FC2ブログ

記事一覧

石垣島への陸自ミサイル部隊配備、防衛局入札終え測量などの開始へ。県改正アセス条例適用逃れを許すな!

石垣島より:


関連記事:7月18日中山石垣市長「陸自配備」受け入れ表明。定例記者懇談会後、突如報道機関への事前連絡無しに。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-641.html
関連記事:年内着工を目指す沖縄防衛局6月8日入札等の公告、「正式受け入れ表明」にまっしぐらの中山石垣市長は11日で「意見交換会」終了を表明。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-628.html



市民連絡会の第5号チラシです!
石垣市民連絡会5号チラシ表
石垣市民連絡会5号チラシ裏



yae2018 08251
8月25日の八重山毎日紙面



sinpou2018 08246
8月24日の琉球新報紙面


8月23日 八重山毎日
「市民を騙してきた」 陸自配備

市長声明の背景に強い疑心 平得大俣4地区住民
 
平得大俣地区への陸上自衛隊配備計画をめぐり、周辺4地区が22日、「市長は4地区住民との約束をほごにして謝罪も反省もない」「『ミサイル基地なら反対する』は詭弁(きべん)だ」などと声明を出したのは、中山義隆市長のこれまでの言動に対し「最初から市民を騙(だま)していたのではないか」という強い疑心があるからだ。経緯を振り返る。
 
中山市長は2016年の12月定例市議会で、受け入れ可否の判断を行う前に反対している4地区住民とも話し合うと答弁。しかし、調整がつかなかったとして同26日、「配備にかかる諸手続きの開始を了承する」と事実上の受け入れ表明を行った。
 
これについて4地区は「市側と正月以降で日程をすり合わせるべく、話し合いをしてきたが、中山市長はこうしたやりとりを一切無視した」と指摘。
 
さらに手続き開始了承を「正式な受け入れ表明ではない」としたことについても「分かりにくい説明をしてごまかした」「実際この一言によって、防衛省は測量を開始すると宣言するなど、計画がなし崩し的に進められようとしている」と批判する。
 
ことし3月の市長選では中山市長が「ミサイル基地なら反対する」と発言、「ミサイルとは大陸間弾道ミサイルのことで、石垣島に配備されるのはミサイルとは言わない」との解釈を示していた。
 
4地区は「『市長も基地に反対なんだ』と安心された市民もいたことだろう。多くの識者が指摘するように、また素人目からしても、本市に配備される武器類はミサイルそのもの」と断じる。
 
中山市長はことし7月18日の会見で「協力体制を構築し、適正に行政事務手続きを進めることを(臨時庁議で)確認した」と報告した際、「受け入れ」という表現を使わない理由として「配備計画は国の専権事項なので受け入れないという判断は基本的にない」との考えを示した。
 
これにも4地区は「『市民の意見を聞いた上でしかるべき時期に判断にしたい』と常々言っていたはず」として矛盾点を指摘、「このような言葉遊びで市民を愚弄(ぐろう)するのはやめにしませんか」と訴える。
 
その上で「つまり、受け入れる、受け入れないという判断はしないということ。4地区ひいては石垣市民は、市長がどう判断するか注目してきたが、現時点での回答はまさかの『判断』しないという無責任極まる態度。中山市長は最初から市民を騙していたのではないか」としている。


yae2018 08222
8月22日の八重山毎日紙面


4地区声明

4地区声明01
4地区声明02
4地区声明03




8月21日に掲載された「陸自石垣島土質調査」
開札予定日10月4日、履行期限12月25日

土質調査1-2
土質調査3-4
土質調査01
土質調査02
土質調査03
土質調査04



yae2018 08131
8月13日の八重山毎日紙面

石垣市議選立候補予定者(8月7日現在)

野党(革新系)10名(現職3名元職2名)
新垣重雄 70 宮良 新
井上美智子65 明石 現
内原英聡 34 石垣 新
大濱明彦 57 石垣 新
古閑こずえ 45 野底 新
田盛英伸 46 大浜 新
長浜信夫 62 大浜 現
花谷史郞 36 嵩田 現
前津究 41 大川 元
宮良操 62 白保 元

中立 1名(現職1名)
石垣涼子 46    登野城   現

野党(保守系)2名(現職1名元職1名)
砂川利勝 54 星野 元
仲嶺忠師 49 新栄町 現

与党(公明)2名(現職1名)
石垣達也 51 石垣 新
平良秀之 48 登野城 現


与党(保守系)15名(現職9名元職1名)
石垣亨 55 宮良 現
石川勇作 40 石垣 新
上門孝子 67 大浜 元
我喜屋隆次41 大浜 現
後上里厚司52 大川 新
新里新八郎70 明石 新
砂川佳之 51 美崎町 新
砥板芳之 48 浜崎町 現
友寄永三 57 平得 現
仲間均 68 大川 現
長山家康 30 新川 現
朿内原とも子 61 白保 現
福島英洋 59 大浜 新
箕底用一 37 新川 現
米盛初恵 51 登野城 現

yae2018 08071
8月7日の八重山毎日紙面

8月2日 八重山毎日
告示まで1カ月 3市町議選 計52人が出馬予定

yae3市町議員立候補予定者
3市町議員立候補予定者

3市町議会議員選挙は9月の告示まで残り約1カ月となり、現段階で計52人が出馬の意向を固めている。市議選(定数22)は同2日告示、同9日投開票。竹富町(定数12)と与那国町(定数10)は同4日告示で、竹富町は9日の投票、10日の開票、与那国町は9日の投開票となってる。告示翌日から期日前投票が始まるため、各予定候補者はこの1カ月の前哨戦を重視、支持を拡大して選挙戦に突入する考えだ。

市議選では、中山義隆市長が受け入れを表明した陸自配備計画の是非が大きな争点。与野党の現勢力は11人と同数となっており、改選後にどう変化するかが焦点となる。

現段階までに出馬の意思を固めたのは現職15、新人9、元職3の計27人。

現職では、中山市長への職務強要事件で無罪を訴えて公判中の今村、伊良皆両氏が流動的。取材に対し「出馬するかどうか調整している」「今週中に後援会の幹部会を開き、出馬するかどうかの最終的な決断をする」とそれぞれ話した。

両氏が出馬を見送った場合、野党系の現職勇退組は福島英光氏、﨑枝純夫氏、小底嗣洋氏を加え5人となる。与党系は知念辰憲氏、大石行英氏の2人。

中山市長に対するスタンスは与党系16人、野党系11人。ただ、与党系には「是々非々」「中立」と一定の距離を保つ考えを示す予定候補者もいる。

3月の市長選で砂川利勝氏の選対本部長を務めた箕底氏は選挙以降、保守系野党だったが、市長選で現職を推薦した日本維新の会沖縄県総支部から砂川佳之氏とともに推薦決定を受けているため、与党的立場になるとみられる。

市長選に伴い市議を辞職した革新系の宮良操氏(62)は、地盤の白保地区から後継を擁立しようと最終調整に入っている。不発に終わった場合は後援会に委ねる考えを示しており、再登場する可能性も。

このほか、唯一の党公認だった現職の﨑枝氏の不出馬に伴い、社大党八重山支部に新人擁立の動きがあるが、具体化には至っていない。

竹富町議選 無投票の可能性も/12人が出馬の意向

竹富町議選は現職9、新人3の計12人が出馬の意向を固めている。無投票の可能性も出てきたことから、関係者からは「無投票だけは避けたい」との声が出ており、候補者擁立の動きが加速しそうだ。

新人では、元町職員の前石野裕和氏(59)=波照間=、自営業の山下義雄氏(40)=西表干立=が1日までに出馬への態度を明示。

勇退を表明していた現職の渡久山康秀氏(70)=西表中野=は後継者との調整がつかず勇退を撤回、3期目を目指す。

このほか、西表西部で元教頭の60代男性、黒島で60代女性の名前も挙がっているが、「検討中」としている。

西大舛髙旬町長に対しては与党系7人、中立2人、野党系3人となっているが、町議選は島の代表を選ぶ傾向が強いため、「是々非々」の立場を重視する。

与那国町議選 勢力図変化が焦点/13人が出馬予定

今町議選から議員定数が6から10に拡大する。これまで与野党ともに人選が難航して無投票の可能性が高まっていたが、新人で新たに農業・杉本英貴氏(57)=祖納=、自営業の喜久山和弘氏(58)=祖納=、会社員の鈴木修氏(51)=祖納=が名乗りを上げており、与党6、野党7の計13人の予定候補者で固まりそうだ。

最大の焦点は与野党勢力図の変化。外間守吉町長は、集大成と位置づける4期目で公約を強く進めたいが、少数与党のため議会対策に苦慮。与党2に対して野党4となっており、議長を出しても野党側が3対2で過半数を占めている。

島内では与野党双方が過半数の獲得に向け、現職6人、元職1人、新人6人が、外間守吉町長の支持・不支持を巡って水面下で後援会との調整に奔走。告示まで激しい前哨戦を繰り広げる。

2016年3月の陸自沿岸監視部隊の配備後初の町議選となっており、約200票と言われる「自衛隊票」の行方も注目される。

町長選落選以降、町議復活の望む声が多く、陸自配備を中心となって推進した前職の糸数健一氏(64)=祖納=が態度を明確にしていない中、激しい集票合戦が繰り広げられそうだ。



石垣島陸自配備予定地周辺の水の流れ

yae2018 08061
8月6日の八重山毎日紙面

yae2018 08021
8月2日の八重山毎日紙面

yae2018 08011
8月1日の八重山毎日紙面




7月27日、石垣市役所前で
「市民の声を聞かない市長への抗議と申し入れ」の緊急行動。




yae2018 07281
7月27日の八重山毎日紙面 西表(竹富町)の方より

7月28日 八重山毎日
市長、抗議門前払い 陸自配備受け入れ

yae33900抗議は受けない
石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の抗議に、「抗議は受けない」との中山義隆市長の意向を伝える市職員ら=27日午前、市役所

連絡会「職務放棄」上原代表ら30人、猛反発
 
平得大俣への陸上自衛隊配備計画をめぐり、中山義隆市長は27日、市役所へ抗議に訪れた「石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会」(共同代表・上原秀政、金城哲浩、波照間忠、嶺井善、八重洋一郎)の上原代表らに、「賛成反対の意見を聴いて市の方針を決定したので抗議は受けない」との意向を職員を通して伝えた。メンバーは「自衛隊問題に限らず、方針を決定した場合は市民と会わないのか。市長の職務を放棄している」などと猛反発した。
 
中山市長が18日、配備計画への協力体制を構築して適正に行政事務手続きを進めていく、との受け入れを表明したことに対し、連絡会は19日、「判断基準に大きな疑問を感じるとともに、市民や議会を軽視した誠意のないやり方」として抗議する声明を発表した。
 
連絡会は同日以降、市長との面談を求めてきたが、市側は拒否し続けてきたため、この日、抗議行動と面談要請を行った。
 
約30人が玄関前に集まり、「市長は18日に最終判断したので、市民の意見は聞かない、聞く必要がないという態度。市長の対応は自治基本条例、住民自治を踏みにじるもので、絶対容認することはできない」とする抗議内容を確認、上原代表ら4人が市長室に出向き面談を求めた。
 
自治条例は第23条で「執行機関は、市政に関する市民の意見、要望、苦情等に誠実、迅速かつ的確に対応するとともに、その結果について速やかに市民に応答しなければならない」と規定する。
 
抗議には、知念永一郎総務部長と翁長致純総務課長らが対応、市長の意向を伝え、市長室への通路入り口で制止した。
 
上原氏らは「市民の声を聞かない市長への抗議」と題する文書と公開質問状を手渡し、「僕らは引き下がらない。何回も来る。市民として会う権利がある」「住民自治の立場からこれでいいのか」などと声を上げた。
 
連絡会側は「自衛隊問題では市民との面談に応じない理由」「市民との面談に応じなくても良いとする法令上の根拠」について1週間以内の回答を求めている。知念部長らは取材に「市長に伝える」とした。



7月28日 八重山毎日
記者席:規則に従うも市民の声届かず

「市民の声を聞かない市長」と石垣市役所を抗議に訪れた石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会のメンバー。約30人が玄関前に集まったが、庁舎管理規則では大勢で入るのを制止され、上原秀政共同代表ら4人が出向いたが、通路入り口で職員に「市長は抗議は受けない」と制止された。市長室が遠い。


sinpou2018 072808
7月28日の琉球新報紙面

times2018 07286
7月28日の沖縄タイムス紙面


7月27日のMUさんのFB動画より



「I Love いしがき」さんのFB投稿より

2018 0727ilove01

公開質問状
公開質問状
抗議声明
市民の声を効かない市長への抗議声明





yae2018 0722a
7月22日の八重山毎日紙面 西表(竹富町)の方より


こんなものが島中を走り回ります! そのため島中が標的にされます!
石垣島、宮古島、沖縄島、奄美大島に配備される「陸自12式地対艦ミサイル」

7月12日、ハワイ・カウアイ島での「RIMPAC 2018」
陸自12式地対艦ミサイル発射実写映像

Missiles And Torpedo Sink Ship • SINKEX RIMPAC 2018
https://www.youtube.com/watch?v=sOC4yNkIttQ



Live fire SINKEX from land-based missiles and a submarine torpedo sinks the decommissioned USS Racine (LST-1191) on July 12, 2018 in the Pacific Ocean during Rim of the Pacific (RIMPAC)exercises.
米海軍退役戦車揚陸艦を標的に撃沈訓練、陸自は12式地対艦ミサイルを連射、米原潜が魚雷発射し撃沈。


「宮古島・石垣島に続き、陸自沖縄島にも地対艦ミサイル(SSM)配備」より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-589.html

参考資料

地対艦ミサイル SSM (surface-to-surface missile)
12式地対艦誘導弾(ミサイル)三菱重工業製造(88式地対艦誘導弾の後継機)

Wikipediaより

ミサイル直径:約0.35m ミサイル全長:約5m ミサイル重量:約700kg
推進方式:固体燃料ロケットモーター(ブースター)+ターボジェットエンジン(巡航用)
誘導方式:中途航程 INS・GPS 終末航程 ARH
射程:公表していないが、百数十km~約200km(哨戒機のレーダーによる目標艦船の位置情報を受け取れた場合)
無い場合は水平線の彼方の目標は狙えません。
海岸に面した山の背後から発射すると、あらかじめプログラミングされたコースにしたがって山腹をう回、洋上に出て低高度で飛翔し目標に命中させることができる。

システムは以下により構成

捜索標定レーダー装置:2基(73式小型トラックに搭載)
中継装置:1基(同上)
73式小型トラック

指揮統制装置:1基(73式大型トラックに積載)
射撃管制装置:1基(同上)
73式大型トラックに積載

発射機搭載車両:1-4輌 及び誘導弾6発(1輌当たり)
全長:約11m全幅:約2.5m全高:約3.4m車両重量:24.8t牽引能力:約15tクレーン能力:約12t乗員:3名
12式地対艦誘導弾

弾薬運搬車:1-4輌 及び誘導弾(予備弾):(1輌あたり6発を7tトラックに搭載)
73式大型トラックに積載

システム全体の構成は88式と同様であるが、発射機搭載車両は重装輪回収車と共通の車体に発射機を搭載したものに変更され、誘導弾体を収める容器(キャニスター)は角型に変更されており、03式中距離地対空誘導弾の発射装置搭載車両に類似。

88式地対艦誘導弾より射撃に関する能力の向上 目標情報更新能力の向上目標大小判別能力と指揮統制機能の向上命中点のばらつき低減再装填時間の短縮残存性の向上 同時弾着機能の高精度化高射角での発射が可能地形追随機能の向上誘導については従来の慣性誘導(中間)+アクティブ・レーダー・ホーミング(終末)に加え、中間誘導にGPS誘導が追加されている。

車載型で島内各地に展開し、はじめは固体燃料ロケット(ブースター)により高射角で発射され、途中でターボジェットエンジンによる巡航ミサイルモードに移り、海上、航空自衛隊の哨戒機から目標艦船の位置情報を受け取り、GPS信号で自分の位置を確認しながら飛ぶ「GPS誘導」を利用し、最終段階では本体搭載のレーダーで目標の艦船を捕捉しつつ(アクティブ・レーダー・ホーミング)海面すれすれに飛んで、ピンポイントで弾着・破壊する兵器です。発射機搭載大型車両に積まれた6本の四角い筒(キャニスター)に6基のミサイル本体が入っており、同時に6つの対象を攻撃できます。

車両重量に誘導弾6発の重量9t、さらに発射機の重量を加えると全重量は40t近くになる巨大な発射機搭載車両が何台も、指揮管制装置車、弾薬・予備弾運搬車などの車両群を引き連れて島中を走り回ります。



再掲

入札から着工までの経緯「宮古島千代田」の場合をページ最下段に掲載していますご参照ください。

石垣市の5月31日付立ち入り申請許可書
立ち入り申請許可2018 0531


yae2018 06101
6月10日の八重山毎日紙面 西表(竹富町)の方より


許せない!市民連絡会の中止要請を無視、
沖縄防衛局は年内着工を目指し6月8日入札等の公告を強行。

沖縄防衛局6月8日付の入札等の公告一覧:
石垣島駐屯地(仮称)の用地取得に係る不動産鑑定評価業務


01不動産鑑定評価業務
01不動産鑑定評価[1]
石垣島駐屯地(仮称)補償物件調査業務

02補償物件調査業務
02補償物件調査[1]
石垣島駐屯地(仮称)用地測量業務

03用地測量業務
03測量業務[1]
陸自石垣島(30)測量等調査

04測量等調査
04測量等調査[1]
陸自石垣島(30)基本検討

05基本検討
05基本検討[1]
陸自石垣島(30)現況調査

06現況調査
06現況調査[1]


参考:入札から着工までの経緯「宮古島千代田」の場合

2016/12/31
宮古島陸自配備、用地取得に不動産鑑定年明け早々評価業務入札。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-274.html
2017/01/24
宮古島への陸自ミサイル部隊配備、地元の反対にもかかわらず予定地千代田カントリーでボーリング調査開始、
駐屯地設計業務など発注。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-290.html
2017/09/02
宮古島陸自配備予定地「千代田カントリー」国と同意書交わし9月24日閉鎖、土地の売買契約へ。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-463.html
2017/09/27
「千代田カントリー」の地権者の大半が同意、10月にも正式契約か? 宮古島への陸自ミサイル部隊配備。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-479.html
2017/10/04
宮古島陸自配備「千代田カントリー」敷地造成工事着工真近か?
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-485.html
2017/10/16
宮古島陸自配備、「千代田カントリー」来年早々1月に隊舎宿舎の建設工事着手。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-500.html
2017/10/18
防衛省、宮古島陸自配備予定地「千代田カントリー」の土地取得・売買契約完了。まもなく敷地造成工事に着手か。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-502.html
2017/10/31
宮古島への陸自ミサイル部隊配備、千代田カントリー陸自駐屯地敷地「造成に向けた準備工事」=造成工事を強行。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-510.html
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa



「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」

030.jpg

奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。


201803241120399b5.jpg
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo

yae2018 0613意見広告



2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html

稲川宏二さん 与那国島からの報告2016年「宮古島・石垣島の自衛隊配備を止めよう!3・30東京集会」で


おすすめ:

平和を創り出す宮古ネット通信
http://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin



「バンタ ドゥナンチマ カティラリヌン!」
与那国島の明るい未来を願うイソバの会+与那国島の自衛隊誘致に反対する住民の会
http://isobanokai.ti-da.net/



I Love いしがき
http://loveishigaki.jp/




石垣島「市民連絡会」チラシ5号

石垣市民連絡会5号チラシ表
石垣市民連絡会5号チラシ裏

石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02


石垣島「住民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg

ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ
chiyodachirasi01Rev.jpg

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏