FC2ブログ

記事一覧

先島への「自衛隊配備反対」のみなさんの勝利を! 県議選宮古島市区「オール沖縄」は國仲昌二市議が候補に

宮古島より:




5月8日の宮古新報

miyakosinpopu2020 05091



おや!國仲さんと翁長さんは「浦添移設賛成」なんだ!
県議選予定候補の県紙2紙アンケート
先島への「自衛隊配備反対」のみなさんの勝利を! 
当選したら口だけではなく議員としてのあらゆる可能な行動をとって、共に自衛隊配備を阻止し、強行配備された宮古島の陸自ミサイル部隊を撤去しましょう!!



sinpou2020 05041
sinpou2020 05042
5月4日の琉球新報紙面

times2020 05041
times2020 05042
5月4日の沖縄タイムス紙面



ミイラ取りがミイラに、庇を貸して母屋を取られた感が、
知らぬうちに國仲さん「違うみこし」に乗ってしまったようだが、、、ご健闘をお祈りします!!




miyakosinpou2020 0502
5月2日の宮古新報紙面

miyakosinpou2020 04301
4月30日の宮古新報紙面

4月30日 宮古毎日
國仲氏が出馬を表明/オール沖縄勢力 一本化の実現報告
玉城知事からメッセージも/県議選宮古島市区


県議会議員選挙(5月29日告示、6月7日投開票)に向けて宮古のオール沖縄勢力は29日、市内の事務所で会見を開き、統一候補者として市議会議員の國仲昌二氏(59)を擁立することを発表した。一本化の実現を受け國仲氏は同日、出馬を表明。同席した現職の亀濱玲子氏(66)は、分裂回避のため出馬断念を報告するとともに、國仲氏当選に向けて全力で取り組み、一致団結した選挙戦で「平和の議席」を死守することを誓った。

会見の場では、一本化が実現したことを受けた玉城デニー知事からのメッセージも発表された。苦渋の決断を下した亀濱氏に対しては「その英断には敬意を表するとともに感服の一言に尽きる」とした。

國仲氏に対しては「亀濱さんの決意はバトンが託される國仲さんへの大きな後押しになる。今回のことが希望に向けた船出になることを願っている」と激励した。

知事から激励を受けた國仲氏は「一致団結がなければ勝利はないというのがわれわれの共通認識。亀濱さんの決断を勝利に結びつけながら、それを今後の市長選、市議選などにもつなげていく。そのためにも心を一つにして選挙戦に挑むことが大切」と訴えた。

亀濱氏も「玉城知事を支え、平和を求めるこの議席を守ることが何より大切であり、それが宮古の明るい未来を開くことになる。統一、団結こそ力。いつの日か今回の私の選択が良かったと思えるよう、心を一つにして國仲さんを県政に送り出したい」とエールを送った。

國仲氏と亀濱氏は今回の判断に至るまでに協定を結んでおり、今回選挙については無所属で立候補し、会派活動は基本的には無所属を通すとしている。

また、亀濱氏が県議として取り組んできた離島の施策については基本的に踏襲し、さらに前進させていくことにも合意している。

会見には、市議会野党連絡会の上里樹、友利光徳、仲里タカ子、島尻誠の4氏と、亀濱氏後援会の共同代表2人が参加した。

市議、共同代表からも亀濱氏のこれまでの活動を踏襲した取り組みの必要性や、一致団結した選挙戦の展開で國仲氏を勝利に導くことの大切さが訴えられた。

國仲氏は5月1日にも、正式な出馬表明を行うとともに、政策の発表を予定している。

miyakosinpou2020 04291
4月29日の宮古新報紙面

times2020 04305
4月30日の沖縄タイムス紙面

4月29日 宮古毎日
県議選 告示まで1カ月/定数2に3人立候補へ
新型コロナ、運動に影響/宮古島市区


県議会議員選挙(5月29日告示、6月7日投開票)の告示まで残り1カ月となった。定数2の宮古島市区には、保守系から現職と新人の2人が出馬を表明。前回に引き続き分裂となるも、選挙戦を粛々と展開している。一方、一本化作業が長引いたオール沖縄勢力も、ここに来てようやく一本化が実現。しかし、出遅れは否めず、早急な選挙態勢の構築が急務となっている。

今回の県議選で保守系は、現職の座喜味一幸氏(70)と、新人で自民党の公認を受けた前市建設部長の下地康教氏(60)が正式に立候補を表明し、すでに選挙戦を展開している。

一方のオール沖縄勢力は、現職の亀濱玲子氏(66)と市議会議員の國仲昌二氏(59)とで難航した調整も國仲氏での一本化が実現。今後、できるだけ早く態勢を整えていくとしている。

保守2人、オール沖縄勢力1人の構図が成立すると4年前と同様の展開となり、その時の選挙では保革がそれぞれ1議席を分け合った。

しかし、その時の保革の得票数は、保守が1万5663票に対して、オール沖縄(革新系)が8618票。

トップ当選となった亀濱氏(8618票)に対して、保守2人とも亀濱氏との票差は1000票以内となっており、保守地盤の宮古においては、今後の展開が注目となっている。

保革とも、分裂選挙となった3年前の市長選のしこりを、それぞれが少なからず引きずった状態での選挙戦となる見込みで、その影響を最小限に抑えることが勝利のカギを握りそうだ。

もう一つの不安要素である新型コロナウイルスについては、動きを先行する保守陣営でも、3密(密閉、密集、密接)防止が前提となる難しい選挙戦を強いられている。

残り少ない選挙期間においても、感染予防を図った上で、より効果的な運動をどうやって展開するかも各陣営の課題となりそうだ


4月28日 宮古毎日
市議の國仲氏で一本化へ/オール沖縄勢力 県議選宮古島市区

県議会議員選挙(5月29日告示、6月7日投開票)に向けた宮古のオール沖縄勢力の動きが出てきた。告示まで残り1カ月が迫る中、水面下では現職の亀濱玲子氏(66)、市議会議員の國仲昌二氏(59)で一本化に向けた調整が行われてきたが、27日までに國仲氏を候補者として一本化する流れが出てきた。両氏は近日中にも記者会見を開き正式に発表する見通し。

宮古のオール沖縄勢力の関係者によると、4月中旬に亀濱氏と國仲氏は玉城デニー知事と一本化に向けた協議を行った。

知事サイドは宮古島市区で、オール沖縄勢力の議席を守るためにも今回の選挙は一本化で挑む必要があるとして、「國仲氏で挑みたい」との方針が告げられたという。

現職の亀濱氏については、来年1月予定の宮古島市長選の候補者として調整していくとの考えが示されたと見られる

今後、両氏とも支援者など各方面への説明を行った上で、4月中にも会見を開き、県議選に向けた方針が示される予定だ。 
宮古毎日新聞社の取材に亀濱氏の支持者は「一本化に向けた双方のやり取りがかなり難しかった。残念という声が多い。本人もどうして良いか分からない状況だったと思う」と述べた。

國仲氏の支持者は「一本化に向けてようやくめどが立ったので安心している。これまでの溝を埋めて一丸となって今後の選挙に挑める体制を構築していきたい」と話した。



再掲 ここに至るまでの経緯がよくわかます。

宮古島千代田陸自新基地建設工事・保良「弾薬庫・射撃訓練場」建設工事への抗議行動レポート(52)より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-889.html

國仲昌二さんに6月県議選への出馬要請

憲法九条の碑の前で!!
30名の市民が集い(屋外でマスク着用、人と人の間隔を開けコロナ対策の上)、3つの要請書が手渡された!!
國仲さんは、あくまでも「一本化の努力を続ける」との回答。



miyakosinpou2020 04121
4月12日の宮古新報紙面

2020 0411simizu02

2020 0411simizu04

2020 0411simizu05

2020 0411simizu07


2月26日宮古島で、オール沖縄を支持する市民有志が要請「透明な候補者選定で県議選縄候補の一本化を!」より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-870.html


3年前の市長選挙敗北の轍を踏まないためにも、
「一本化実現に合意形成の努力を続け、候補者の選定を民主的に、市民へ情報公開できる透明性をもって行って欲しい」と要請。


miyakomainichi2020 02291
2月27日の宮古毎日紙面

miyakosinpou2020 02291
2月27日の宮古新報紙面



宮古島千代田陸自新基地建設工事・保良「弾薬庫・射撃訓練場」建設工事への抗議行動レポート(48)より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-839.html

亀浜県議「一本化はしたいと思っている」?と言いつつ「県議選分断を辞せず」と見切り発車か?

迷走する?宮古新報、11日の記事ではなんと!「國仲市議が亀浜一本化に意欲」から「オール沖縄候補の一本化に意欲を見せる國仲氏」へ大変身!!

miyakosinpou2020 02111a
2月11日の宮古新報紙面

2月11日 宮古毎日
「オール沖縄」分裂の公算/県議選・宮古島市区 現職以外の候補擁立の動き

6月の県議選で、革新勢力を中心とする宮古の「オール沖縄」が分裂する公算が大きくなってきた。宮古島市区の現職亀濱玲子氏が出馬の意向を固めたことを受け、これを不服とする勢力の間で別の候補者を擁立する動きが表面化。陣営内部では市議の國仲昌二氏を推す声や、前県議で立憲民主党県連副代表の奥平一夫氏の名前が取り沙汰されている。同区2議席を争う県議選は、保守、革新ともに分裂選挙の様相だ。

オール沖縄陣営は、昨年11月に候補者を選定する協議会を立ち上げて議論を重ねてきた。分裂して敗れた前回市長選のしこりを解消し、一枚岩となって県議選を乗り越え、勢いそのままに次期市長選に挑むというシナリオを描いていた。

だが、協議会では現職を推す声がある一方、白紙の状態から選考を求める意見が対立し、「最後まで歩み寄れなかった」(協議会世話人の國仲氏)という。

そのさなか、自治労市職員労働組合が現職亀濱氏の推薦を決定。亀濱氏も8日までに出馬する意向を固めて報道各社に表明した。

この候補者選考作業中の意向表明が一部支持者の不満を買い、別の候補者を立てる動きが表面化した。

内部では、協議会の世話人を務めた市議の國仲氏のほか、前回市長選を戦った奥平氏を擁立する動きがある。両氏は10日の本紙取材に対して、それぞれ自身を推す声があることは認めながらも、「(出馬は)考えていない」と否定した。

國仲氏は「今の宮古のオール沖縄は一枚岩とは言えない状況にある。だが、知事を支える議席を落とすわけにはいかない。そういう共通認識があれば、議論は良い方向に進むはずだ」と強調。自身の出馬には言及せず、あくまで一本化にこだわる考えを示した。

一方の奥平氏も「一本化の道は捨てられない」との考えだが、現状のままでは陣営内の溝は埋められないと指摘。自身の出馬は完全否定しながらも、國仲氏を推す声には「軽々な判断は禁物だが、有力な候補者ではある」と含みを残した。


ホントかね??
なんと!2月9日の宮古新報は一面トップで、「國仲市議が亀浜一本化に意欲」と!!
一方の「宮古毎日の記事と見比べてください。 


miyakosinpou2020 02091a
2月9日の宮古新報紙面

2月9日 宮古毎日
亀濱氏、出馬の意向/県議選「オール沖縄」分裂の様相

6月7日投開票の県議選で、現職で宮古島市区選出の亀濱玲子氏(66)は8日までに、出馬する意向を固めた。取材に「やりたいことが道半ば。宮古島のためにもっと頑張りたい」と決意を語った。ただ、亀濱氏の意向を受けて、支持基盤となる宮古の「オール沖縄」陣営は候補者選考作業を事実上断念するなど分裂の様相を強めている。亀濱氏は「厳しいハードルだが、一本化はしたいと思っている」と強調し、正式出馬表明に向けて関係方面に働き掛けていく考えを示した。

亀濱氏は8日、報道陣の取材に応じた。2期目の出馬に向けて「命と暮らしを守りたい。そのためにも離島はもっともっと大事にされるべきだ」と述べ、環境や福祉、教育などすべての分野において離島格差解消に努める意欲を見せた。

候補者選考作業中の意向表明については「現職として議席をどう守るのか。これは私の責任であり、これ以上待つのは得策ではないと考え、(候補者を選ぶ)協議会にテーブルに載せてほしいと申し出た」と、この間の経緯を説明した。

候補者の選考作業が「ここまで長引くとは思っていなかった」とも述べ、自身を推す後援会や支持者の声に応えるという形で意思表明を決断したという。

分裂の様相を見せるオール沖縄陣営については「出馬表明には5人の市議に同席してもらいたいと思っている」と期待。「私一人で何かができるというものではない。私のバックボーンであるオール沖縄や各方面と相談する」と話し、一本化にこだわりを見せた。



宮古島千代田陸自新基地建設工事・保良「弾薬庫・射撃訓練場」建設工事への抗議行動レポート(46)より
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-822.html


まさか県議選目当てに反対運動やってるんではないでしょうね?


miyakomainichi2019 11305
11月30日の宮古毎日紙面

千代田にもほとんど顔も出さんと!保良は相性が良いのか「ミサイル・弾薬庫建設に反対」し「工事現場での行動に連帯」したと!! そもそも宮古島の反対運動に分断をもたらしたのは「誰」かな?

抜け駆けをするほど、切羽詰まっているのかな? それにしても「反対運動」を選挙に利用するとは許せません!

11月30日のSMさんのFB投稿より
市民運動に選挙を持ち込めば運動の広がりを阻害することになる。運動の選挙利用はやめて。

市長選の確執は取り敢えず保留にしても弾薬庫建設は止める、で合意できてたはず、
それをこのように利用するのは裏切りでしかない、もう一緒の行動は難しい。

IさんのFB投稿より
住民運動に選挙を持ち込んではいけないと私は思います。

市民団体、住民組織にはいろいろな考えや立場の人がいます。
ましてや、宮古島では、解決していない「前の市長選挙」の溝があります。その溝を解決する前に、住民組織が一方の当事者であるこの政治家の支持を表明してしまったら、多くの人々は、この運動に参加できません。

運動を衰退させ、小さくしてしまいます。これは運動の私物化です。

その溝を超える努力をしてきたつもりですが、この事を理解しないで、溝をいっそう深くした人の指揮の下では、もう一緒に行動することは難しくなりました。

残念ですが、これまでと別な形で、保良の弾薬庫建設に反対することになります。

住民運動は政治とは無縁ではありません。むしろ結びついていますが、運動しようとする住民の心情をこのように政治利用することは許されない。


宮古島・保良の行動について

千代田のゲート前で、もう2年以上、行動を続けてきた私は、11月からはほぼ毎日、保良に自宅から往復80キロを通いました。1日に2回往復することもありました。着いたら、誰もいなくてあれっ?と帰ったことも二度ほどありました。

約3年前の市長選挙が分裂選挙となったことが、当事者、関係者によってきちんと総括されず、その後の市民の運動にも分断を残していました。何とか、溝を超えたい、千代田と保良を連携したいという思いで、通いました。

今、保良で行動する人の多くは、千代田での行動には参加していませんでした。呼びかけても参加してもらえませんでした。

千代田のゲート前の、自主・自発、ある意味〈統制されない〉、各々マイペースな行動とは、保良の行動は違っていました。

これまで、何度も辺野古や高江にも参加し、一時、辺野古のカヌー隊にも参加していた私には、それが辺野古スタイルだとすぐわかりました。

そりゃあ、辺野古で行動の指揮をしてきた人が、保良で指揮するのだから、その通りです。

そのやり方が、宮古でもそのまま通用するかどうかはわかりませんが、元気が出ると言う人も、違和感を口にする人もいます。

クイチヤー通りという農道の命名も、ラジオ体操で始まり、クイチヤーで終わる行動の指揮も、辺野古のコピーであることも、聞きたくない歌を聞かされたり、歌うことや踊ることを〈良きこと〉として半ば強いられることも、これが〈楽しく運動すること〉なのだとインプットされることも…



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


「たれうやや」さんが作成されたガイド冊子(PDFファイル)
南西諸島アクセスガイド 
https://d.kuku.lu/3f2d240cf6
奄美から南西諸島での自衛隊基地問題へアプローチするために。

沖縄アクセスガイド
https://d.kuku.lu/f353fde14f
辺野古ばかりでなく、高江や伊江島に行く際の参考に。


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏


石垣島「市民連絡会」チラシ9号

市民連絡会チラシ9号表

石垣島「市民連絡会」4月チラシ

石垣市民連絡会4月チラシ

石垣島「市民連絡会」チラシ7号

市民連絡会7号チラシ01
市民連絡会7号チラシ02

石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「市民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg