記事一覧

東京で、「宮古島への陸自配備を許さない!」 政府公報紙「産経」の千代田カントリー8月着工との報道に対して。

Ryuukyuuheiwaより:


*ページの最下段に掲載しています。
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答 P.1-6
宮古島における反軍反基地の闘い2010-2017 P.1-8



6月5日夜防衛省正門前で行なわれた、辺野古実主催の「防衛省抗議・申し入れ行動」


6月5日に行われた、防衛省抗議・申し入れ行動 ダイジェスト。
https://youtu.be/Id9eRvyAPCo




*ダイジェストでは防衛大臣への要請書手交が入っておりません。こちらの完全版でご覧ください。
Youtube三輪祐児さんチャンネル
20170605 UPLAN 辺野古新基地建設の強行を許さない!防衛省抗議・申し入れ行動
https://youtu.be/HJyomHlM0PA



6分52秒:清水早子さんの報告
11分44秒:辺野古から、ヘリ基地協共同代表安次富浩さんの電話メッセージ
25分29秒:清水早子さんの防衛大臣への要請書手交

6月5日夜、あいにくの雷雨のなかで防衛省正門前で行なわれた、辺野古実主催の「防衛省抗議・申し入れ行動」で清水早子さんが宮古島からの報告、千代田カントリーへの陸自配備強行をやめよ!との防衛大臣への要請書が手交されました。他に辺野古実からの4日に行われた「今、宮古島では!自衛隊配備に反対する6.4集会」の報告、辺野古から安次富浩さんの電話によるメッセージなど。

要請文は以下の通り

防衛省・防衛大臣稲田朋美様

宮古島への陸自配備に関する要請
 
昨日6月4日付の産經新聞報道によると、「宮古島への陸自配備工事を8月着工」とあるが、私たち宮古島住民は、これまでに国・防衛省にも、宮古島市にも、配備計画の全容の詳細な情報公開と、命の水である地下水に関する環境調査や地下水保全条例に基づく審議会を開催するよう申し入れているが、実現していない。
 
さる1月の市長選挙で示された民意も、配備推進の現職市長の得票数9500余りに対して、配備反対またはもっと情報公開して慎重にという票は20000であったことからも明らかに配備容認ではない。
 
昨日の報道が、高江、辺野古に見られる問答無用な工事の強行と反対運動への暴力的な弾圧を、離島である宮古島においても行うことの予告であるなら、私たち宮古島住民は決して受け入れることはできない。
 
私たちが望む島の未来像は、軍備による安全保障ではなく、近隣諸国との交流・交易による平和な島の姿である。また、飲料水など全ての水を地下水に頼っている世界でも稀な地形・地質の島である宮古島の特殊性に鑑みて、地下水汚染のおそれのある新基地建設には反対である。
 
住民の命と意思を無視した、配備計画の推進・工事の強行を行うことのないよう、強く要請する。
 
2017年6月5日
              
(止めよう「自衛隊配備」宮古郡民の会・宮古平和運動連絡協議会構成団体)
宮古島ピースアクション実行委員会  代表 清水早子



IMG_1369[1]

IMG_1366[1]



6月4日に開催された「今、宮古島では!自衛隊配備に反対する6.4集会」

宮古島平和運動連絡協議会・清水早子さんの報告
https://youtu.be/9s-JSTyS1nQ




6月4日に文京区民センターで開催された、辺野古実主催の「今、宮古島では!自衛隊配備に反対する6.4集会」には130名の皆さんが参加。 同日政府広報紙「産経」が朝刊一面で報じた「千代田カントリー8月着工強行」に抗議の声が!
集会での、宮古島市から来られた宮古島平和運動連絡協議会共同代表の清水早子さんの報告です。


Youtube三輪祐児さんチャンネル
20170604 UPLAN 今、宮古島では!自衛隊配備に反対する6.4集会
https://youtu.be/Azo4qEMMt2I



7分58秒:すべての基地にNO!を・ファイト神奈川 木元茂夫さんの映像報告
26分5秒:宮古TVの映像
51分15秒:清水早子さんの報告
1時間27分20秒:パトリオットミサイルはいらない!習志野基地行動委員会 吉沢弘志さんの報告
1時間53分56秒:伊波洋一参議院議員からのメッセージ
1時間56分40秒:清水早子さんの報告補足と質疑応答


2017060401.jpg

2017060402

6・4集会チラシ




「産経」に書かせた、千代田カントリーへの配備強行の「宣戦布告」

前回の石垣市長選挙の際、防衛省が琉球新報に情報をリークし告示日に「陸自石垣に2候補地」「防衛省が来月決定」との記事を掲載させ、その後否定してきたが配備先は違ってはいたが現実の問題となったと言う経緯を思い出してみよう。


稲田防衛相「具体的な日程を答えるのは困難」ととぼけながら、計画推進は明言。


sinpou2017 06073
6月7日の琉球新報紙面


沖縄防衛局は地元TVの取材に対し「何も決まっていない」?




県紙琉球新報も、東京の防衛省筋の情報として掲載。


sinpou2017 06061
6月6日の琉球新報紙面


6月6日 琉球新報
宮古陸自駐屯地8月着工 防衛省、敷地造成へ

宮古島市への陸上自衛隊配備計画を巡り、防衛省が8月にも駐屯地建設に着手することが5日、分かった。防衛省関係者が明らかにした。既に駐屯地建設予定地の「千代田カントリークラブ」で測量や設計業務を実施しており、敷地造成など本格的な工事を8月に始めるため、今月中の用地取得に向けた手続きを進めている。

自衛隊配備に反対する市民は工事による地下水への悪影響などを懸念しており、計画進展に反発が広がる可能性がある。

防衛省はこれまで駐屯地建設に向けて、測量や隊庁舎、保管庫などの設計業務、現況調査などを実施している。8月にも敷地造成に着手するため既に業者側と契約し、今月中の用地買収を見込んでいる。

防衛省は宮古島への陸自配備のため、2016年度予算に用地取得や敷地造成費など約108億円を盛り込んだ。しかし、候補地の一つだった旧大福牧場は下地敏彦市長が地下水への影響を理由に反対したため、同省は配備を断念した。そのため計画が遅れ、予算の過半は17年度に繰り越された。

防衛省内では18年度の予算を獲得するために8月末の概算要求までに、16年度に予定していた業務を実施したいとの声もある。




千代田カントリー8月着工と政府公報紙「産経」が6月4日朝刊一面で報道。

「産経」に書かせた、千代田カントリーへの配備強行突破を図る、政府・防衛省の反対する宮古島市民への「宣戦布告」





sankei2017 0604
6月4日の産経新聞紙面

6月4日 産経新聞
陸上自衛隊宮古島駐屯地は8月に着工へ 6月中に用地買収 南西防衛は新段階に

防衛省が沖縄県の宮古島(宮古島市)への陸上自衛隊警備部隊とミサイルの配備に向け、拠点となる駐屯地の建設に8月に着手することが3日、分かった。それに先立ち月内に用地を買収する。昨年3月、同県の与那国島に艦艇を警戒する陸自沿岸監視隊を配備したのに続き、宮古島では初めて実戦部隊の拠点整備に着工することで、中国の脅威に備える南西防衛強化は新たな段階に入る。

沖縄本島より西は陸自が配備されていない防衛の空白地帯だったが、与那国島に沿岸監視隊を配置し、有事で初動対処にあたる警備部隊と地対空・地対艦ミサイルを宮古島と石垣島(石垣市)に置く。防衛省は石垣市で月内に住民説明会を開き、市の受け入れ表明を得るための最終調整に入る方針だ。

防衛省は宮古島の部隊配備について平成28年度予算で用地取得費などで108億円を計上していたが、一部住民らの反対運動で地元調整が難航し、用地も取得できず、経費の過半を今年度に繰り越した。部隊配備は今年1月の市長選で争点になり、昨年6月に配備を受け入れる考えを表明した現職が3選を果たし、防衛省としては配備計画を推進できる環境が整った。

防衛省は宮古島の駐屯地用地となるゴルフ場で測量を終えており、土地の売買契約をした後、8月に敷地造成に着手する。駐屯地の施設整備は造成・建設工事を効率的に進めれば3年程度で完了させることが可能で、32年に部隊を配備できるとみられる。

沖縄本島と宮古島の間の宮古海峡は約300キロの距離がある。中国海軍艦艇の進出を抑止する上で、陸自の12式地対艦誘導弾(射程約200キロ)を本島と宮古島に配備しなければ海峡全体をカバーできず、部隊配備は急務となっている。


宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答01
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答02
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答03
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答04
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答05
宮古島への自衛隊配備に関する質問書への防衛省回答06


宮古島における反軍反基地の闘い2010-2017
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201701
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201702
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201703
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201704
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201705
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201706
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201707
宮古島における反軍反基地の闘い2010-201708



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa

(2017年1月20日より)

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。。


自衛隊と米軍は一体、離島の闘いに連帯を! 琉球弧での陸海空自衛隊の軍事要塞化への動きは、辺野古新基地建設とつながっています

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


ブログ記事へ:「伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


ブログ記事へ:与那国イソバの会の共同代表の稲川宏二さんを悼んで
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-118.html

真喜志好一さんが動画をアップしました!
「1966年~2015年沖縄の真実」



おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg