fc2ブログ

記事一覧

中山石垣市長の「正式受入表明」さえ受けてないのに、防衛省「陸自配備の土地取得費」など、来年度予算案の概算要求に盛り込む。

石垣島より:




防衛局「石垣市と事前に調整してはいないが」?? 中山市長との出来レースのくせに!
9月市議会終了後に表明を目論む中山市長。

防衛省「陸自配備の土地取得費」などを来年度予算案の概算要求に盛り込む。
市長の「正式受入表明」さえ受けていないのに概算要求とは地方自治を否定する暴挙、許せません!



yae2017 08311
8月31日の八重山毎日紙面

8月31日 八重山毎日
陸自配備、施設関連経費を計上 沖縄防衛局

yae32174.jpg
石垣島への自衛隊配備に向け、2018年度概算要求で施設関連経費の計上を中山義隆市長に伝える中嶋浩一郎沖縄防衛局長(右)=30日午後、市長室

中嶋局長が説明 中山市長「理解できる」
 
石垣島への陸上自衛隊配備計画をめぐり、防衛省沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長が30日、石垣市役所に中山義隆市長を訪ね、2018年度予算の概算要求で施設整備関連経費を計上すると伝えた。中山市長が受け入れ可否の最終判断を行う前の予算要求について中嶋局長は「遅滞なく整備が進められるよう万全の措置を講じる必要があるとの考えに基づく防衛省独自の判断」と説明。中山市長は「理解できる」と記者団に語った。額について中嶋局長は「31日に最終決定した後」と述べるにとどめた。
 
中嶋局長によると、関連経費は用地取得、敷地造成、宿舎整備などの経費。防衛省は、中山市長が正式に受け入れを表明することを見越して予算要求、来年4月以降の整備をスムーズに進めたい考え。
 
中山市長も「私が最終判断した後に遅滞なく進めるために予算計上するという考え方は理解できる。来年3月までの任期中に判断するだろうとの考えで予算を付けるのだと思う」と記者団に述べた。
 
最終判断の時期については「(反対の)署名活動も行っており、9月議会での議論を踏まえて判断したい」と述べ、9月定例会以降になるとの見通しを示した。



times2017 0902
9月2日の沖縄タイムス紙面




8月30日 NHK 沖縄NEWS WEB
陸自配備の土地取得費で説明



石垣島への自衛隊の配備計画をめぐり、沖縄防衛局の中嶋局長は、配備予定地の土地の取得に関する費用などを来年度予算案の概算要求に盛り込んだことを、石垣市の中山市長に伝えました。

防衛省は、南西地域の防衛態勢を強化するため、有事などの際に初動対応にあたる部隊やミサイルの部隊など500人から600人を石垣島に配備する計画です。

防衛局の中嶋局長は、30日午後、石垣市役所で中山市長と面会して、配備予定地の土地の取得や造成に関する費用などを、来年度予算案の概算要求に盛り込んだことを伝えました。

この中で中嶋局長は「石垣市と事前に調整してはいないが、滞りなく施設整備ができるよう、万全の措置を講じておく必要があると考え、防衛省独自の判断として関連経費を計上した」と述べました。

その上で、額について、31日の正式決定のあとで改めて報告すると説明しました。

配備計画をめぐっては、予定地に近い4つの地区が反対する決議を行っていて、中山市長は「いろんな声を聞かせていただき、しっかり判断してきたい」と話していました。


8月26日 琉球新報
社説:防衛予算増額要求 外交力強化こそ必要だ

第2次安倍内閣発足後、5年連続で伸びている防衛予算がさらに増えそうだ。平和国家日本の在り方に明らかに反する。防衛力の強化ではなく、外交力の強化こそ必要である。
 
防衛省は2018年度予算の概算要求で、米軍再編関連経費を含め過去最大の5兆2551億を計上する方針だ。17年度当初予算比2・5%の増加である。
 
弾道ミサイルを相次いで発射している北朝鮮への対処策として、海上自衛隊のイージス艦に搭載する改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の取得費472億円を盛り込んだ。
 
SM3ブロック2Aは、迎撃を困難にするために通常より高度が高い「ロフテッド軌道」への対応力が優れるとされる。だが、その精度は百パーセントではない。
 
防衛装備庁は6月、SM3ブロック2Aで標的を迎撃する試験を実施したと発表したが、成否には触れなかった。防衛省関係者によると、標的を撃ち落とせなかったという。472億円も費やす意味があるだろうか。
 
弾道ミサイル発射で世界を威嚇し続ける北朝鮮の挑発行為は非難されて当然である。一方で、防衛力を増強しても完全な防衛体制を構築することはできない。それどころか防衛予算の増大は北朝鮮を強く刺激する恐れさえある。
 
中国を意識した予算増も効果に疑問がある。
 
南西諸島の防衛強化を重視し、南西警備部隊の施設整備に552億円を充てる。最新鋭ステルス戦闘機「F35」6機を881億円で取得する。
 
領空侵犯の恐れのある中国機に対する16年度の航空自衛隊戦闘機の緊急発進(スクランブル)は851回で過去最多だった。中国機は尖閣諸島周辺で活動を活発化させている。中国船も領海外側の接続水域に頻繁に現れ、領海侵入も確認されている。
 
尖閣諸島周辺での活動を自制しない中国は問題である。

日本の主権を守るために、南西諸島防衛の強化を目指したのだろうが、尖閣問題の根本的な解決にはならない。
 
中国外務省は防衛省が過去最大の約5兆2千億円を計上する方針について、直ちに不快感を示している。中国外務省副報道局長は「『中国脅威論』をあおると同時に自身の国防(防衛)予算を増やしている」と批判し「警戒」が必要だと述べている。中国の活動活発化を懸念する。
 
南西諸島防衛強化では、墜落事故が相次ぐ新型輸送機オスプレイ4機も457億円で購入する。危険なオスプレイをこれ以上、飛ばすことは断じて認められない。米軍普天間飛行場所属のオスプレイの撤去を求める県民無視であり、許されない。
 
政府は「力には力」の思考から脱すべきだ。たとえ困難であっても「対話」の道を歩むことこそが日本のあるべき姿である。


tokyo2017 0823
8月23日の東京新聞紙面
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

声をあげる。上げ続ける。あきらめないで、がっかりしないで、根気よく。社会を変えるには、結局それしかないのだと思います。
坂本龍一さん

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

笠原利香さんイラスト:
笠原利香さんイラスト

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏

石垣島「市民連絡会」チラシ

石垣市民連絡会チラシ01
石垣市民連絡会チラシ02

石垣島「市民連絡会」チラシ12号

石垣市民連絡会チラシ12号01
石垣市民連絡会チラシ12号02