FC2ブログ

記事一覧

市有地売却の議決を許すな!定数22名の石垣市議選、中山市長支持派13名当選(公明2含む)。

石垣島より:



関連記事:9月9日投開票の石垣市議選、「自衛隊配備」明確に反対の10名の候補者全員の当選を!
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-662.html


9月12日 八重山毎日
社説:将来に悔い残さないで

市議会が微妙な勢力図に

八重山3市町の議員選挙は翌日開票の竹富町を含め10日までにすべての議席が決まった。陸上自衛隊配備問題で注目された石垣市議会は与党会派が13議席を占める結果となった。全22議席の過半数にあたる。今後のなりゆきが注目される。

計画は前進か

議会の勢力図がどうなるかと注目されたのは陸自配備予定地の大半が市有地であることに起因する。配備のために市有地を国に売却するためには手続きとして議会の承認が必要である。与党会派が過半数を占めるということは計画が大きく前進することにつながりそうだからだ。

ただ、ことはそう単純でもないようなのだ。与党のうち組織的にも意志が固いことで定評のある公明党など一部が「慎重姿勢」をとっているからだ。この慎重派が反対に回る可能性がないとはいえないのである。公明党は元来平和を希求する政治団体として知られる。国会同様現在は与党の立場をとっているが、こと平和問題に関しては譲れない一線というものを持っているはずだ。自民党総裁3選が目前の安倍政権がやっきになっている憲法改正にも「もっと慎重に議論を」とブレーキをかける役目を果たしている。

政治に未来も

ところで今度の選挙戦で気になったのは陸自配備問題で反対の立場を貫くはずの野党候補の動き。3日攻防に突入するなか本紙が実施したアンケートで「選挙戦で重視する分野」を問われていの一番に「陸自配備問題」と答えたのはわずか2人しかいなかったのだ。大半が子育て支援や経済、農業振興、福祉と答えている。これでは本気で陸自配備に反対しているのかと疑いたくもなる。

背景には地域共同体においては高度に政治性を帯びた問題を避けて通りたいという心情がうかがえよう。「難しい政治の話より目の前の生活を楽にしてくれ」という気持ちである。そうした有権者の心に訴えるには「子育て支援」「経済振興」が一番という、いわば戦略である。その証拠に別のアンケートで陸自配備問題に特化されたら、しっかりと賛否、慎重を答えている。

もちろん、政治は生活である。目の前の課題解決に全力を傾けるのはとても大切なことだ。しかし、一方で政治は未来である。来るべき将来の問題を避け現実的対応にのみ心血を注ぐと子や孫の世代に取り返しのつかない負の遺産を残しかねないのだ。

争点隠す与党

与党候補の選挙戦はどうだったか。徹底して陸自配備問題の争点化を避けたことは明白だ。前述のアンケートでも2番目に重視している人が1人いるだけで陸自配備推進を訴えた人はほとんどいない。つまり立場を曖昧にしている。

本島北部に目を移すと名護市議選で辺野古問題で野党が1議席失い与野党同数となった。ただ、新基地反対の立場をとる公明を加えると反対が辛うじて過半数を占める結果となっている。ここでも渡具知武豊市長は辺野古で賛否を避け、一方で基地交付金は受け取るという姿勢である。

13日に県知事選が告示され、30日には投開票だ。それこそ将来の問題にしっかりと意思表示したい。


yae2018 09111
yae2018 09112
yae2018 09114
yae2018 09113
9月11日の八重山毎日紙面


赤線:「自衛隊配備」明確に反対の当選者

sinpou2018 09105a




yae2018 09101
yae2018 09102
yae2018 09105
yae2018 09103
yae2018 09104
9月10日の八重山毎日紙面

times2018 09102
9月10日の沖縄タイムス紙面


9月10日 八重山毎日
与党が過半数獲得 市議選陸自配備賛推進が多数
3市町で投票率前回下回る

yae201809101.jpg

3市町議会議員選挙は9日、投票が行われた。石垣市議選(定数22)と与那国町議選(定数10)で即日開票され、当選者が決まった。市議会では与党が13対9と過半数を獲得。平得大俣への陸上自衛隊配備計画に賛成する推進勢力は9、反対する阻止勢力は9と同数となったが、基本的に賛成の立場を示す2氏を加えると推進派が11対9と多数を確保した。一方、与那国町では与野党が同数となった。3市町の投票率はいずれも前回を下回った。  

市議選には現職15、新人11、元・前4の30人で争われ、現職13人、新人6人、前・元職3人が当選した。

公明新人の石垣達也氏が唯一1300票台超えでトップ当選を果たした。現職では与党候補全員が当選、中立系の石垣涼子氏、仲嶺忠師氏が議席を失った。

最大の関心事となった陸自配備計画をめぐり、賛否は同数と拮抗(きっこう)しているが、「慎重姿勢」の公明2氏を除く2氏が、住民合意手続きや平得大俣という場所に疑問を呈しているものの、石垣島への配備には原則賛成の立場を示している。

今選挙戦で野党系候補が配備阻止を掲げて運動を展開したが、与党系候補の多くが陸自問題に言及せず争点化を避けた印象があった。好調な経済を背景にした市政運営の安定化による地域振興、子育て支援などの政策を重点的に訴え、支持を得た。

投票は市内21カ所で午前7時から始まり、午後8時までには終了。午後9時から市総合体育館メインアリーナで開票作業が行われ、10日午前0時半ごろに当選者が確定した。

当選者の任期は9月28日から4年間。当選証書交付式は12日午前10時から市役所会議室で。改選後初の議会は28日開会する予定。初日に議長選が行われる。

県知事選に勢い

石垣市議会議員選挙(定数22)は、中山義隆市長を原則支持する与党が13対9と過半数を確保した。石垣島への陸自配備計画に賛成する推進勢力も原則賛成を含めると11人と過半数を占め、中山市長は、市政運営も平得大俣への陸自配備計画もスムーズに進めていく議会勢力を確保したことになる。30日の県知事選・県議補選にも勢いをつけた。

予定地は46㌶(市有地23・1㌶)。購入を予定する防衛省は2018年度予算で136億円を確保、測量や補償物件調査、不動産鑑定など用地取得に向けた業務を現在実施している。

用地取得の手続きは、これらの業務が終了する11月末以降になるとみられる。中山市長は、防衛省から売り払いを求められた場合、議会に提案する見通しだ。

住民合意手続きや平得大俣という場所に疑問を呈している箕底用一氏や米盛初恵氏の対応がカギを握ることになるが、中山市長は「石垣島への配備には賛成の立場」と述べ、話し合いを通して理解が得られるとの認識を示す。

防衛省と市は来年3月までに着工し、県の改正環境影響評価条例の適用を回避したい考え。

一方、専門家らが水源の影響を懸念している環境アセスの実施を求めており、これに呼応する声が高まるものとみられる。これにどう対応するかも注目されそうだ。

野党側は、反対・慎重勢力の多数確保で市有地の売却を阻止し、計画中止を狙っていたため、今後、厳しい対応を余儀なくされることは必至。今後、どう世論を巻き込んで反対運動を盛り上げていくか、正念場を迎えることになる。



与那国では反外間町長で自衛隊誘致派と旧誘致反対派が合体、過半数を獲得

9月10日 八重山毎日
与那原氏がトップ当選 与那国町議選 「平等な島づくり」を決意

yae20180910.jpg
与那国町議選開票結果

与那国町議選でトップ当選を果たした与那原繁氏(56)の陣営は、開票結果を受けて歓喜に沸いた。

昨年8月の町長選と同時に行われた町議補選に続いて勝利を手にした与那原氏はマイクを握り「トップ当選は関係ない。島に住む全ての人々が平等に暮らせる島づくりを議会の場から訴えたい」と述べた。

選挙戦では「現町政が住民に対して公正公平な政治をしていない」と外間町長への不満を訴えながら農業振興、医療・福祉、安全保障の政策を中心に訴え、地縁・血縁票に加えて自衛隊票も効果的に取り込んだ。

今後の議会では、野党多数を維持するため議長選出が注目されるなか、「議会勢力が同数であれば与党側が議長を出すのは当然」とけん制。不在が続く教育長には「適正な人材の登用に野党側と調整すべきだ」と指摘した。

選対本部顧問の糸数健一氏=祖納=は「昨年の町長選挙で島民は落ち込んだが、望みはまだある。町の発展に尽力してほしい」と期待を込めた。

外間町政に厳しい結果 町長選のしこり払拭できず

昨年8月の町長選挙から1年1カ月ぶりの選挙を迎えた与那国町議選。立候補した現職6人、前職1人、新人5人は4期目に入った外間守吉町長の「支持」、「不支持」を鮮明に今町議選から4増の10議席を争った。

今選挙戦は陸自配備後の「自衛隊」から外間町政を左右する議会の「過半数獲得」が焦点になったほか、次期町長選も見据えた流れも強まった。

外間町長支持の与党系候補6人は、盤石な保守層の確立と町長が掲げる政策推進に「与党連携」を強調。連動した票読みと新たな保守票の掘り起こしに着手も、昨年の町長選で保守分裂選挙となった”しこり”は払拭(ふっしょく)できず、自衛隊票の取り込みにも失敗した。

「反外間」を掲げる野党系候補は、新人1人と現職4人が議席の安定確保に向けて「五者会議」を結成。保革を超えた反外間の新たな勢力として手を組み、教育長の不在問題も訴えながら得票数100票を軸に議席確保を実現した。

結果、議会勢力は与野党同数の痛み分けだが、今後は採決に加わらない議長選出が焦点。外間町政は依然として厳しい船出が予想され、28日開会予定の議会は今後の動向次第で波乱の幕開けとなりそうだ。


yae2018 09091
9月9日の八重山毎日紙面

再掲

明確な配備反対の候補10名と中立の石垣涼子候補の当選で半数の11名を獲得し、市有地の防衛省への売却を止めましょう!

配備反対石垣市議候補
「I Love いしがき」さんのFB投稿写真
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


「たれうやや」さんが作成されたガイド冊子(PDFファイル)
南西諸島アクセスガイド 
https://d.kuku.lu/3f2d240cf6
奄美から南西諸島での自衛隊基地問題へアプローチするために。

沖縄アクセスガイド
https://d.kuku.lu/f353fde14f
辺野古ばかりでなく、高江や伊江島に行く際の参考に。


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏

石垣島「市民連絡会」チラシ10号

石垣市民連絡会チラシ10号01
石垣市民連絡会チラシ10号02

石垣島「市民連絡会」チラシ9号

市民連絡会チラシ9号表

石垣島「市民連絡会」4月チラシ

石垣市民連絡会4月チラシ

石垣島「市民連絡会」チラシ7号

市民連絡会7号チラシ01
市民連絡会7号チラシ02

石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「市民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg