FC2ブログ

記事一覧

何が負担軽減だ!嘉手納駐機場拡張へ。危険性「普天間」だけではない!2月4日「嘉手納」へ米空軍オスプレイ飛来、翌日はU2緊急着陸。

Ryukyuheiwaより:




何が負担軽減だ!嘉手納駐機場拡張へ



sinpou2019 02156
2月15日の琉球新報紙面

times2019 02141
times2019 02142
2月14日の沖縄タイムス紙面


sinpou2019 02073
2月7日の琉球新報紙面

2月6日 沖縄タイムス
相次ぐ外来機、パラシュート降下訓練、オスプレイ、U2… 嘉手納基地「三連協」が対応協議

沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」は5日、米空軍の輸送機CV22オスプレイの飛来を受けて緊急の幹事会を開いた。相次ぐ外来機飛来などの課題が山積する中で、この日はU2偵察機が補助輪を付けたまま飛行したことが新たに発覚。「看過できないことが続いている」(宮城克也沖縄市基地政策課長)状況に危機感を募らせ、抗議に向けて外来機の実態調査を急ぐことを確認した。

この日の議題は米軍が例外を理由に強行するパラシュート降下訓練と、三連協が一貫して反対するCV22の嘉手納飛来だったが、U2偵察機の補助輪の問題が新たに加わった。沖縄市で緊急の対策会議が開かれたため、急きょ時間を遅らせて対応を協議した。
 
幹事会が終わった午後4時現在、各自治体への詳細な連絡はなく、宮城課長は「情報収集の段階だが、本来は離陸前に切り離す重さ10キロ、長さ1メートルの補助輪が付いたまま飛行するのは大変なこと」と指摘。CV22の飛来についても「なし崩し的な運用は三連協として絶対に認められない」と話した。
 
嘉手納基地の2本ある滑走路のうち1本が工事のため閉鎖されていることの影響も調べる。


times2019 02061
times2019 02062
times2019 02063
2月6日の沖縄タイムス紙面


もしかして「暫定配備」か?
米空軍司令官「嘉手納におけるCV22の訓練受け入れは重要である」


2月6日 沖縄タイムス
社説:CV22沖縄で訓練 説明なき一方的運用だ

米空軍横田基地(東京)に配備されている垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ4機が事前通告なしに4日午後、嘉手納基地に飛来した。
 
第18航空団は「定期的な現地訓練の実施を目的とし横田基地への配備後初めて嘉手納基地へ暫定配備される」と英文と日本文で発表した。
 
米側が自発的に「暫定配備」のニュースリリースを出すのは極めて異例だ。第18航空団司令官も「嘉手納におけるCV22の訓練受け入れは重要である」と言っている。
 
これに対し沖縄防衛局は第18航空団から「訓練のため一時的に飛来していると回答を得た」として、「暫定配備」の否定に躍起になっている。だが、第18航空団はその後も発表文を訂正していない。
 
数え上げれば切りがないが、防衛局は事実関係を認めない傾向が顕著だ。
 
辺野古新基地建設問題でMV22オスプレイの配備を明らかにしたのは、環境影響評価(環境アセスメント)の最終段階になってからである。
 
防衛局が第18航空団から言質を取ったというなら発表文を訂正させるべきである。
 
CV22オスプレイ4機は5日午前、嘉手納基地を飛び立った。オスプレイは現在どこで訓練しているのか。
 
「暫定配備」の期間や再び嘉手納に戻ってくるのかなど本紙の質問に対し、第18航空団は回答していない。
 
発表文にある「定期的な現地訓練」とは、年間を通じて沖縄で継続して行うという意味なのか。どこの基地を使い、どのような訓練をするのか。訓練だからといってこれらの情報を明らかにしないのは納得できない。

沖縄市、嘉手納町、北谷町でつくる「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」は緊急幹事会を開き、対応を協議した。「なし崩し的な運用は絶対に認められない」として、目視調査など現状を把握しながら抗議する方向で一致した。
 
北側滑走路が修復工事のため閉鎖され、1本の滑走路で運用している。しかし外来機の飛来はやまず過密状態だ。5日には在韓米軍烏(オ)山(サン)基地のU2偵察機が外すべき補助輪を付けたまま離陸し戻っている。基地外で落下していたらと思うとぞっとする。
 
先月はF15戦闘機2機が1本の滑走路の両方向から緊急着陸する事態が起き、地元の反対を押し切ってパラシュート降下訓練も行われた。
 
CV22が「暫定配備」されるとどうなるか。基地負担の軽減どころか、増大にしかならないのは明らかである。

CV22は空軍仕様の特殊作戦用で、地形追随装置や電子妨害機能、レーダー探知機能を備える。特殊部隊をひそかに敵地に送り込んだり、紛争地で人質救出したりするため、夜間飛行、低空飛行など過酷な条件下で運用される。
 
CV22はMV22よりも事故率が高い。もっと危険な環境下で飛行しているのである。MV22に、弾薬も搭載するCV22が沖縄の空を飛び交うようになれば県民はさらに墜落の危険性に脅かされる。
 
日本政府は米軍に物を言わず追従するだけでいいのか。


2月6日 琉球新報
社説:CV22嘉手納飛来 許せない危険と負担増

米軍横田基地に配備されている米空軍の垂直離着陸輸送機CV22オスプレイ4機が米軍嘉手納基地に飛来した。2機が北方への飛行をした後、4機ともタイでの訓練に向かったとみられる。嘉手納基地の周辺住民にとっては、飛来だけでも大きな負担増だ。断じて容認できない。
 
昨年10月、横田基地(東京都福生市など)に5機のCV22が正式配備された。正式配備の前から日本全国を飛び回っており、昨年6月に嘉手納基地に初めて飛来した。それ以来2度目だ。
 
その際、警告表示があったとして奄美空港に緊急着陸した。1機はエンジン交換もして1カ月も駐機し、民間機の運航にも影響があった。
 
固定翼と回転翼を併せ持つオスプレイは当初から機体構造上の不安定さが指摘されてきた。多発する事故がその危険性を証明している。横田基地配備によって、首都圏を中心に日本中が沖縄と同じ危険にさらされるようになった。
 
CV22の10万飛行時間当たりのクラスA事故率は4・05で、米海兵隊普天間飛行場に配備されているMV22の3・24を上回る。専門家はCV22の方が低空飛行が多い分、事故率が高いと指摘している。
 
横田基地のCV22は特殊作戦任務に当たる機体である。米政府が作成した配備に関する「環境レビュー」によると、沖縄で離着陸や空対地射撃、夜間飛行訓練などを実施するとしている。
 
事故率のより高いCV22が今後、嘉手納基地を拠点に沖縄で訓練をする可能性がある。「嘉手納飛行場に関する三市町連絡協議会(三連協)」が反発を強めるのは当然だ。
 
そもそも、離着陸時に回転翼機となるオスプレイは嘉手納基地で安全に運用できるのだろうか。
 
1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で普天間飛行場の代替案として「ヘリポートの嘉手納飛行場への集約」も挙げられていた。それが廃案になった理由の一つが、戦闘機など固定翼機と回転翼機が同居することの危険性だった。民主党政権時代に普天間基地の嘉手納統合案が浮上した際も、断念する理由になった。
 
戦闘機が頻繁に飛び交う嘉手納飛行場では、一時的な4、5機の飛来であっても回転翼機である以上、危険性は高まるはずだ。
 
しかも、嘉手納基地は現在、滑走路1本だけで運用されている。北側の滑走路が補修工事のため閉鎖されているためだ。1月にはその1本の滑走路で、F15戦闘機が向かい合う形で緊急着陸する事態があったばかりだ。U2偵察機が補助輪を付けたまま飛び立ち、間もなく引き返すという事故もあった。
 
嘉手納基地の危険性はこれまでになく高まっており、住民の苦痛は限界を超えている。「負担軽減はどこに行ったのか」という憤りに日本政府は応える義務がある。


sinpou2019 02051
sinpou2019 02052
sinpou2019 02053
2月5日の琉球新報紙面

times2019 02052
2月5日の沖縄タイムス紙面

2月4日 NHK沖縄 NEWS WEB
CV22が嘉手納基地に暫定配備



アメリカ空軍は東京の横田基地に配備されていた輸送機、CV22オスプレイを嘉手納基地に暫定配備し、沖縄で訓練を実施すると発表しました。

嘉手納基地では、5日から緊急時の対応訓練も行われ、地元周辺の自治体では騒音の増加が懸念されるとして反発が強まっています。

アメリカ空軍は4日、横田基地に配備されていた輸送機CV22オスプレイを嘉手納基地に暫定配備すると発表し、午後3時前には、4機が相次いで嘉手納基地に飛来したのが確認されました。

アメリカ空軍は迅速に対応できる態勢を築くために、嘉手納基地で訓練を行うとしていますが、いつまでCV22オスプレイを暫定配備するのかは明らかにしていません。

アメリカ空軍第18航空団のケース・カニングハム司令官は「日本を防衛するなどの責務を果たすために、嘉手納基地におけるCV22の訓練受け入れは重要だ」とするコメントを発表しています。

また、アメリカ空軍は5日から今月8日まで、嘉手納基地で緊急時の対応訓練を行うとしています。

嘉手納基地では、岩国基地所属の攻撃型戦闘機や、偵察機といった外来機の飛来が相次いでいて、基地周辺の自治体で作る協議会はCV22オスプレイが暫定配備されることで、訓練や騒音の増加が懸念されるとして反発を強めています。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


「たれうやや」さんが作成されたガイド冊子(PDFファイル)
南西諸島アクセスガイド 
https://d.kuku.lu/3f2d240cf6
奄美から南西諸島での自衛隊基地問題へアプローチするために。

沖縄アクセスガイド
https://d.kuku.lu/f353fde14f
辺野古ばかりでなく、高江や伊江島に行く際の参考に。


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏


石垣島「市民連絡会」チラシ9号

市民連絡会チラシ9号表

石垣島「市民連絡会」4月チラシ

石垣市民連絡会4月チラシ

石垣島「市民連絡会」チラシ7号

市民連絡会7号チラシ01
市民連絡会7号チラシ02

石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「市民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg