FC2ブログ

記事一覧

千代田・保良に新事実!1月13日宮古島市中央公民館で「防衛局・防衛省交渉」報告集会開催。緊急で新城竜一琉大教授が空洞問題について詳しい説明。

宮古島より:


関連記事:陸自千代田駐屯地工事「詳細な空洞調査が必要でそれ無しの建設工事推奨されない」1月11日県庁記者クラブで、新城竜一琉大教授が記者会見。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-717.html
関連記事:東京で、12月5日「沖縄・琉球弧の軍事拡大に反対する、政府交渉、記者会見」と「交流集会」
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-707.html
関連記事:12月3日「ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会」は沖縄防衛局交渉、県知事・県議会要請、夜那覇で「防衛局交渉報告会」
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-701.html



建設中の陸自宮古島千代田駐屯地、
ヘリ(オスプレイも?)離発着、保管庫が実は「弾薬庫」、燃料タンクの下には空洞と軟弱地盤、地下水流域界の上流部にあり宮古島の水源を汚染する恐れが。断層帯(活断層?)が千代田の真ん中を走る?


講師にお願いしていました土木技術者奥間政則さんに加え、緊急で元地下水審議会学術部会の琉大の新城竜一教授が駆けつけ千代田駐屯地の空洞問題についての詳しい説明をして下さいました!



1月13日(日)宮古島市中央公民館大ホールで、
1・13「防衛局・防衛省交渉」報告集会。


0113宮古報告集会チラシ

宮古チラシ



miyakomainichi2019 01175
1月17日の宮古毎日紙面

miyakosinpou2019 01165
1月16日の宮古新報紙面

sinpou2019 01185
1月18日の琉球新報紙面


1月13日宮古島市中央公民館で「防衛局・防衛省交渉」報告集会で、新城竜一琉大教授、土木技術者奥間政則さん。
https://youtu.be/sfFUxk623V8



1月13日のS.M.さんのFBライブ動画より
1月13日に宮古島市中央公民館で開催された「防衛局・防衛省交渉」報告集会より、
緊急で元地下水審議会学術部会の琉大の新城竜一教授も駆けつけて下さり、千代田駐屯地の空洞問題についての詳しい説明をして頂きました。36分以降:土木技術者奥間政則さんのお話です。

1月14日のMさんのFB投稿より

琉球大学 新城先生
①ボーリング調査を各所ともほぼ夜間に行うという突貫工事!
②空洞の詳しい調査及びそれに基づく空洞補強工事をせずにボーリングの穴を埋めてしまった。
③ありえない数値(摩擦の値がゼロとか)を元にした計算は無意味

土木技師 奥間政則さん
④琉球石灰岩は「骨粗鬆症」と同じ構造。スカスカなのに加えて、バラツキがあり地盤改良工事は大変である
④ボックスカルバート、弾薬庫(の格納)に使われる
( 水路や暗渠が予定されていないから何に使うのかと思ったら、弾薬庫だったのか!)
⑤オスプレイ、高江で分かったことは、高熱を発することにより化学物質が生じる
(宮古島なら、地下水汚染につながる恐れもあるのでは?)
⑥(地盤の問題や地震などで)燃料タンク自体は壊れなかったとしても、配管は切断されてそこから燃料が漏れる

1月15日のS.M.さんのFB投稿より

奥間さんが最後に指摘した最も大切な事は断層の問題。
空洞を補填剤などで強化しても、燃料タンクを強固なものにしても、断層が動いた時はタンクや弾薬庫は大きくかたむき、接続部分がちぎれ燃料が噴き出す。それを防ぐ手段は無い。
断層二つに挟まれた保良の弾薬庫も危険性は同じ。
地下水で生活し、柔らかい石灰岩と断層だらけの島に基地建設は無理。

1月15日のS.M.さんのFB投稿より
図は宮古島市水道水源地下水流域図

2019 0115saito03

W6は上野、赤丸は千代田駐屯地工事現場。緑のラインは南岸の大型観光開発プロジェクトが進んでいるエリア。

現在水道水源保全地域になっている場所が青いエリア。この青い部分だけでは数万人増加する観光客に対応できないので新たな水道水源の開発がW6とw5のエリアで検討されている。大きな地震で断層が動き千代田駐屯地の燃料配管が破損すると海へ向かて傾斜しているW6とW5の地下水源を汚染する、間違いなく現在進行中の観光プロジェクトが水道水源を失い大きな打撃を受ける。

観光開発だけを進めインフラの安全を脅かす基地建設を容認する市長を変えなければならない。当然、下地・上野地域の農業用水も壊滅的な汚染を受ける。



報告集会配布資料 (文責 清水早子)

① 報告会資料表紙 1ページ目

①報告会資料1ページ目

② 防衛局の土質調査報告書の疑義事項(研究者のコメント) 2、3ページ目

防衛局の土質調査報告書の疑義事項0001
防衛局の土質調査報告書の疑義事項0002

③ 82ページ(防衛局開示資料) ・・・  研究者の以下のコメントの箇所   
  ●報告書の地盤定数に疑義がある。
  報告書82ページに掲載された表4.2.1の地盤定数一覧表

③82ページ

④ 46ページ、47ページ(防衛局開示資料) ・・・ 68ページの 東西方向のA~pの断面を土質の硬度別に色分けして示したもの
  青い部分は、軟弱で、空洞などを示している。
  南北方向につながっていて、断層と対応していると言える。
  ※研究者のコメントの「●断層の疑があるリニアメント(線構造)」のページに説明あり
                                   
④46ページ
④47ページ

⑤ 68、69ページ、土質報告書抜粋土質報告書抜粋(防衛局開示資料) ・・・ 赤い円や楕円は、「空洞」を示している。
  黒塗りで隠れている部分の下にもたくさんの「空洞」の赤丸がある。
  つなぐと、直線状にならんでいる。断層に対応している。
  ※研究者のコメントの「●断層の疑があるリニアメント(線構造)」のページに説明あり

⑤68、69ページ、土質報告書抜粋01
⑤68、69ページ、土質報告書抜粋02

断層帯地図(最終) 

断層帯地図(最終)
                                  
⑥ 12月3日に防衛局に提出した質問書(12月末日までに回答を求めたが、未だになし)
再掲

12月3日の沖縄防衛局あて質問書

沖縄防衛局局長 中嶋浩一郎様

質問書
                           
以下の質問に、文書で、12月末日までにご回答ください。
            
1 千代田駐屯地建設工事について
・地下水保全の観点から
1 市に申請済の基地稼働後の使用する水道水1日あたり650tの積算根拠を示せ
2 工事車両のタイヤの洗浄水は、どこから取水しているか?
3 散水車で運ばれる水は、どこから持ってきているか?
4 赤土防止対策である「沈砂池」の水の行方は?
5 雨水集積パネル」の埋設量と埋設場所は?
6   〃     の設置目的と、構造は?
7   〃     のメーカーと素材と耐久性(劣化したときの環境、地下水への影響)と購入金額は?
8 給排水施設図」の中の「受水槽」「雨水浸透施設」「浄化槽」「蒸発散施設」の設置目的、構造、機能について、具体的な説明を求める※別紙添付
9 工事中の排水処理はどのように行っているか?※別紙添付
10 完成後、施設ごとに予想される排水量を示せ
11 完成後の下水排水処理、薬剤や洗浄剤による汚染水や有害物質の浄化排水処理に ついて、どのように行うか、具体的に説明せよ※別紙添付
12 基地内で使用される薬剤、洗浄剤、有機溶剤など、その種類と量を具体的に示せ
13 地下水汚染の有無のチェック機能はどのようになされるか?
14 千代田元CC周辺の労働者仮設住宅用地の面積は?いつまで使用するのか?その用地と住宅資材(プレハブ)は、工事終了後どのように扱うのか?
15 千代田工事関連の資材置き場・現場事務所・車両置き場等関連用地を全て地図で記し、その合計面積を示せ

・給油施設について
16 燃料タンクに備蓄する燃料の種類と用途と備蓄量は?燃料の交換までの使用期限は?
17 燃料タンク1基の容量と何基埋設されたか?
18 ジェット燃料の備蓄量と用途とその交換までの使用期限は?
19 給油施設の排水処理はどのように行うか?※別紙添付
20 自家発電用の軽油が持ち込まれているが、その発電量を示せ

・御嶽について
21 10000㎡以上あったウタキの面積が現在4000㎡くらい(半分以下)になってい るが、最終的には約2000㎡になるのか?※別紙添付
22 開示された文書によると、工事中もウタキでの祭祀は約束されているが、その通りか?
23 基地完成後の、ウタキへの出入りは、住民の意思で実施可能か?何か制約があるか?出入りに関する対応窓口はどこか?
24 井戸(パルガー)を埋めてしまったこと、ウタキの樹木切り過ぎていることは、地域住民との約束違反ではないのか?※別紙添付
25 ウタキについて開示文書はあるが、文化財である風葬墓についてはないのはなぜか?扱いはどうなったか?

・その他
26 千代田には、地対艦・地対空ミサイル本体を置くと説明されているが、弾薬は置くのか?
27 千代田の駐屯地に、ヘリの飛来はないのか?オスプレイの訓練・運用はないのか?
28 グラウンド予定地の地下構造を示す図面を明示せよ
29 2015年5月11日に当時の左藤防衛副大臣から宮古島市長へ説明された宮古へ配備予定の「司令部」はどこに作るのか?
30 2015年に同様に説明された「水陸機動団」の訓練はどこで行うのか?その関連施設は作られるのか?
31 今年2月に請求し、5月に開示された文書によると、住民説明会で公表された千代田の施設配置図が、開示文書では、黒塗りにされていたが、その根拠は何か?
設計や工事内容に変更があるのか?※別紙添付
32 千代田駐屯地建設に係る購入資材の種類とメーカーを金額の大きい順に10位まで示せ
33 千代田に保管される小火器と弾薬の種類とその量と保管場所を示せ
34 千代田の駐屯地から排出予定のゴミの試算と特殊ゴミの処理方法を明らかにせよ
35 造成工事に置いて発生した産廃の経路を確認できる産業廃棄物処理のマニフェストを明示せよ
36 工事現場の緊急連絡先(090-6866-6972)は防衛局職員か?防衛局職員は常駐しているか?防衛局職員がいないときの緊急対応は誰がするのか?
37 生活物資の輸送手段は? 防衛装備品の輸送手段は?
38 千代田域外の周囲道路に、導水管敷設工事をぐるっと1周するように工事中であり、導水管は直径350mmもの大口径の水道管を使うことになっているが、コストがかかり、 非効率にもかかわらず、このように1周する理由は何か?
島全体の水事情からいってこれだけの大口径の布設がなぜ必要なのか、もし枯渇の問題が出てきた場合、基地だけは水を共有するような扱いをするためか?
39 施設建設に関し災害防止に十分配慮する要件が充足されていない
2018年3月まで市地下水審議会の学術委員で地質学の専門家が、「千代田地区の陸自基地の建設現場は、地下に断層が存在している。したがって断層の上に基地建設を行うことは、断層にずれが生じたとき、基地建設を行ったがために深刻かつ重大な被害が発生する可能性がある」と指摘している。本来国の防衛のための施設の建設をするに当っては予防原則的に考えればこのような場所の選定を行うことは不適切だと思われる。このようなことを知った上での場所の選定であったのか?
また、基地建設に伴い被害が生じた場合には誰がどのような責任をとるのか?
具体的に説明を求める ※別紙参照
40 施設建設予定地周辺の地下水脈など環境調査の報告がなされていない
宮古島の断層の周囲には通常地下水脈の存在が指摘されている。宮古島で最大の水源水脈である白川田水源も水脈のいくつかは地下で繋がっている個所も存在する。宮古島が生活用水のすべてを地下水に頼っている国内でもまれな島で、その量と質を保つため、1965年日本で初めて、地下水保全に関する条例「宮古島地下水保護管理条例」を制定し、2009年その条例を進歩させ、地下水を「公水」と位置づけ、適正に管理し、住民がその恩恵を受けられるよう「宮古島市地下水保全条例」を定めている。そのような宮古島の地下水環境の状況を考慮すれば、島の中央の高台に陸自関連施設を建設するにあたり、水道水源の保全流域に関わらず、みんなの地下水(公水)を守るという観点から、基地建設現場や周辺の地域の断層や地下水などの事前調査と市民への情報開示は必要と考えるがそのことに関して明確な説明を求める
41 千代田工事現場内外の稀少な動植物に関する環境調査の結果と、どのような保全対策したのか説明せよ
42 下地島空港の軍民共用は今後ありえないと言えるか?
43 保管庫予定地当たりに置かれているボックスカルバートの用途は何か?
保管庫の容積、構造、何を保管するのかを明示せよ
44 千代田ゴルフ場の伐採木の量と、その後チップ材にして埋め戻すとのことだったがどのように処理したか?
45 千代田の駐屯地建設工事関係で、防衛局から宮古島市に許可を求めて申請したものはどのような工事で、何件あるか?

2 保良の弾薬庫建設予定地について
46 予定地の売買契約の進捗状況は?
47 弾薬庫、射撃訓練場について、配置図、構造図など具体的に示せ
48 隊舎、野外炊事場、野外訓練場など、地域住民に説明のない施設建設のための
調査事業の入札が行われたが、落札情況と落札業者名を明らかにせよ
49 上記施設について建設計画を市民に詳細に説明すること、何のための野外炊事場  か?
50 11月14日、滋賀の陸自饗庭演習場で訓練中、民間地に着弾、民間車両が被害に遭う事故が起こっているが、保良での訓練の内容を具体的に明示せよ
51 自衛隊が保持している弾薬庫の内、宮古島に建設予定の弾薬庫と同規模のすべての弾薬庫について、弾薬庫から最も近い民家までの距離および最も近い集落までの距離を明示せよ
52 自衛隊が保持している弾薬庫の内、宮古島に建設予定の弾薬庫と同規模のすべての弾薬庫について、資料を開示せよ
53 弾薬庫建設予定地の保良鉱山の地下に地下水があることは、宮古島市水道局の地下ダム関係資料で明らかである。もしも弾薬庫内で環境汚染が起きた場合には、即座に地下水汚染、海洋汚染に繋がる可能性があるため、環境アセスメントを行うことが必要である。防衛省の見解を求める
54 保良の工事関連の資材置き場はどこに作る予定か?その予定面積は?
55 宮古島市は保良に新しく水源開発をする予定であるが、弾薬庫予定地との位置関係を示せ

3 千代田建設現場で働く労働者について
56 総計のべ何名の労働者が作業に従事しているか?
57 建設労働者の作業種別に賃金を示せ
58 島外からの建設労働者の賃金と、島内在住の労働者の賃金に格差はないか?
59 同一労働同一賃金が守られているかどうかを確認しているか?
60 健康保険証を保持していない労働者はいるか?
61 昨年10月より開始の工事の現在に至るまでの、労災事故の数を明示せよ
62 外国人労働者の国籍、就労者数、労働条件(賃金、労働時間、休日、健康保険適用の有無など)を明示せよ
63 外国人労働者をどこで募集し、どのような手順と経緯を経て宮古島へ至っているか?
64 千代田の建設現場内には、地下水審議会の学術委員である地質学の専門家からも断層の存在が指摘されており、防衛局からの開示文書(B847の6頁)にも、調査機関から断層の存在が明らかになっている。にもかかわらず、なぜ、工事を強行するのか?見解を求める。

追加:
65 開示文書(B847 14頁)の、「ボーリング調査」によるNo.10、No.11地点の土壌に関するデータについて、「土壌のN値が3まで低下する」「14m~17mまでは砂礫状。17mから17.85mは空洞」とあるが、この場所は、予定では「燃料タンクの埋設されている給油施設」の下のあたるのではないか?このような軟弱かつ空洞のある場所に、700トンもそれ以上もの燃料を埋設することは、住民を危険に晒すことである。即刻、工事を中断し、計画を見直すべきである。見解を求める。
66 住民説明会では公開されていない「埋設管計画平面図」(工事会社の事務所に掲示されていたもの)によると、「保管庫」の大きさが、説明会で公表されたもの(160㎡)とまったく違って、非常に大きな面積であるが、これはどういうことか?また、この場所は、完成イメージ図によると、「弾薬庫」のような外観であるが、「弾薬」の保管庫なのか?
67 地対艦・地対空ミサイルは千代田のどこに保管するのか?

2018年12月3日
                 
ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会
共同代表  奥平一夫
共同代表  仲里成繁
事務局   清水早子
(住所以下は略)

⑦ 12月5日に東京の防衛省本省に、6地域合同で提出した質問への、不十分極まりない唯一の回答
    (地盤強化の改良工事をしたという回答はなく、非常に消極的な回答で、何も対策していないことが見て取れる)
 
⑤防衛省回答01
⑤防衛省回答02
⑤防衛省回答03[1]
⑤防衛省回答04



miyakomainichi2019 01132
1月13日の宮古毎日紙面

miyakomainichi2019 01091
1月9日の宮古毎日紙面


miyakomainichi2018 12231
12月22日の宮古毎日紙面



12月21日のS.M.さんのFB動画より
12月21日、防衛局交渉に関しての「住民連絡会」と「平和運動センター」合同の記者会見。




重大な問題点が発覚!!

(1)断層があること(防衛省の開示資料にある・・・防衛省が調査させている資料に!)
別添1

(2)保管庫が、実は「弾薬庫」であること(業者の事務所前の「配管平面図」(非公開)の写真を撮って判明した)市民に公表されている図面と規模や面積が全く違うこと

配管図
完成イメージ図

(3)ボーリング調査の結果(防衛省の開示資料より)、給油施設(100トンの燃料タンクを7基埋設した場所)やグラウンド(ヘリパッド)の地下に地盤が軟弱で、空洞まであること(地下水汚染のおそれがある!)

ボーリング実施箇所

(4)ウタキを7,300㎡残すと12月3日交渉で沖縄防衛局は言ったが、すでに4,000㎡しかないこと井戸を埋めないと、地域住民と事前に話し合っていたのに、埋めてしまったこと(開示資料より)、

千代田の建設現場内の「ウタキ(御嶽)」は、当初10000㎡あり、現在4000㎡くらいに、半分以下になっている。「平成28年8月14日」の防衛局と地域住民との話し合い(以下の文書)では、「残す」と線引きした範囲は、約2300㎡である。ところが、2018年12月3日の沖縄防衛局と私たち「ミサイルいらない宮古島住民連絡会」との交渉では、「7300㎡を残す」と言った。なぜこのように、説明が食い違うのか不明である。「(ウタキの)井戸は壊さないようにしてほしい」との要望に「配慮する」と答えていながら、2018年1月には、「井戸」を埋めてしまっている。工事期間中も、「拝みをできるように配慮する」と約束しておきながら、「拝み」はできない状況になっている。

拝所について

(5)「汚染水(下水)を散水している件」

(6)「外国人(ベトナム人技能実習生)を労基法違反の低賃金で働かせている件」


記者会見での資料
防衛局交渉報告会見用資料01
防衛局交渉報告会見用資料02
参考資料

12月3日の沖縄防衛局あて質問書

沖縄防衛局局長 中嶋浩一郎様

質問書
                           
以下の質問に、文書で、12月末日までにご回答ください。
            
1 千代田駐屯地建設工事について
・地下水保全の観点から
1 市に申請済の基地稼働後の使用する水道水1日あたり650tの積算根拠を示せ
2 工事車両のタイヤの洗浄水は、どこから取水しているか?
3 散水車で運ばれる水は、どこから持ってきているか?
4 赤土防止対策である「沈砂池」の水の行方は?
5 雨水集積パネル」の埋設量と埋設場所は?
6   〃     の設置目的と、構造は?
7   〃     のメーカーと素材と耐久性(劣化したときの環境、地下水への影響)と購入金額は?
8 給排水施設図」の中の「受水槽」「雨水浸透施設」「浄化槽」「蒸発散施設」の設置目的、構造、機能について、具体的な説明を求める※別紙添付
9 工事中の排水処理はどのように行っているか?※別紙添付
10 完成後、施設ごとに予想される排水量を示せ
11 完成後の下水排水処理、薬剤や洗浄剤による汚染水や有害物質の浄化排水処理に ついて、どのように行うか、具体的に説明せよ※別紙添付
12 基地内で使用される薬剤、洗浄剤、有機溶剤など、その種類と量を具体的に示せ
13 地下水汚染の有無のチェック機能はどのようになされるか?
14 千代田元CC周辺の労働者仮設住宅用地の面積は?いつまで使用するのか?その用地と住宅資材(プレハブ)は、工事終了後どのように扱うのか?
15 千代田工事関連の資材置き場・現場事務所・車両置き場等関連用地を全て地図で記し、その合計面積を示せ

・給油施設について
16 燃料タンクに備蓄する燃料の種類と用途と備蓄量は?燃料の交換までの使用期限は?
17 燃料タンク1基の容量と何基埋設されたか?
18 ジェット燃料の備蓄量と用途とその交換までの使用期限は?
19 給油施設の排水処理はどのように行うか?※別紙添付
20 自家発電用の軽油が持ち込まれているが、その発電量を示せ

・御嶽について
21 10000㎡以上あったウタキの面積が現在4000㎡くらい(半分以下)になってい るが、最終的には約2000㎡になるのか?※別紙添付
22 開示された文書によると、工事中もウタキでの祭祀は約束されているが、その通りか?
23 基地完成後の、ウタキへの出入りは、住民の意思で実施可能か?何か制約があるか?出入りに関する対応窓口はどこか?
24 井戸(パルガー)を埋めてしまったこと、ウタキの樹木切り過ぎていることは、地域住民との約束違反ではないのか?※別紙添付
25 ウタキについて開示文書はあるが、文化財である風葬墓についてはないのはなぜか?扱いはどうなったか?

・その他
26 千代田には、地対艦・地対空ミサイル本体を置くと説明されているが、弾薬は置くのか?
27 千代田の駐屯地に、ヘリの飛来はないのか?オスプレイの訓練・運用はないのか?
28 グラウンド予定地の地下構造を示す図面を明示せよ
29 2015年5月11日に当時の左藤防衛副大臣から宮古島市長へ説明された宮古へ配備予定の「司令部」はどこに作るのか?
30 2015年に同様に説明された「水陸機動団」の訓練はどこで行うのか?その関連施設は作られるのか?
31 今年2月に請求し、5月に開示された文書によると、住民説明会で公表された千代田の施設配置図が、開示文書では、黒塗りにされていたが、その根拠は何か?
設計や工事内容に変更があるのか?※別紙添付
32 千代田駐屯地建設に係る購入資材の種類とメーカーを金額の大きい順に10位まで示せ
33 千代田に保管される小火器と弾薬の種類とその量と保管場所を示せ
34 千代田の駐屯地から排出予定のゴミの試算と特殊ゴミの処理方法を明らかにせよ
35 造成工事に置いて発生した産廃の経路を確認できる産業廃棄物処理のマニフェストを明示せよ
36 工事現場の緊急連絡先(090-6866-6972)は防衛局職員か?防衛局職員は常駐しているか?防衛局職員がいないときの緊急対応は誰がするのか?
37 生活物資の輸送手段は? 防衛装備品の輸送手段は?
38 千代田域外の周囲道路に、導水管敷設工事をぐるっと1周するように工事中であり、導水管は直径350mmもの大口径の水道管を使うことになっているが、コストがかかり、 非効率にもかかわらず、このように1周する理由は何か?
島全体の水事情からいってこれだけの大口径の布設がなぜ必要なのか、もし枯渇の問題が出てきた場合、基地だけは水を共有するような扱いをするためか?
39 施設建設に関し災害防止に十分配慮する要件が充足されていない
2018年3月まで市地下水審議会の学術委員で地質学の専門家が、「千代田地区の陸自基地の建設現場は、地下に断層が存在している。したがって断層の上に基地建設を行うことは、断層にずれが生じたとき、基地建設を行ったがために深刻かつ重大な被害が発生する可能性がある」と指摘している。本来国の防衛のための施設の建設をするに当っては予防原則的に考えればこのような場所の選定を行うことは不適切だと思われる。このようなことを知った上での場所の選定であったのか?
また、基地建設に伴い被害が生じた場合には誰がどのような責任をとるのか?
具体的に説明を求める ※別紙参照
40 施設建設予定地周辺の地下水脈など環境調査の報告がなされていない
宮古島の断層の周囲には通常地下水脈の存在が指摘されている。宮古島で最大の水源水脈である白川田水源も水脈のいくつかは地下で繋がっている個所も存在する。宮古島が生活用水のすべてを地下水に頼っている国内でもまれな島で、その量と質を保つため、1965年日本で初めて、地下水保全に関する条例「宮古島地下水保護管理条例」を制定し、2009年その条例を進歩させ、地下水を「公水」と位置づけ、適正に管理し、住民がその恩恵を受けられるよう「宮古島市地下水保全条例」を定めている。そのような宮古島の地下水環境の状況を考慮すれば、島の中央の高台に陸自関連施設を建設するにあたり、水道水源の保全流域に関わらず、みんなの地下水(公水)を守るという観点から、基地建設現場や周辺の地域の断層や地下水などの事前調査と市民への情報開示は必要と考えるがそのことに関して明確な説明を求める
41 千代田工事現場内外の稀少な動植物に関する環境調査の結果と、どのような保全対策したのか説明せよ
42 下地島空港の軍民共用は今後ありえないと言えるか?
43 保管庫予定地当たりに置かれているボックスカルバートの用途は何か?
保管庫の容積、構造、何を保管するのかを明示せよ
44 千代田ゴルフ場の伐採木の量と、その後チップ材にして埋め戻すとのことだったがどのように処理したか?
45 千代田の駐屯地建設工事関係で、防衛局から宮古島市に許可を求めて申請したものはどのような工事で、何件あるか?

2 保良の弾薬庫建設予定地について
46 予定地の売買契約の進捗状況は?
47 弾薬庫、射撃訓練場について、配置図、構造図など具体的に示せ
48 隊舎、野外炊事場、野外訓練場など、地域住民に説明のない施設建設のための
調査事業の入札が行われたが、落札情況と落札業者名を明らかにせよ
49 上記施設について建設計画を市民に詳細に説明すること、何のための野外炊事場  か?
50 11月14日、滋賀の陸自饗庭演習場で訓練中、民間地に着弾、民間車両が被害に遭う事故が起こっているが、保良での訓練の内容を具体的に明示せよ
51 自衛隊が保持している弾薬庫の内、宮古島に建設予定の弾薬庫と同規模のすべての弾薬庫について、弾薬庫から最も近い民家までの距離および最も近い集落までの距離を明示せよ
52 自衛隊が保持している弾薬庫の内、宮古島に建設予定の弾薬庫と同規模のすべての弾薬庫について、資料を開示せよ
53 弾薬庫建設予定地の保良鉱山の地下に地下水があることは、宮古島市水道局の地下ダム関係資料で明らかである。もしも弾薬庫内で環境汚染が起きた場合には、即座に地下水汚染、海洋汚染に繋がる可能性があるため、環境アセスメントを行うことが必要である。防衛省の見解を求める
54 保良の工事関連の資材置き場はどこに作る予定か?その予定面積は?
55 宮古島市は保良に新しく水源開発をする予定であるが、弾薬庫予定地との位置関係を示せ

3 千代田建設現場で働く労働者について
56 総計のべ何名の労働者が作業に従事しているか?
57 建設労働者の作業種別に賃金を示せ
58 島外からの建設労働者の賃金と、島内在住の労働者の賃金に格差はないか?
59 同一労働同一賃金が守られているかどうかを確認しているか?
60 健康保険証を保持していない労働者はいるか?
61 昨年10月より開始の工事の現在に至るまでの、労災事故の数を明示せよ
62 外国人労働者の国籍、就労者数、労働条件(賃金、労働時間、休日、健康保険適用の有無など)を明示せよ
63 外国人労働者をどこで募集し、どのような手順と経緯を経て宮古島へ至っているか?
64 千代田の建設現場内には、地下水審議会の学術委員である地質学の専門家からも断層の存在が指摘されており、防衛局からの開示文書(B847の6頁)にも、調査機関から断層の存在が明らかになっている。にもかかわらず、なぜ、工事を強行するのか?見解を求める。

追加:
65 開示文書(B847 14頁)の、「ボーリング調査」によるNo.10、No.11地点の土壌に関するデータについて、「土壌のN値が3まで低下する」「14m~17mまでは砂礫状。17mから17.85mは空洞」とあるが、この場所は、予定では「燃料タンクの埋設されている給油施設」の下のあたるのではないか?このような軟弱かつ空洞のある場所に、700トンもそれ以上もの燃料を埋設することは、住民を危険に晒すことである。即刻、工事を中断し、計画を見直すべきである。見解を求める。
66 住民説明会では公開されていない「埋設管計画平面図」(工事会社の事務所に掲示されていたもの)によると、「保管庫」の大きさが、説明会で公表されたもの(160㎡)とまったく違って、非常に大きな面積であるが、これはどういうことか?また、この場所は、完成イメージ図によると、「弾薬庫」のような外観であるが、「弾薬」の保管庫なのか?
67 地対艦・地対空ミサイルは千代田のどこに保管するのか?

2018年12月3日
                 
ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会
共同代表  奥平一夫
共同代表  仲里成繁
事務局   清水早子
(住所以下は略)



相変わらずの「木で鼻をくくったような」回答でした、
12月5日の防衛省交渉での宮古関連の質問に対する回答
1205防衛省交渉宮古への回答

防衛省開示データ
開示データ①断層開示データ②比較開示データ③土壌開示データ④N値01開示データ④N値02

千代田地区工事の問題点
千代田地区工事の問題点01[1]
千代田地区工事の問題点02[1]
千代田地区工事の問題点03[1]
千代田地区工事の問題点04[1]
千代田地区工事の問題点05[1]
千代田地区工事の問題点06[1]
千代田地区工事の問題点07[1]
千代田地区工事の問題点08[1]


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


「たれうやや」さんが作成されたガイド冊子(PDFファイル)
南西諸島アクセスガイド 
https://d.kuku.lu/3f2d240cf6
奄美から南西諸島での自衛隊基地問題へアプローチするために。

沖縄アクセスガイド
https://d.kuku.lu/f353fde14f
辺野古ばかりでなく、高江や伊江島に行く際の参考に。


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏


石垣島「市民連絡会」チラシ9号

市民連絡会チラシ9号表

石垣島「市民連絡会」4月チラシ

石垣市民連絡会4月チラシ

石垣島「市民連絡会」チラシ7号

市民連絡会7号チラシ01
市民連絡会7号チラシ02

石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「市民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg