記事一覧

今度は米空軍のオスプレイ2機が奄美空港に緊急着陸。常態化する民間空港への「緊急」着陸。

Ryuukyuuheiwaより:


関連記事:宮古島より早く陸自ミサイル部隊などの基地建設進む奄美で、普天間のオスプレイが低空飛行。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-624.html




許せない!やりたい放題の米空軍、オスプレイ長居した上に台風を理由に民間格納庫に移動。

6月16日 南日本新聞
奄美緊急着陸のオスプレイ 空港内格納庫に移動

(奄美市笠利の奄美空港に4日緊急着陸した米空軍輸送機CV22オスプレイ1機は15日午後、空港内の格納庫に移動した。防衛省によると、米軍から「今後は格納庫で不具合のあるエンジンを修理する」と連絡があった。「部品を調達中」とも説明があり、離陸のめどは立っていない。
 
格納庫は日本エアコミューター(JAC)の所有で、機材に不具合が出た場合に利用している。
 
JACによると、米軍側から同日、使用させてほしいと要請があった。期間は「7月中旬まで」で、整備状況により変更するとしている。JACは「台風6号が接近しており、空港内の事故リスク低減のためにもすぐ承諾した」と説明した。


6月15日 南海日日
オスプレイ滞在長引く 奄美空港

nankai872543f2639658-300x184.jpg
ロープのような器具で駐機場に固定されたオスプレイ=14日、奄美市笠利町の奄美空港
 
奄美市笠利町の奄美空港に緊急着陸し、駐機が続いている米軍の輸送機オスプレイは14日も駐機場にとどまった。午前中に乗員らがエンジン周辺を整備する様子が確認されたが、午後からは悪天候で作業が中断し、大きな動きは見られなかった。

オスプレイは4日に東京都の米軍横田基地を離陸。山口県の岩国基地を経由して沖縄県の嘉手納空軍基地に向かう途中、計器が機体の異常を示したため奄美空港に緊急着陸した。

6日に乗員が奄美大島を離れてからは整備や修理などの動きが見られなかったが、12日に修理用部品とみられる資材や乗員10人が輸送機で到着し、13日に整備を再開。

14日午前には、乗員が機体右側のエンジンカバーを開けて整備する様子が確認されたが、午後からは雨足が強まり、作業はほとんど行われなかった。同機はロープのような器具で駐機場に固定されており、強風で機体が動かないように対策を施したとみられる。

防衛省九州防衛局によると、整備に当たっていた米軍の関係者は午後4時35分に同空港から撤収しており、作業は15日以降に持ち越されるもようだ。


times2018 06141
6月14日の沖縄タイムス紙面

6月12日 南海日日
離陸のめどいまだ立たず 緊急着陸から1週間 奄美空港のオスプレイ

nankaid3737405b-300x198.jpg
4日の緊急着陸後、駐機場にとどまったままのオスプレイ=11日、奄美市笠利町の奄美空港
 
米軍の輸送機オスプレイ1機が奄美市笠利町の奄美空港に緊急着陸してから11日で1週間が過ぎた。着陸翌日の5日には乗員らが機体の点検を行う様子が確認されたものの、その後は修理や整備などの動きは見られず、オスプレイは11日も駐機場にとどまった。防衛省九州防衛局は「修理や離陸のめどを含め、米軍から情報は一切寄せられていない」と説明しており、同日現在、今後の見通しは立たないままだ。

緊急着陸したのは沖縄県にある米軍嘉手納空軍基地所属のCV22型オスプレイ。4日午前に5機編成で東京都の横田基地を離陸し、山口県の岩国基地を経由して嘉手納基地に向かっていたが、機体の異常を示す警告灯が点灯したため、同日午後に奄美空港に緊急着陸した。

5日にはエンジンやローター(プロペラ)部分などを点検する様子が確認されたが、6日にはほとんどの乗員が輸送機で空港を離れた。オスプレイもローターを折りたたんで空港北側の駐機場にとどまったままで、残った乗員が時折、機体の回りに姿を見せる以外に大きな変化はない。

九州防衛局は奄美空港に職員1人を派遣して情報収集を続けているが「米軍からの情報がなく、見通しについても何ともいえない」と、長期化の可能性も示唆。国内では2017年8月29日に大分空港に緊急着陸したオスプレイが、9月8日までの11日間、同空港に駐機を続けた例がある。

知人の見送りのため11日に奄美空港を訪れた西元則吉さん(66)=龍郷町=は、1週間以上の駐機に「思ったより長引いており、少し驚いている」と話し、昨年以降3度目の同空港への着陸に触れ「奄美空港が(着陸先として)当てにされているような気がして、あまり気分がいいものではない」と表情を曇らせた。

同空港の近くで観光関係の業務に従事する牧井純一さん(44)=奄美市名瀬=は「空港利用者の中には、驚いたような表情を見せる人もいるが、大きくイメージを損なうような話は聞いていない」とし「駐機期間は予想よりも長いが、(緊急着陸は)事故防止の面でやむを得ないと思う。妥当な処置」と冷静に語った


6月12日 南日本新聞
トラブル深刻か オスプレイ奄美駐機1週間 整備や離陸めど立たず

minaminihon-20180611235948.jpg

米空軍輸送機CV22オスプレイ1機が奄美市笠利の奄美空港に4日緊急着陸してから、11日で1週間が過ぎた。九州防衛局によると、米軍側は「今後のスケジュールは未定」としており、整備や離陸のめどは立っていない。専門家らは「深刻なトラブルも考えられる」と指摘する。
 
防衛省によると、CV22は特殊作戦用。4月に日本へ到着し、横田基地(東京都)に今夏にも正式配備される予定。普天間飛行場(沖縄県)所属で海兵隊仕様のMV22オスプレイと機体構造や基本性能は同じだが、地形追随レーダーなど特殊装備を搭載している。

6月7日 奄美新聞
市民団体が抗議 オスプレイ1機奄美空港で駐機状態

amamie6f7208286803.jpg
奄美空港に駐機中のオスプレイ(7日午後4時)

4日午後、奄美市笠利町の奄美空港に緊急着陸した米軍の輸送機オスプレイ1機は、7日も同空港の駐機場にとどまったままだ。九州防衛局によると離陸のめどは立っていない。同空港への度重なる “緊急着陸”に市民団体が同日、防衛省沖縄防衛局と同九州防衛局に対し、米軍側に原因究明、奄美群島上空での飛行訓練禁止を求めるよう要請した。その一方、団体関係者は「自国での軍事行動を追及できない防衛省に憤りを覚える」として同省の姿勢を批判している。
 
着陸機は沖縄県の米軍嘉手納基地所属のCV22オスプレイ。同日午後7時まで、3日間駐機状態が続いている。場内には米軍隊員の姿は見られず、回転翼は折り畳まれたままだ。
 
要請書は、奄美ブロック護憲平和フォーラム(関誠之代表)、奄美の自然と平和を守る郡民会議(喜入拓司議長)の連名。各地で多発する同機の墜落事故を踏まえ危険性を指摘。さらに「軍事訓練を目的とした同機の民間空港利用は許されない」と訴え、事態の早期解決と住民不安に対する謝罪を求めている。
 
市民団体は今年4月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のオスプレイ2機が緊急着陸したことを受け、両防衛局宛に同様の抗議と要望書を提出しているが、「4月のケースに対する回答はいまだ示されていない」(団体関係者)として同省への不信感を強く表した。


6月6日 南海日日
6日以降離陸か  緊急着陸のオスプレイ  奄美空港

nankai710b61564ce2e-300x186.jpg
奄美空港の駐機場にとどまる米空軍のオスプレイ。後方は民間旅客機=5日午後0時すぎ、奄美市笠利町
 
奄美市笠利町の奄美空港に4日午後緊急着陸した米軍の輸送機オスプレイ1機は、5日も同空港にとどまり、エンジン始動など大きな動きはなかった。県港湾空港課には、5日夜も同空港に駐機するとの情報が寄せられており、離陸は6日以降になる見込み。

奄美空港に緊急着陸したオスプレイは、今年夏に東京の横田基地に正式配備が予定されている米空軍のCV22型機。4日、横田基地から山口県の岩国基地を経由して沖縄県の嘉手納基地に向かう途中、機体の異常を示す警告灯が点灯した。

着陸機の周囲では5日、乗組員がローター(回転翼)やエンジン部などをチェックする様子が見られた。奄美空港を離発着する航空機も平常通りに運航され、驚いた様子で駐機場のオスプレイをながめる乗客や空港利用客らの姿もみられた。

同空港へのオスプレイ緊急着陸は2017年6月と今年4月に続いて3回目。奄美ブロック護憲平和フォーラムの城村典文事務局長は「奄美空港が事実上の中継地となっており、米軍機による利用常態化を招きかねない」と指摘している。


6月5日 奄美新聞
駐機状態続く 緊急着陸オスプレイ

amam,icba2cee89e7-1200x800
4日緊急着陸したオスプレイ1機は、5日も駐機状態が続いた(午後0時11分ごろ、奄美空港)

奄美空港に3度目
 
4日午後に奄美空港=奄美市笠利町=に緊急着陸した米軍の輸送機オスプレイ2機のうち、駐機していた1機は一夜明けた5日、離陸に向けて整備を図ったとみられるが、夕方までに作業は撤収され、同日も駐機の状態が続いた。
 
緊急着陸したのは、米軍横田基地を出発した編隊機。4日に着陸し、うち1機はその後離陸。防衛省ホームページによると、2機は空軍仕様機「CV―22」とみられる。
 
オスプレイ機の緊急着陸を巡っては、今年4月と昨年6月を含め、今回が3度目。続けての緊急着陸に島内在住者の間にも動揺が広がっている。
 
同市住用町在住の60代女性は「気になって、事のついでに友人らと見に来た。不良で部品などが落下したらと思うと怖い」と不安な様子で話した。
 
また、観光で訪れていた神奈川県在住の男性(50代)は「緊急着陸だったり、トラブルが多いイメージがある。本当に大丈夫なのか」といぶかしげに語った。
 
同空港の屋上デッキには、駐機したオスプレイを見ようと観光客や地元の人が入れ替わりで訪れていた。
 
九州防衛局総務部報道官は「現場に行った担当者から、『米兵は整備をやっていたようだが、撤収したようだ』との報告を受けた」と語った。
 
県港湾空港課は「民間機などに影響はなかった。(オスプレイの)機体は留まったまま」などと話した


6月5日 南海日日
また奄美空港に緊急着陸  米空軍のオスプレイ2機

nankai477f94edb1e5297.jpg
緊急着陸した米空軍のCV22オスプレイ2機=4日午後4時ごろ、奄美市笠利町の奄美空港

nankai84e88c18aa45b097.jpg
修理用とみられる物資や人員を搬送してきた航空機=4日午後7時50分ごろ、奄美市笠利町の奄美空港

米軍の輸送機オスプレイ2機が4日午後、奄美市笠利町の奄美空港に相次いで緊急着陸した。同空港には2017年6月と今年4月に普天間基地所属のMV22オスプレイが着陸しており、緊急着陸は3度目。今回の機体は空軍仕様のCV22型で、2機のうち1機にトラブルが発生したらしい。1機は同日午後5時45分ごろ離陸したが、残る1機は5日まで空港にとどまるとみられる。

県港湾空港課によると、午後2時50分ごろ大阪航空局から奄美空港管理事務所に緊急着陸の連絡があり、同2時57分ごろに1機目、同3時1分ごろに2機目が着陸した。県警などによると、けが人や機体の損傷は見られず、民間機の運航への影響もなかった。

防衛省によると、CV22は同日午前に東京の横田基地を離陸。山口県の岩国基地を経由して、沖縄県の嘉手納基地に向かう途中だった。

在日米軍は、緊急着陸した2機のうち1機に飛行システムの警告が出たと明らかにした。同日午後8時前には米軍の航空機が奄美空港に飛来し、修理用とみられる物資や人員を下ろす様子が確認された。午後8時前に飛来した航空機は間もなく離陸した。

CV22は、過去に奄美空港に2度緊急着陸した海兵隊仕様のMV22と異なり、主に空軍の特殊作戦に使用される。夜間の低空飛行用に地形追随レーダーを装備し、側面には米空軍の所属を示す「USAF」の白文字がペイントされている。

友人の見送りのため奄美空港を訪れていた奄美市住用町見里の井上チナ子さん(69)は、駐機場のオスプレイ2機を送迎デッキで目撃。「住用町上空を飛ぶオスプレイを見たことはあるが、近くで止まっているのを見たのは初めて。飛んでいるときのごう音の印象が強く、恐怖も感じたが、珍しくて見入ってしまった」と話していた。


6月5日 南日本新聞
奄美にまたオスプレイ 横田配備予定2機 緊急着陸1年で3回

minami20180605111.jpg
緊急着陸した米空軍輸送機CV22オスプレイ2機=奄美市の奄美空港
 
4日午後3時ごろ、米空軍輸送機CV22オスプレイ2機が、奄美市笠利の奄美空港に緊急着陸した。県によると、けが人や機体損傷はなく、民間機への影響もなかった。同空港には昨年6月と今年4月にも、普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属の海兵隊仕様のMV22オスプレイが緊急着陸している。CV22は日本に4月到着した特殊作戦用で、防衛省によると、民間空港への緊急着陸は初めて。
 
防衛省によると、緊急着陸したCV22は嘉手納基地(沖縄県)の第353特殊作戦群所属。4日午前、滞在していた横田基地(東京都)を5機で離陸。岩国基地(山口県)を経由し嘉手納基地に向かう途中、1機に飛行システムの警告が出た。緊急着陸したもう1機にトラブルはなかった。


6月4日 琉球新報
米空軍オスプレイ3機が嘉手納基地に着陸 CV22飛来は県内初 2機は奄美空港に緊急着陸

sinpou2c2d45392d4.jpg
米軍嘉手納基地に着陸する垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ=4日午後2時51分ごろ
 
米軍横田基地(東京都福生市など)に滞在している米空軍の輸送機CV22オスプレイ3機が4日午後、沖縄県の米軍嘉手納基地に相次いで着陸した。CV22オスプレイが沖縄県内に飛来するのは初めて。

CV22の1機目は午後2時41分、2機目は同51分、3機目は午後3時半ごろに着陸したのが確認された。

CV22は4日午前、5機が横田基地から離陸したが、嘉手納基地に着陸が確認されたのは3機。4日午後3時ごろ、奄美空港(鹿児島県)に在日米軍所属とみられるオスプレイ2機が緊急着陸した。横田基地から飛び立った残り2機とみられる。

小野寺五典防衛相は4日午後、会見し、奄美空港に着陸したCV22のうち1機に何らかのトラブルがあったため、同空港に着陸したことを明らかにした。詳細については確認中としている。奄美空港への緊急着陸で民航機への影響や被害などは「生じていない」とし、「防衛省として現地に職員を派遣し情報収集に当たっている」と説明した。

北谷町には、オスプレイ着陸後の午後2時50分ごろ、沖縄防衛局からメールで連絡があった。メールでは「午後2時40分ごろ、オスプレイが嘉手納基地へ着陸したのを確認した。ほかの地域へ向かうため経由しただけ」と説明しているという。

機体数や滞在日数は明かしていない。沖縄市と嘉手納町も同時刻、防衛局から連絡があった。

5機のCV22は今年夏にも横田基地に正式配備される予定になっている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa



「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。


201803241120399b5.jpg
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo

yae2018 0613意見広告



2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02


石垣島「住民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg

ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ
chiyodachirasi01Rev.jpg

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏