FC2ブログ

記事一覧

宮古島・石垣島にも米軍がやって来る!米海兵隊が「沿岸連隊」創設、沖縄にも配備?

Ryukyuheiwaより:


関連記事:「第一列島線に地上発射ミサイル」再編が進む米軍・海兵隊。それと連動した自衛隊配備・強化が加速化する琉球弧の島々
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-890.html



6月12日 琉球新報(共同通信)
米海兵隊が沿岸連隊を創設へ 日本配備も、中国にらみ

SIN2020 06121102155CI0003
訓練する米海兵隊員=2月、沖縄県金武町の米軍ブルービーチ訓練場

米海兵隊が、海洋進出を活発化させる中国をにらみ、組織再編の一環として小規模で即応力のある「海兵沿岸連隊(MLR)」の創設を計画している。海兵隊当局者によると、最初は米ハワイに設置し、グアムと日本にも順次配備を検討するという。沖縄に司令部がある第3海兵遠征軍の傘下に置かれる見通しで、沖縄の基地負担への影響が注目される。
 
海兵隊が3月に公表した「戦力デザイン2030」によると、インド太平洋地域に任務の重点を置き、MLRを創設して海上や離島での戦闘に備える体制を整える。2030年までに隊員数を約1万2千人削減するのに伴い、輸送機の部隊も減らす。

sinpou2020 06134
6月13日の琉球新報紙面



「宮古島にも米軍がやって来る!」ことは、これまでも何度も警鐘を鳴らしてきた。現実的になりつつある。

今年3月に地元紙に掲載した意見広告

意見広告202003


琉球弧の島々で、米軍の基地、訓練強化が図られている。
2010年9月、米海軍第7艦隊掃海艦ディフェンダーが宮古島平良港の調査に来ており、私達は4日間にわたり抗議行動を展開した。

miyakomainichi2010 09201

2014年宮古島での防災訓練の際、市民の眼にとまらない場所でLCACの上陸訓練をしており2014、2019年の宮古島での防災訓練時には米軍は隠然と参加していた。

2014年:
防災訓練という名の軍事訓練 2014年「離島統合防災訓練」

2014年「離島統合防災訓練」1
2014年「離島統合防災訓練」2
2014年「離島統合防災訓練」3

2019年
自衛隊にとっては「離島統合防災訓練」の「9・1県防災訓練」が宮古島で。住民連絡会は会場で「戦争訓練いらん!」のパーフォーマンス。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-780.html
自衛隊の固定翼機が初めて、軍事利用はしないと約束されてる下地島空港を使用。宮古島で行われた「9・1県防災訓練」で。
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-782.html


再掲

米軍への隷属深める日米軍事同盟。日常化する日米共同訓練(作戦)、米軍は新部隊の一つを沖縄に配備。
米海兵隊再編、新設「沿岸連隊」はハワイ、グアムと日本=沖縄に。



sinpou2020 05181a
5月18日の琉球新報紙面




大変だ!!
宮古島・石垣島に「地対艦ミサイル」配備のみならず、米軍の「中距離ミサイル」配備も。
中距離ミサイルには「小型戦術核弾頭」装備も有りうる。

米軍は、地対艦ミサイルだけではなく中距離ミサイル配備先として南西諸島を注目、陸自の地対艦ミサイル部隊との連携強化を進めている。 一方、防衛省は200㎞の地対艦ミサイルの射程の延伸、新型ミサイル「高速滑空弾」の開発に取り組んでいる。



mainichi2020 04141a
4月14日の毎日新聞紙面



米インド太平洋軍司令官、沖縄からフィリッピンを結ぶ第一列島線に、
「地上発射型の対艦・対空ミサイルを含む精密攻撃ネットワークの構築する必要性」を米議会への報告書で訴える。



yae2020 04071
4月7日の八重山毎日紙面(ワシントン時事配信)


米軍への隷属深める日米軍事同盟下、米海兵隊を始めとする米軍再編と連動した、
自衛隊配備・強化が加速化する奄美大島、宮古島、石垣島。


times2020 03292
3月29日の沖縄タイムス紙面

3月25日の琉球新報で報道された、米海兵隊の再編をNHKが取り上げる。(ページ下部に掲載)
米海兵隊の再編の最新資料として THE DRIVE COM 「The War Zone」 をページ最下段に掲載しています

3月27日 NHK沖縄 NEWS WEB
米海兵隊 沖縄に沿岸連隊配備へ



アメリカ海兵隊は今後10年間の軍の再編計画をまとめ、中国のミサイル能力に対抗するために、沖縄に新たに編成した部隊を配備する計画を明らかにしました。

アメリカ海兵隊トップのバーガー総司令官は、26日、今後10年間の軍の再編計画をまとめた「2030年の部隊設計」を公表しました。

この中で、中国がミサイル部隊を増強してアメリカ軍の接近を拒む能力を強化していることに強い警戒感を示し、「敵のミサイルとの交戦が想定される域内で、迅速に機動できる能力が必要不可欠だ」としています。

そのうえで、ミサイル能力と機動性を兼ね備えた「沿岸連隊」を新たに編成し、沖縄に駐留する第3海兵遠征軍に配備する計画を明らかにしました。

一方、アメリカ海兵隊全体として、再編によって確保した予算でミサイルやロケットの部隊を現在の7から21に増強し、無人機を運用する部隊も3から6に倍増させることを明らかにしました。

アメリカ軍は陸軍でも、再来年までに最新鋭のミサイルを運用する新たな任務部隊をアジア太平洋地域の2か所に配備する計画を進めていて、中国に対抗するための部隊の再編が進んでいます。


sinpou2020 03251a
3月25日の琉球新報紙面



米軍は、2022年までにサイバーや極超音速ミサイルなどの新たな作戦部隊を「台湾以東の島々(=沖縄の島々)へ配備。



sinpou2020 01124a
1月24日の琉球新報紙面

tokyo2020 01123a
1月23日の東京新聞紙面

times2020 01121a
1月21日の沖縄タイムス



スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ryukyuheiwa

Author:ryukyuheiwa


「宮古島千代田目」
「宮古島保良目」
「石垣島平得大俣目」

「平和な島に自衛隊・米軍はいらない!」
軍隊が守るのは「国民」や「住民」ではなく、軍上層部が帰属する支配者だけ。
奄美・与那国・宮古・石垣への自衛隊の配備に反対します。

17分程度のアニメを中心にしたビデオです、ぜひご覧ください!
本当にこれでいいのですか?宮古島
https://youtu.be/J6TdQK4jjmo


miyakosoma chirasi2020 0923

宮古意見広告2020 03サイズ縮小

2015年2月27日「下地島空港を軍事利用しないよう求める」県庁前集会


全国の闘う仲間にお笑いを! 「伝説の闘うエンターテイナー」
ぶつはらゆきお<宮古島映像PR>


伝説の闘うエンターテイナー」ぶつはらゆきお
http://ryukyuheiwa.blog.fc2.com/blog-entry-194.html


「たれうやや」さんが作成されたガイド冊子(PDFファイル)
南西諸島アクセスガイド 
https://d.kuku.lu/3f2d240cf6
奄美から南西諸島での自衛隊基地問題へアプローチするために。

沖縄アクセスガイド
https://d.kuku.lu/f353fde14f
辺野古ばかりでなく、高江や伊江島に行く際の参考に。


ミサイル基地いらない宮古島住民連絡会のチラシ

住民連絡会チラシ表縮小
住民連絡会チラシ裏縮小

宮古チラシ

宮古軍事化チラシ裏
宮古軍事化チラシ

3.19宮古島はどうなる?講演会実行委員会のチラシ

miyakolef01.jpg
miyakoleaf02.jpg

宮古島平和運動連絡協議会のチラシ

0812チラシ表

0812チラシ裏


石垣島「市民連絡会」チラシ9号

市民連絡会チラシ9号表

石垣島「市民連絡会」4月チラシ

石垣市民連絡会4月チラシ

石垣島「市民連絡会」チラシ7号

市民連絡会7号チラシ01
市民連絡会7号チラシ02

石垣島「住民の会」のチラシ4号

石垣住民の会チラシ4号01
石垣住民の会チラシ4号02

石垣島「市民連絡会」のチラシ2号

zyuuminchirasi2a.jpg
zyumminchirasi2b.jpg