憤り、「私たちは諦めない」と語気を強めた。
 
金高望弁護士は「地裁のあまりに不当な判断を最高裁が追認してしまったのは残念」と決定を批判。長期勾留と接見禁止について「保釈を認めない日本の人質司法の中でも、配偶者すら接見できないのは、極めて異常な事態と言わざるを得ない」と指摘した。

2月22日 琉球新報
山城議長らの即時釈放求め支援会結成 抗議行動展開へ

米軍北部訓練場のヘリパッド建設と名護市辺野古の新基地建設の抗議行動で威力業務妨害容疑などで逮捕・起訴され、約4カ月にわたり勾留されている沖縄平和運動センターの山城博治議長らの即時釈放を求める「政治的弾圧による不当逮捕者・勾留者を支援する会」の結成記者会見が21日、那覇市の自治労県本部で開かれた。メンバーらは「まさに政治的弾圧だ」と批判し、山城議長ら3人の即時釈放を訴えた。
 
同会は15日に結成会議を開いて発足。顧問に山内徳信氏(元参議院議員)と東門美津子氏(元沖縄市長)、共同代表に崎山嗣幸県議、稲福弘自治労県本部執行委員長、瑞慶覧功県議、上原兼一県職連合執行委員長、比嘉勝太自治労県本部アドバイザーが就任した。

崎山共同代表は「山城議長はこれ以上沖縄に基地を造らせないとの信念に基づいて行動しており、今回の逮捕・長期勾留はまさに政治的弾圧だ」と批判した。山内、東門両顧問も「県民と力を合わせ闘っていく」と呼び掛けた。

同会は今後、那覇地裁所長へのファクス・はがき送付や那覇拘置所前での激励行動参加、24日午後3時から那覇地裁前の城岳公園で開かれる「山城博治さんたちの即時釈放を求める大集会」などの開催に取り組む。


tokyo2017 02192
2月19日の東京新聞紙面

2月19日 琉球新報
「山城議長即釈放を」 県選出6国会議員が声明

sinpoubadf8ade.jpg
約4カ月勾留されている沖縄平和運動センターの山城博治議長の即時釈放を求める声明を発表する照屋寛徳衆議院議員(左から3人目)ら県選出国会議員=18日午後、県庁
 
照屋寛徳衆院議員ら県選出国会議員6氏は18日、県庁で記者会見を開き、米軍北部訓練場のヘリパッド建設と名護市辺野古の新基地建設の抗議行動で威力業務妨害容疑などで逮捕・起訴され、約4カ月にわたり勾留されている沖縄平和運動センターの山城博治議長の即時釈放を求める声明を発表した。

声明は照屋氏のほか、衆院議員の仲里利信氏、赤嶺政賢氏、玉城デニー氏、参院議員の糸数慶子氏、伊波洋一氏の連名。

6氏は声明で「軽微な容疑にもかかわらず、存在しない『証拠隠滅や逃亡の恐れ』を口実に長期拘留と接見禁止が続けられていることは、辺野古および高江の闘いとウチナーンチュの平和と尊厳回復を求める非暴力の抵抗をつぶす目的の政治弾圧だ」と政府を批判した上で、裁判所に山城議長の即時釈放を求めた。

弁護士として山城議長との接見を続けている照屋氏は「使い捨てカイロを差し入れようとして丸5日もかかるなど、異常で不当な長期勾留だ」と批判した。山城議長が3月17日に内定している第1回公判に向け、健康管理を徹底している現状なども報告した。

2月17日 沖縄タイムス
長期勾留「なぜ」づくし 沖縄の基地反対リーダー拘束4カ月

times2017 0217 059fcaadd169286
米軍北部訓練場から出てきた市民を拘束しようとする機動隊員ら=2016年10月17日、東村高江・N1地区表ゲート付近

times2017 0217 d2aeaab3858141903


東村高江の米軍ヘリパッド建設や名護市辺野古の新基地建設の反対運動中、器物損壊や公務執行妨害などで逮捕・起訴された沖縄平和運動センターの山城博治議長(64)の身体拘束が17日で4カ月になる。弁護側は「県内のこれまでの基地反対運動などと比べても、異常に長い」と指摘。「捜査は尽くされているはずで、起訴後も勾留する理由はない。一刻も早く保釈を」と訴えている。

通常は「起訴後に釈放」
 
県警は過去にも逮捕権を行使し、市民の身柄を拘束することで抗議行動を抑制させたことがある。それでも身柄は、起訴後数日で釈放されている。
 
1976年9月、金武町や恩納村にまたがるブート岳で米軍が実施していた「県道104号線越え実弾砲撃演習」に対し、中止を求める市民が着弾地のブート岳に登り、阻止行動を展開。県警はうち4人を軍施設・区域への無断立ち入りを規制する「刑事特別法」で現行犯逮捕した。
 
それまで過去6回、着弾地での抗議で演習を止めたが、逮捕を機に基地内での抗議は行われなくなった。4人は起訴後数日で保釈された。
 
当時、4人を弁護した池宮城紀夫弁護士は「逮捕の可能性がある抗議行動はなくなった。ただ、不当逮捕や砲弾演習の危険性に県民が怒り、最終的に演習は本土に移転した」と語る。
 
山城博治議長の逮捕・勾留についても「当時と同じく、日米の意向で運動をつぶすという政治的弾圧だ。過去の運動に対する公安事件では起訴後に釈放されており、人権侵害の長期勾留が続いている」と指摘する。
 
司法統計によると2015年で、起訴後も3カ月以上勾留されているのは公務執行妨害事件で17・3%、傷害事件では23・3%。池宮城弁護士は「山城さんのケースは、同種事件の中でも軽微だ。わずか2千円の鉄線を切断し、約2週間の治療を要する打撲を負わせただけで3カ月以上も勾留されるのか」と疑問視する。

「証拠隠滅の恐れ」理由は
 
那覇地裁が起訴後も山城議長の勾留を認め続ける理由に、「証拠隠滅」「逃亡の恐れ」があるとする。弁護側は「目撃者や映像などで証拠はそろっているはずで、隠滅の可能性はない。家族や仕事もあり、逃亡の恐れもない」と訴える。
 
地裁や那覇簡裁は家族の接見も禁止。弁護側は「家族と面会したところで、証拠隠滅に走るとは考えられない」と指摘。妻との接見許可を求め、地裁や最高裁などにこれまで10回以上申し立てているが、認められていない。
 
山城議長と共謀したとして公務執行妨害と傷害の罪で起訴された男性(31)を弁護する小口幸人弁護士も、証拠隠滅を理由にした勾留を疑問視する。男性は昨年8月、高江で沖縄防衛局職員を転倒させたなどとして11月11日に起訴されたが、12月1日に保釈された。
 
小口弁護士は「証拠隠滅の恐れがないから男性は保釈されたはずだ。なぜ山城氏にだけ、隠滅の恐れがあると判断するのか理解できない」と語る。

拘束し続けるための逮捕?
 
山城議長の逮捕を巡っては、器物損壊容疑での勾留請求と公務執行妨害・傷害の逮捕の日が昨年10月20日で重なった。弁護側の三宅俊司弁護士は「一般的に警察は、勾留満期で再逮捕に踏み切る。地検の勾留請求を簡裁が退ける恐れがあり、山城さんを拘束し続けるための逮捕だ」とみる。
 
金高望弁護士は器物損壊容疑の逮捕について「警察車両に乗せられるまで、逮捕の認識がなかった」と手続きを問題視。同容疑の勾留理由開示法廷で逮捕の場所を質問したが、地裁の高津戸拓也裁判官は「答える必要はない」と突っぱねた。


2月11日 琉球新報
山城さん家族 街頭に 長期勾留に支援者らと釈放訴え

sinpou0480d457b.jpg
山城博治さんの釈放を求めてプラカードを掲げる、山城さんの家族や支援者ら=10日、那覇市の那覇地方裁判所前
 
「山城議長たちを即釈放してください」「長期勾留を強いられています」-。手作りのプラカードを片手に、那覇地方裁判所前で道行く人たちに訴えるのは、沖縄平和運動センターの山城博治議長の家族をはじめ、支援する人たちだ。1月末ごろから思い思いに那覇地裁前に集まり、できるだけ平日は毎日、数時間だけでもプラカードを掲げて「即釈放」を求める活動を行っている。
 
山城さんは那覇地裁横にある拘置所に勾留されており、10日で117日を迎えた。風吹きすさぶこの日、山城さんの家族の1人は集まった支援者らに「今日もありがとう」と何度も感謝を伝えた。仲間や励ましの声に応えたり、通行人からの声掛けに追われたりし、なかなかプラカードは上がらない。「一人一人の思いを大事にする人なのよ。博治さんにそっくり」。様子を見ていた支援者の女性がぽつりとつぶやいた。
 
山城さんの家族は今も面会が許されずにいる。家族の1人は「彼はブラックコーヒーが好きなんだけど、それすら差し入れできない。一番彼に届けたいのは、県内外から寄せられている励ましの声です」と話す。
 
連日弁護士の元に山城さん宛ての激励の手紙や栄養ドリンクがたくさん届くが、本人への差し入れはかなわず、もどかしい思いを家族は抱いている。数日前は、支援者の女性が日が暮れた後1人でプラカードを持っていると、地域の人が「1人じゃ危ないよ」と、しばらく付き添ってくれた。
 
「支えてくれている人たちがたくさんいる。感謝してもしきれない」。山城さんの家族は目にうっすら涙を浮かべ、また静かにプラカードを高く掲げた。


2月11日 沖縄タイムス
山城博治議長の釈放訴え 那覇地裁前で抗議行動「人権守れ」

timesw8dcd380b1776971.jpg
山城博治議長らの釈放を求め、那覇地裁前でプラカードを掲げる支援者ら=10日、那覇市樋川

東村高江や名護市辺野古での米軍基地建設の反対運動で公務執行妨害や傷害などの容疑で逮捕・起訴され、勾留が3カ月以上続く山城博治沖縄平和運動センター議長ら3人の釈放を求める支援者らは10日、那覇地裁前で抗議行動し、「弾圧をやめろ」「裁判所は人権を守れ」と声を上げた。

支援者らは2月からほぼ毎日、午前9時から午後5時まで地裁前に立ち、「山城議長を直ちに釈放せよ」「裁判官の誇りをみせて」などのプラカードを掲げ、釈放を訴えている。数人の時もあるが、約60人が集まる時間帯もあるという。
 
うるま市具志川9条の会の宮城英和事務局長は「建設反対の現場責任者を狙った不当な弾圧。現政権が運動を諦めさせようとしても、県民は決して屈しない。一刻も早く3人を釈放すべきだ」と憤った。
 
山城議長の家族の女性は「家族も接見できず、差し入れは1日1回しか認められない。思うように動き回れないと思うので体調が気掛かり」と心配しながらも、「県外・国外にも支援が広がっていることが心強い」と話した。
 
照屋寛徳衆院議員が8日に接見した際、山城議長への手紙形式で書かれた7日付の沖縄タイムス社説を差し入れると、涙ぐんで読んでいたという。
 
本を差し入れた宜野湾市の伊佐笑子さん70は大統領令に裁判所が異を唱える米国を例に挙げ、「日本の司法も三権分立を示してほしい」とし、「彼のようなリーダーはほかにいない。一日も早く仲間のところに戻ってきてほしい」と語った。




tokyo2017 02011
2月1日の東京新聞紙面
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「住民連絡会」のチラシ1号

01.jpg
02.jpg

石垣島「住民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ
0812チラシ表

0812チラシ裏